東北の旅10~肘折の谷

 『ながく庄内平野を転々としながらも、わたしはその裏ともいうべき肘折(ひじおり)の渓谷にわけ入るまで、月山がなぜ月の山と呼ばれるかを知りませんでした。そのときは、折からの豪雪で、危く行き倒れになるところを助けられ、からくも目ざす渓谷に辿りついたのですが、彼方に白く輝くまどかな山があり、この世ならぬ月の出を目のあたりにしたようで、かえってこれがあの月山だとは気さえつかずにいたのです。』
-------------------------------------------森敦 『月山』 冒頭部分を引用しました。

私はこの森敦の小説『月山』の世界に憧れ、今回の旅を決行したわけです。なので、ここでちょっと小説のことに触れておきたいと思います。

この小説は、短編ながらも文字の隙間から唸りの様なものが聴こえてくる、そんなちょっと不思議な作品なんですよ。
字面を追っていて頭の中にイメージという画、が浮かぶことは誰にもあることですよね。でも音楽が聴こえてくるというのは私にとって初めてのことで、それゆえにはまり込んでしまったのです。


この度の旅行で、まず庄内側から月山を眺め、肘折を後にしたのは小説の主人公と同じ行動をとりたかったからです。そこに描かれていた『まどかな山』、庄内側からは想像もつかないほど異なった風貌であるという月山、を是非実感したいと思ったからでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「今から肘折まで行ってきます。」

「あんな山奥へ?あそこはかなりの豪雪地帯でねぇ。」



最上屋旅館で御飯を3杯おかわりした私は、これで準備万端と意気揚々たる気持ちでした。
それもそのはず、鳥海の湧き水で炊かれたきらきら輝く庄内米の御飯、分厚い鮭の切り身にこれまたたくさんのおかず、特に切干大根とコンニャクに魚の子(←後ほどお聞きしたところ寒鱈の子だったそうです)をあしらえたものがとても美味しかったのですが、これらおじさん手作りの豪勢な朝食のおかげで、私はすっかり力が入っていたのです。


しかし、いくら豪雪地帯といってもきちんと除雪された道路をバスは進むわけで、それにこの暖かさも相まって『危うく行き倒れになる』ことに憧れを抱きながらも、そんなことは絶対に無いのでした。


肘折はかなり深い渓谷で、温泉街は迫った崖に阻まれ眺望も何もありませんでした。それでもここの湯に浸かると肘の骨折が完治したという、そんな謂れのあるところで、観光客はもちろん湯治客も多いところです。

それゆえに、この温泉街の旅館は一般客用と湯治客用とに分けて営業されているそうで、湯治客は宿の一室を借りて自炊が可能だそうです。この場合、当然宿代は安価に設定されているのでしょう。おそらく数週間からひと冬をここで過ごす人も多くいらっしゃるのだろうと思います。

たまに、目つきの悪い、というか、ちょっと普通じゃない、なんて言うと大変失礼なんですが、そんな男の人を何度か見かけまして、あれが湯治の人だったのかなぁと思うのです。

さて、湯の心地よさは格別でした。私も上ノ湯という温泉に浸かりましたが、重いリュックでできた肩の腫れはすっかり治まったようでした。

季節柄人通りもなく寂れた風情ではありましたが、やはり山奥に来たという感動が私の中に残っていて、今となってはそんな肘折が懐かしく思い出されています。


さて月山ですが。

バスの車窓、左手すぐ前方になんやら雪山があったんですよね。
ん?なに?これ違うよな?


 『かえってこれがあの月山だとは気さえつかずにいたのです。』
と、小説にあるように、私も気さえつかずにおりました。


月山は臥せた牛の姿に似ているといわれ、庄内側から見るとごつごつとした稜線の下方に湯殿山に続く尾根の線が際立っていたのです。それがこちら裏側から見ると全く違った姿です。
しばらくして、右手遥か前方に鳥海山の姿がはっきり見えた時、位置関係からいってもそれがやはり月山だと認識せざるをえなくなりました。

よく見ると稜線のすぐ向こう側に、牛というよりラクダの瘤のような、丸っこい山が見えている。
それは確かに『まどか』な線であり、庄内側からは見えなかったものでした。

もしこれを月明かりの中で見たとしたら、『この世ならぬ月の出』 を感じられたのかもしれません。そして、月山がなぜ‘月山’といわれるのか、その由縁をしっかりと了解することができたでしょう。


