<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

近況です

おひさしぶりでございます。

一昨日あたりからでしょうか、窓をあけていると秋らしい風が吹き抜けていくようになりました。

今ちょっとほげーとできています。

ほげーとしながら、久しぶりのブログをどんなふうにまとめようかと考えていると、虫の声が聴こえてきました。

いつから鳴いていたのでしょう。きっと昨夜だって鳴いていたはず。気づかなかったのか、気づこうとしなかったのか。



この3週間ほどの間に、あれも書かなくちゃこれも書かなくちゃという事柄が、いくつかありました。

介護関係で知りえた事柄なんぞ、これは今後のためにみなさんにも教えてあげなくちゃ、なんて思い
つつ、メモでもとっておけばいいものをとらず、また検索したサイトにブックマークをつけてみたものの、その時は新しい発見と思っていたのが今となってはもうどうでもよくて、いったい何が何やったのかと。
振り返るのもめんどうで、また何かのきっかけで自然に蘇ってきたときに、書こうと思います。




さて、今年の夏はとても濃い夏でした。頭にドドーンと入ってきた様々の事象がありましたが、よどみながらも脳みそに沈殿することはなく、ただ頭の上部をかすめ過ぎていっただけだったのかもしれません。いまそんな気がしています。





現在、時間の余裕がかなりできております。




頭・・・。

先週ぐらいまでは、それまで回転していた脳みそがクールダウンするのに時間がかかっちゃって、なかなか落ち着くことができませんでした。

脱水中の洗濯機。蓋を開けてもすぐにはストップしませんよね。私の頭もあんな感じでした。
時間に余裕があるが故に、考えなくてもよいことをあれやこれやと考えてみたり、余計な気を回してみたり。

無理にストップさせるときっとどこかが壊れると思ったので自然にまかせていると、昨日ぐらいにようやくストップしたかなと、今そんな感じです。
何もかも自分一人でやることはないんだ、おまかせすればいいんだと。



体・・・。

立ちっぱなし、動きっぱなし、なんてことがこれまで結構ありました。

いつも動いていた時間帯は、やっぱりじっとしていられなくって、施設に行っては父の食事介助をしたり、久しぶりに雑巾を持ってあちこち拭いてみたり、晩御飯のおかずを作りすぎるぐらい作っちゃったり。また銀行へ通帳記入に行ってみたりと。
何でも几帳面にやることはないんだ、適当でいいんだ。




休憩・・・。

休憩はいっぱいとってました。パソコン前に座って頻繁にゲームをしておりました。

言い訳がましくなりますが、ゲームのための15分。その15分は自分にとって大事な時間だったと思うのです。

15分間座っているということ。
これは体を休めることに繋がっていました。また頭を現実から乖離することに繋がっていました。


例えば、

あああ、あと30分でラクダが子を産む。あ、早く帰らなくちゃラクダが病気になっちゃう~~~!


こんな感じで父宅から自宅まで早足で帰り、そしてパソ前に15分座る。それから自分家の晩御飯を準備して、畑の白菜が熟成するまで残り2時間半!この2時間半でどこまでやれるかー!行って帰ってこれるかぁ~?早く帰ってお水あげなくちゃ~~!


多少の誇張はありますが、だいたいこんな感じでした。
mixiアプリの‘サンシャイン牧場’という育成ゲームにはまっていたのです。


15分と書きましたが、一日の休憩時間が15分なんじゃないですよ。一日に何べんも‘この15分が’あるんです。

休憩のためのゲームだなんて、、、屁理屈です。



他には、友人と電話で長話ししてみたり、夜遅くにチャットしてみたり、こういうのも私にとって休憩の部類に入っていました。




遊び・・・。

誕生日の近いお友達同士でお食事会に誘ってもらったり、ケーキを買い込んでいっしょに食べたり、料理のレシピを教えてもらったり。そんな時も、まだ頭の半分は父のことが占めていましたが、それでもけっこう楽しんでいました。

今ほげーとできているのも、そうした時間を挟んでいたから。ほんとおかげさま、なんだと思うのです。



たまに写真を撮ったりしてたのですが、なかなか文章を書くという気分になれず、更新も遅くなってしまいました。撮った写真はせっかく撮ったので載せます。

誕生日に娘が買ってくれたケーキ。おもえば娘の誕生日のとき何もしてやらなかった母でした。
b0032167_2445738.jpg


女3人で祝ったお誕生会。
mamichaさんのブログ→http://mamicha.exblog.jp/11658618/

お友達ん家でいっしょに食べたケーキ。
mamichaさんのブログ→http://mamicha.exblog.jp/11698317/


頂いたカレー粉でつくってみた自作カレー。教えてもらったレシピではリンゴが必須だったのをかわりにマンゴジャムを使用したという代物。
b0032167_2552711.jpg



