明け方の妄想

昨夜は眠れなくて布団の上でうううーーーーんと伸びてみたり、右の肩甲骨あたりのコリをなんとかほぐそうと思い切り腕を後ろに回してコリコリしたり、そして結局いつもの体勢(うつ伏せ)になってじっとしていたら、寝たのかどうかよくわからないまま起きた。

そんなとき、夢だったのか妄想だったのかわからないんだけど、今ふとおもいだしたので書いてみる。

------------------------------------------------------------------

わたしは何の罪を犯したのだろうか、囚われの身であって、刑罰を受けるべく広い野原の囲いの中にいた。

囲いの中には数匹の猛獣が放たれているようだ。黒い影がゆっくりと動いている。

どうやらこいつらに食われるか、それとも手足を車に結ばれて八つ裂きの刑に処せられるかどっちかのようだ。
(ここで横山光輝さんのマンガ『史記』を想定していることが夢でありながら自覚できている)


あたりを見回すと、結わえられるべき車の影はない。
(マンガの絵を覚えていなかっただけかも)

そして2百メートルぐらいあるのかな、遠くの方に囲いが白っぽく見えている。どうやらコンクリート壁らしい。そしてその向こうに見物人がまばらに座っているようだ。


  あ、これは10人もいないんじゃないか?けっこう少ないやん、と思った。


刑執行人は準備中なのかまだわたしの側には居ない、とそう確信したとき、


  猛獣の中に仲良しのライオンを見つけた。



近づいてきた黒い影に顔を寄せ、さあて、どうやって逃げ出すかな?とモコモコした耳に囁いてみる。背中に乗ったらばれちゃうもんね、とライオンの腹部にしがみついてみる。ううん、こんな丸いお腹だとつかまるところがないよぉ、落っこちないかなぁ、という心配をよそに、そのままライオンは走り出した。



わたしの目の前にはまたコンクリート壁があった。この壁はさっきの囲いの壁じゃないぞ。壁の上に有刺鉄線が張り巡らされているぞ。あ、高圧電流なので触ったら危ないぞ、と思案していたら、
唯一鉄線のないところがあった。しかしそこには自動銃が備え付けられているのだ。そしてどうやらレーダー制御されているらしい。
(このへんは『ゴルゴ13』が想定されている)

わたしは銃が備えられた土台のコンクリートの縁に足を掛け、そして銃を見下ろす形で立ち上がった。
自動銃を跨いでやろう、この向こう側になんとかして行くのだ。向こう側に降りればそこは管理外のはずだ。

木々の枝と濃い緑が黒い影になったところへ目標を定め、そこへ跳躍するのだ。で、それからどうするんだ?といつまでも立っている。ここで気がついた。




もう一場面ある。もしかして、さっきのが夢で、ここからが妄想だったのかもしれない。

お腹が空いて、寒くって、どうしたらいいかと考えていたら、仲良しのライオンが雌ライオンを連れてきてくれた。雌ライオンはよく張ったおっぱいをわたしの目の前に突きつけてくる。

おお、これを飲めというのか。
白いうぶ毛の薄ピンクの乳首が、あれ、黒い斑点模様が少しある。これは牛の乳とちゃうんか?とすこし疑問を感じながら、フランクフルトぐらいの大きさに長く張っているのをこんなんよう飲むかなぁぁ、、、と思って見つめている。


さて、飲んだのかどうかよく覚えていないのだが、寒いので雄ライオンの腹の下にもぐりこんで寝かせてもらおうと思った。
重みでつぶされないかなぁ、じっとしていてくれるかなぁ、どうやって潜り込もうかなぁ。

最初に手先から挿し入れるべきか、それとも足からか、とごそごそしていたら妄想から覚めちゃった。
[PR]

by hiruu | 2010-07-20 23:13 | 残夢 | Comments(10)

こ、これは!のドレッシング

暑さには強い私なのですが、ここのところあまり食欲がなかったのです。
体重を計ると3、4キロ減っている。そりゃあんまり食べてないもんなぁ。


父宅で揚げ物をし、自宅に帰って揚げ物をする。
父宅で魚を焼き、自宅に帰って魚を焼く。
だって、揚げたてが美味しいから。焼きたてが美味しいから。

この暑いのにやってられるかー。



父宅でカレーの匂いをかぎ、自宅でカレーの鍋を暖める。

もうエエて、、。



先日mamichaさんにじゃがいもをお届けしたとき、お礼にと頂いたのがこのドレッシング。
ちょびっとだけソーメンツユのガラス容器にいれてみました。
深みのある綺麗な色してるでしょ♪
b0032167_2140644.jpg


これは、私が唯一“これは!”と思ったドレッシングなのです。

最初ガラス瓶に入れてくださってたのですが、蓋を開けた瞬間その香りに反応し、無性になんやら食べたくなって、深夜だというのにそこらにあるものを手当たりしだいに食べる私がいました。

翌日の晩御飯に、俗に言う‘冷しゃぶ’というもの、豚薄切りをさっと湯がいたのをレタスに上にのっけて食べるのですが、それにこのドレッシングをかけてみたところうう~~~ん、


“もったいない!”