この裏側の月山をまっ昼間に見てしまったことは、少し残念だったかもしれません。それでも左前方に月山、右前方に鳥海山と、さらにその間に拡がる庄内平野を一望したことは一生の思い出になると思います。
ほんとうに、このパノラマは素晴らしい光景でした。


写真ですが、生憎ここで電池切れになっておりました。まあ、こういうのは写真なんぞに撮らないほうが、心の風景として強く残ることになるのでしょう。

誰にも見せてあげない、私ひとりの光景です。すみません。


ええーと、これで旅行記終わりにしたいと思います。長いのを読んでくださった方、ほんとうにありがとうございました。最後に、掲載できなかった写真を何枚かと、書ききれなかったエピソードをちょこっと書いて終わりにしたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~その他写真とエピソード。

快速最上川(酒田⇔新庄)の車窓風景です。
酒田から肘折に行くのには陸羽西線に乗るのですが、1日1便のみ快速最上川というのが運行しています。これは松尾芭蕉にちなみ‘奥の細道最上川ライン’という愛称で呼ばれています。
b0032167_5293518.jpg


結構トンネルが多くて、たいした写真は撮れなかったのですが、水墨画のような雰囲気はなんとなく伝わってくれるかなと思います。車窓からは、最上川を行き来する観光船が見えたり、船に乗る乗客が指定駅からいそいそと行く様が見えたりしました。
b0032167_5363087.jpg



この列車に乗る前、観光列車だからきっとたくさん人が乗ってくるのでは、と早めに駅に着いたのです。それが早く着きすぎてしまって、駅の待合所で時間をつぶすことになりました。

待合所のテレビではスケートの浅田真央ちゃんが映っていて、みなさん目を釘付けにして見てらっしゃったので私もいっしょになって見ておりました。真央ちゃんの応援で気持ちはひとつ。

駅にテレビがあるということもそうですが、電車の本数が少ないと、ずいぶん早めに駅に着いていて、こんなふうに過ごす余裕ができるんだなと思います。雪で電車の遅れなども頻繁にあるのでしょうが、こういったところは都会にない良さだと思いました。

さて、テレビに夢中になっていると「快速最上川は0番線からスタートです」の放送が。0番線?とホームをずずっと歩いていくと、
‘0番線はこの先です’の看板が。
さらに先へ進むと、ここに電車が入ってくるの?と思うような、端っこの目立たないところに2両編成の快速最上川が入ってきました。

観光列車らしく、電車の写真を撮っている女性がホームに一人(最近は電車オタクに女性が増えています)。車内には観光客かな?と思えるグループが2、3組。
あとは地元の高校生ばかりでした。



こちらは初日に撮ったものです。
注連寺へ行く道中、周囲の音という音が雪に吸い込まれた静かな道、のはずが背後からペタペタという音が聞こえてきました。振り返ると大網バス停のT字路に立っていたお兄ちゃんが、後ろから付いて来てたのでした。
b0032167_5514255.jpg


あるうひぃ~ もりのーなっか~ くまさ~んにぃ~ ♪

ドキッとしたものの、自分がお嬢さんじゃないことを思い出し、

「お仕事してなくていいんですかー?」

「はあ、ちょっとぐらいー。そこまでいっしょに行きますよ~。たまに大きい車が通って危ないしー。」

ということで、途中間違いそうな分かれ道とか教えてもらいつつ、お話ししながらいっしょに歩いてもらったのでした。
大日坊へ寄った帰り、やはりバス停に立っておられまして、副住職に送ってもらったにもかかわらずバスの到着が遅れていたようなので、自動販売機のお茶をご馳走して少しおしゃべりし、写真を撮らせてといったらポーズをとってくれたのでした。

ありがとうお兄ちゃん。おかげさまで迷わずに行けました。旅行しょっぱなにはバス代の小銭がなくて○○バスの運転手さんに負けてもらったりと、何やらアクシデントが続きそうな予感がしておりました。しかし、結果良い旅行になったのは、この初日、お兄ちゃんに会ったおかげです。
旅行記最後を飾る写真として、掲載させて頂きます。
[PR]

by hiruu | 2010-04-24 21:45 | 日記 | Comments(12)