なんとなく気が向いてはじめて浸けたピクルス。
b0032167_2563268.jpg
b0032167_257354.jpg


以上。



いま涼しい風が窓から吹いてきました。もう夏に逆戻りなんてしませんように。
[PR]

by hiruu | 2010-08-27 03:18 | 日記 | Comments(6)

卵の混沌

陰陽の先に
 ↑ 猿夫さんの記事にトラックバックをつけました。

---------------------------------------------------------------------

イザナギとイザナミは混沌を掻き混ぜて天地をつくったという。
はて、混沌とはどんなもんかな?
と卵をお箸で掻き混ぜながら考えてみた。

ボオルの中はぬるぬる白身がどんより黄身をこっちにくんなと言わんばかりに弾きながら、それでも混ざり合っていこうとしている。
明らかに質感の異なったもの同士が無理やりに混ぜられて、決して溶解はしないながらも均衡化しようとしているのだ。

ここで、せっかく白身と黄身に分かれていたものを私はまた混沌に戻そうとしているのだ、なんて考えてみる。

いやまてよ、このまま混ぜ続ければ、また別の何某かが生成されるのかもしれない、
と妄想は飛躍する。


生クリームを泡立て続けたら、脂肪とたんぱく質に分離するよな。
そして脂肪に塩を入れたら美味しいバターのできあがり。

んじゃ、生タマゴを泡立て続けたら、また分離しないのかな。とアホな頭で考えてみる。


しかし、卵はなんぼ掻き混ぜても分離はしないのだ。これは、大気中の窒素や酸素や二酸化炭素やアルゴンの異物が取り込まれてしまうからで、このような ‘気’ を仲立ちにしてくっ付き合っちゃうのだ。もう離れないのだ。焼くしかないのだ。とアホなりにWikiで検索しながら考えてみる。



でも、生クリームはなんで分離するんだろう?
脂肪が多いと気を取り込まないのだろうか?

そういえば、卵ボオルに微量の油分が入っていると、卵は絶対に泡立たない。卵の場合は油が仲立ちを妨げるのだ。
反対に生クリームに水一滴でも混入すると、クリームは泡立たない。この場合は水分が仲立ちを妨げるのだ。
油と水。相反するもの。場合によってはどちらも必要なのかもしれない。



頭が悪いのでこれ以上考えるのはやめるけれど、
泡立て卵でつくった卵焼きはブワブワして食えたものじゃない。
卵は分離している状態が ‘目で確認できる程’ の掻き混ぜ加減で焼くのが一番好ましいのだ。

卵だってどうせ焼かれるなら好ましい状態で焼かれたいかもしれないし。

-----------------------

父が体調を崩し、先月末から施設にお世話になっている。どこが悪いというわけではない。きっと老化による筋肉の衰えに夏の暑さが拍車をかけたのだと思う。ここ最近、父は自分一人で何もできなくなっていた。

施設では、せめて一人で立っていられるようになるまで、せめてスプーンが持てて自力で食事ができるようになるまでと、短くても1ヶ月は預かってくれるそうだ。

いや、父の体調云々というよりも、そんな父を私ひとりが介護していて、その私の形相を見た施設職員さんがこれではいかん、と考えて配慮してくれたのが本当のところかもしれない。


以前、友人のWさんが
『気が付いたら首を絞めていた、なんてことがないように、あんまり一人で頑張ったらいかんよ』

と言ってくれたのを思い出して、今回の施設での面談のときに冗談ぽく陽気に話したところ、職員さん達の眼差しが真剣だったのを思い出した。

その時は、おいおいちょっと待ってくれよと言いたかったが、やはりそういうことは起こるものらしい。

そのときの私の中に‘目で確認できる程’の何かがほの見えていたのかもしれない。

--------------------------------------------

おかげ様で、父不在のここしばらくの間、すっかり疲れもとれてホゲーとできている。
これは私自身が均衡化したのか分離したのか、それとも程よい混ざり加減になっているのか、自分でもよくわからないんだけど。


思えば父と母の混沌から私は生まれたのだなあ。


混沌なんだなぁ、とまた考えてみる。


父よ親不孝な娘を許してくれ。
来週は好物の桜餅持って行くからね。
[PR]

by hiruu | 2010-08-08 21:51 | 日記 | Comments(14)