さらにその翌日、鯛の刺身を買ってきてこのドレッシングをかけたところ、ううむ、


“鯛が負けとる”



そして昨夜、生ハムにオニオンスライス(もちろん淡路産)を合わせ、このドレッシングをかけたところ、


“美味しかったです。”

でも、もっとぴったりくる何かがあるはず。と欲が出てしまうのです。


で、本日、トマトの薄切りに生ハムを巻いて父に食べさせたところ、いつもなら食事に1時間はかかるはずの父があっというまに平らげて、さらに皿を両手で持って残った汁をすすっておりました。そんでもって、


“もっとないの”


父は本日、おかゆさんもちゃんと一膳食べたし(いつもは3分の1ぐらい)、食べ終わるのも早かったしで、私も自宅に早めに帰ることができ、こうしてブログを書くことができております。


といって、もう22時前なので今からまた父宅です。
帰ってきてから追記します。写真とかあるので。

いってきます、、、。

----------------------------------------追記分↓

このドレッシング、どういうお味かというととても言葉にはできないのです。
きっと材質と材質の微妙な配分があのなんともいえないマロミ、香り、を醸し出すのでしょう。

材料ですが、これは入手がとても困難とのこと。聞けばニンニクはもちろん酢にもかなりのこだわりがあって、さらに塩にまでこだわって作られていました。
ということで、はなから私には無理なのでイズレマタイタダキに・・・・・



数日前の晩御飯。
てきとうに切ったレタス&トマトに豚薄切りのっけたもの、そしてmamichaさんのドレッシング。青梗菜のスープ。なんか物足りないのでもう一品何にしよかと市販のマーボ豆腐の素を利用しました。それも豆腐がないので大根と人参で代用。それと載せてないけど前日の残りの肉じゃがとかこまごまと。最近ええかげんなのです。
b0032167_1275441.jpg


せっかくのドレッシング、こんな料理にはもったいないと思い、ちょっとだけ使ってあとは市販の冷しゃぶタレを使いました。

それと、これもmamichaさんに教えてもらった昆布。
これ美味しいのです。肉厚なのにとても柔らかい。
だいたい昆布って甘辛く佃煮風にしちゃうけど、これはそんなに濃くありません。
それに、小さいパックのわりにはたくさん入ってました。
b0032167_1352789.jpg


さっそく父にも食べさせました。とても食べやすかったみたいでした。
b0032167_136462.jpg



で、その翌日。鯛と合わせてみました。
できればブロックで買って3ミリ程の厚さに切りたかったのですが、普通の刺身パックしか売ってませんでした。
b0032167_1485737.jpg


小皿にちびっと移しては箸の先に付けてちびちび舐めている私です。
生ハム、オニオンスライスでも試しましたが、他にも鴨肉、牛肉のタタキ、なにかもっとぴったりくるものがありそうです。極上のものは極上の合わせ方で食したいという欲望。

でもあとちっとしか残ってません。
[PR]

by hiruu | 2010-07-17 22:01 | | Comments(10)

いっぱい遊んだお話し

先日、ブログでお知り合いになったmamichaさんと初デートしてきました。
その日、私が家を出たのが昼の12時前。家に帰ったのが夜の11時過ぎ、だったかな。
そう、女二人で丸一日遊んだわけです。


さて、mamichaさんとお知り合いになった経緯ですが、口の卑しい私が食情報を検索していて、そしてどこからどうなったのかリンクを辿っていたら、たまたまmamichaさんのブログがヒットしたのでした。
そしてちょっと記事を読んだだけで “これは” と思い、早速お気に入り登録しました。


以前記事にも書きましたが、トラフグの他いろんな魚が水槽で泳いでいるのを見ながらお寿司を食べた「西井水産」とか、居留地のノスタルジックな雰囲気のあるカレーの店とかは、mamichaさんのブログから情報を頂いたものでした。


それからコメントを何度か書き込むようになり、mamichaさんにも私のブログに来て頂き、といってもまだそんなに長いお付き合いではありません。
でもこうしてバーチャル上のお付き合いが早期現実化したのは、たぶん、口が卑しいという共通点以外に、なにか引き合わせてくれる見えない力が働いていたのでしょう。



で、最初に言ったお店なんですが、酒造で有名な灘区にあります。
下手糞な写真でせっかくの和風情もぶち殺しです。

平介茶屋
b0032167_1512922.jpg


ここはこうべ甲南 武庫の郷内にあります。
建築物好きな私にとって、日本間の風情と洋風建築が合わさった、そして天井の高い重厚な造りはやはり港町神戸だなぁと思わせるものがあります。最近ここの資料館が国登録有形文化財建造物になりました。
写真の腕が悪いので、ここからはmamichaさんのところで見て頂こうと思います。mamichaさんよろしくお願いします。
該当記事はこちらです→【つれづれなるままに】


ここで御櫃に入ったご飯を2杯づつおかわりしたにもかかわらず、あっさり系で物足りなさを感じた私たちは阪急御影駅前にあるダンケへ。それでも足りず、六甲アイランドのプールバーへ(ここのピザとても美味しいです)。さらにカラオケへ。でも日付が変わる前に家に帰った、と思います。だって主婦だもんね。
[PR]

by hiruu | 2010-07-16 15:49 | 日記 | Comments(6)

じゃがいも

5月にこんな花が咲いて
b0032167_19292955.jpg


6月に掘り返され、そして鍋に入れられ圧力かけられて
b0032167_19305598.jpg


こんなでかいボオルでオバハンに
b0032167_20231544.jpg


炒めたタマネギ、ニンジン、ひき肉と
b0032167_19342276.jpg


いっしょくたにされ、最後にパセリを混ぜ込まれ
b0032167_1936099.jpg


コロッケにされちまいましたとさ。
(コロッケ31個分、画像なし)
[PR]

by hiruu | 2010-07-05 20:26 | | Comments(26)