東北の旅9~最上屋旅館

空は灰色ですがどんより重くもありません。このままここにしばらくいると、どこからか薄日でも差してこないかと思うのですが、やはり昨日と違って月山も鳥海山も見えないのです。
まあ、ああいったものは常に見えているものでないから、かえって見えたときの感動も大きいのでしょうね。でも、ほんとにあれは現実だったのかと思うくらい、月山はもちろん鳥海の姿はすっかり消えていました。

酒田の港 日和山公園より望む
b0032167_4173669.jpg


このようにすっかり見えなくなってしまうと、かえってほっと落ち着いた気分になるものです。

思えば昨夕電車に乗ったとき、海との境はぼんやり靄のかかったようで、沈みかけた日は薄いオレンジ色が縦横に延びたようで、そしてあっという間に暗くなったのでした。
とっくにダルマのような夕日はあきらめて山ばかりを眺めていた私でしたが、鳥海と空がどんどん一体になっていくのを見ていると、いつまでもそれが見えているように錯覚して、暗くなってからは電車のガラス窓の汚れさえ山の稜線に見えたりしていました。

今日になって、私は自分がいかに鳥海に囚われていたかに気づいたのです。


さて、私の泊まった最上屋旅館ですが、こちら建築が大正期の木造3階建て。まるで文化財のようでしたよ。
建物はもちろん、置かれている家具、美術骨董品、それと襖などの建具類、欄間の装飾細工など、最近ではめったに見られないものばかりでした。
ほんと、新建材のちゃちい住宅なんかに住んでいると、その重厚さはとても素晴らしく貴重な物に思えました。

お部屋は掃除が行き届き、塵ひとつない部屋の空気ってこんななんだなー、と思ってしまったぐらいです。ほんと、お部屋に一歩入ったとたん清浄な感じがしたのです。

写真の腕が悪いのでえらい煤けて写っております。最上屋さんには申し訳ありません。
重厚な襖なのになぜか軽やかに開く。するとまずこの応接セットの置かれた縁側に入るのです。
b0032167_4225671.jpg


b0032167_2442326.jpg

そして部屋は畳が本間サイズなのかかなり広かったです。
最初、少しでも安価なところをと6畳間を予約していたのですが、「空いているときはこちらをどうぞ」とのご好意でここに移して頂いたのでした。

写真には写ってませんが、この椅子の後ろ側、めだたない所に棚がありまして、さりげなく画集が置かれていたんです。何かな?と思って手に取ると上村松園さんの画集でした。

床の間に上村松園の絵を模したものが掛けられていました。
b0032167_321654.jpg


私はこの炬燵に入って、ゆっくりと画集のページをめくったのです。
b0032167_255375.jpg

炬燵の後ろにある茶色い扉のようなものは入り口ではありません。たしか、洋服掛けになってたと思います。

伊達政宗の遺訓です。この年齢になって、やっとこういったものが心に伝わってくるように思います。
b0032167_316093.jpg


こちらは東照宮遺訓。徳川家康の言葉だそうですね?史実は曖昧。
旅館のおじさんの、お母様だったかお婆様だったかが書かれたものだそうです。上は行書、下は楷書で書かれています。
b0032167_3184063.jpg

「人の一生は重き荷を負うて遠き道を行くが如し 急ぐべからず 不自由を常と思へば不足なし
心に起らば困窮したる時を思ひ出すべし 堪忍は無事長久の基 怒は敵と思へ
勝つことばかり知りて負うることを知らざれば害 その身にいたる己を責めて人をせむるな
及ばざるは過ぎたるよりまされり」
と書かれています。楷書で書いてくださってたおかげで私でも読むことができました。


快適なお部屋で糊のパリッと効いた浴衣に着替え、階下へ降りていったところ、おじさんが
「館内をご案内しましょう」
と言ってくれて、あちこちに階段のある不思議な?忍者屋敷のような?館内を拝見、いや、探検しに行きました。
いろんなお部屋がありました。部屋ごとに飾ってあるものに特徴がありました。いっぱいあったので忘れましたが。

おじさんも、
「お部屋は何室あるのですか」と聞いたところ
「ええーーーと、いくつあったかな」と。

そして、3階に小部屋がいくつかありまして、これがまた素敵なお部屋だったんです。
最初はあまりに狭いため客室として使用していなかったそうなんですが、開放したとたんに人気が出たそうです。それもそのはず、まるで数日こもって執筆でもしたくなるような、そんなしっとり落ち着いた、ここが自分の世界~みたいな部屋なんです。私も、今度はここに泊まってみようかな~なんて思いました。さっきも書いたけどここの欄間の細工が素敵だった。

次に、
「これはプライベートな所なんですが、雛飾りをはじめて出したので見て下さい」

と、プライベートルームに案内してくださいました。
そこにはちょっとめずらしいお雛様が飾られていたのですよ。

これはHPから引用させて頂きますが、
「三人官女の他に三番叟と犬付女人が、五人囃子の他に八人囃子が含まれているのが特徴です。 また屏風の代わりに杉戸絵の襖(6枚)と格天井付きです。本家で維持管理出来なくなり譲り受けましたが、何時頃の物か定かではありません」
とのことです。どなたかご存知の方がいらっしゃったら情報提供お願いします。


さてお風呂。
重いリュックを背負って歩き回ったせいか、肩の真ん中辺りが赤く傷になっておりました。気のせいか肩の真ん中あたりの骨が隆起してきたようにも思えて、それがたんなる腫れなのか判らずちょっとびっくりしたのですが、大きくて深い浴槽のたっぷりのお湯に浸かっているとずいぶん楽になってきて、気持ち良く眠りにつくことができました。

ここで寝た。翌朝撮ったので乱れてます、、、。
b0032167_4114558.jpg

枕がちょっと高かったので、座布団を拝借しました。

(つづく~肘折の谷)
[PR]

by hiruu | 2010-04-16 04:22 | 日記 | Comments(6)

東北の旅8~酒田

「これ持って行ったらいい、貸してあげるから」

最上屋旅館の小父さんはそう言ってくれたのですが、幸い風もなくたいした雨でもなさそうでした。今日は一日こんなお天気だそうで、なので羽黒山まで行こうかなんてことも考えていましたが、そこまで足を延ばすのはやめることにして、酒田の街を歩いてみることにしました。

私はせっかく小父さんが出してくれた大ぶりの傘を断って、神戸からわざわざ持ってきた軽い折りたたみ傘を差し、最上屋さんの引き戸を開けました。ガラガラガラ

最上屋旅館
b0032167_3313510.jpg


手荷物はビニールの小袋ひとつ。中にはハンカチとボールペン、カメラ、そして出掛けに観光マップを印刷しておいたので、戻れなくなって困らないようにと旅館の場所に丸印を付けたものを入れておきました。

もともと観光名所のような所に行くのは好きでなく、それといってどこへ行こうという当てもないのです。
これは雨だから、というのではないのですが、一人旅の寂しさは目的がなくぶらぶらするときに感じてくるもので、歩いているうちにだんだん陰静(←造語)になってくる。そんな気分を私は結構好きだったりするのです。

昨日はあんなことがあったなぁとか、物思いにふけってほげーとしたり、ニヤニヤしたり。そして自分独りなのに気づいて陰気になるのですが、それでも決して鬱にはならない。

これは、旅の行程の中で必ず人との出会いやふれあいがあるからで、これがまた翌日のほげーに繋がっていく。こういうのの繰り返しが好きで、私は一人旅をするのです。

で、さきほどのほげーとニヤニヤの内容ですが、昨夜は酒田駅前発のバスがいつまで待っても来なくて、近くにいたお兄ちゃんに聞いたらお兄ちゃんも酒田に来るのは初めてでわからなくて、しばらくして場所を変えてから、また近くにいたお兄ちゃんに聞いたら、そのお兄ちゃんも酒田に来るのは初めてだという。それで、どうも同じお兄ちゃんだったらしいと気づいて情けなく思ったことや、バスに乗るのをやめてタクシーに乗って旅館まで行くことにしたのが、タクシーの運ちゃんがバリバリの庄内弁で、それまでどこへいってもみんな標準語でしゃべってくるので少しがっかりしていたのが急に嬉しくなって、数百円も払ったけどタクシー乗ってよかったなぁとニヤニヤしたり。

他には、旅館の晩御飯をよっぽど楽しみにしていたのにちょっとした手違いがあってご飯にありつけなかったことや、小父さんが教えてくれた店屋で定食を食べに行ったら、味噌汁に入っていたアオサが分厚くて美味かったこととか、小父さんがお詫びに「朝市へ連れて行ってあげる」と言ってくれているのに「朝は7時に起こしてくれ」なんて言っちゃって、それで小父さん気を使ってくれて小父さん手料理の朝ごはん食べさせてもらったことや、それがめちゃくちゃご馳走で美味しかったこと等等等。

妄想は尽きず。

~~~~~~~

「昼前には戻ります」と小父さんに言って出てきたので、旅館周辺で歩いて行けそうな所を周ってみようと思いました。観光名所は好きでないなんて言いながら、それでも観光マップを持っているので有名な山居倉庫ぐらいは行っておこうと、港方面へ足を向けることにしました。途中で鐙屋(あぶみや)といって廻船問屋の建物があって、先に入ってみることにしました。

鐙屋さんは、日本海海運に多大な貢献をされた問屋さんであります。井原西鶴の『日本永代蔵』にも鐙屋さんの名前が出ています。

庄内雛街道という祭りが近日中に開催されることもあって、鶴岡も酒田も主要観光地は‘雛人形’なのですが、ここ鐙屋さんでも雛人形が飾られていました。

入ってすぐ、学芸員の方でしょうか、知性あふれる綺麗な奥様に「お雛さんを折りませんか」と折り紙をすすめられ、最初、眼鏡をかけたりはずしたりしてお内裏様の折り方を教えてもらってたのですが、

「関西の方ですよね」と言われ「わかりますか」のやりとりから女同士のおしゃべりが続きまして、、、。

小説の影響でこちらに来たといえば、「月山は一度読んでみようと思いながらまだ読んでない」とか、「お互いゆっくり本を読む時間がなかなかね」といえば「最近の作家の本もちっとも知らなくて、何かおもしろいのありませんか」と。
私も最近の作家は知らないけども、三浦しをんさんのがおもしろく読めたとか、‘おしん’で覚えたら忘れないとか、そんなおしゃべりがどんどん発展して、そんでもって即身仏さん見てきたといったら「近くの海向寺さんにも即身仏ありますよ」とか、海向寺には精神科医の香山りかさんがよく来てるだの、香山さんは即身仏さんと長い間お話をされるそうだとか、よくいらっしゃってるとか、それにあの人はプロレスファンでもあるとか。
「精神科医がプロレス好きで即身仏とお話ですか、なんかよくわかりませんね」と大笑い。


1時間ぐらい滞在したでしょうか。。。おもわぬ時間を費やしてしまいました。

こちらでは観光名所はもちろんお寺もそうであったように、どこへ行っても丁寧な案内をしてもらえます。関西の京都や奈良の‘勝手に見てや’の印象と違い、まったく、人の温かみを感じてしまうのです。


「ここに酒田の町に鐙屋といへる大問屋住けるが・・・・・台所の有様、目を覚ましける」井原西鶴『日本永代蔵』

その台所はこんなんだった。
b0032167_326595.jpg
私にもごちそうしてください。


お雛さん。
b0032167_3284086.jpg



つづいて山居倉庫。
b0032167_3372763.jpg

b0032167_3374830.jpg


↓こういうのは私しか撮らんと思う。濡れ石で滑りそうなところを下りた。
b0032167_3381377.jpg


有名な山居倉庫の欅。
b0032167_3385066.jpg


この木が気に入った。
b0032167_3391262.jpg




(つづく~酒田 最上屋旅館)
[PR]

by hiruu | 2010-04-16 03:39 | 日記 | Comments(6)

東北の旅7~羽越本線小砂川駅まで

鶴岡駅で電車に乗るとき、ドアがいつまで待っても開かないので不思議に思っていると、自分でボタンを押してドアを開くのだそうで、隣にいた女子高生がそうして乗ったので私も同じようにボタンを押して乗りました。

そして、乗ったら乗ったでまたボタンを押してドアを閉めなければいけない。そんなこととはちっとも知らず、どっかと座っていたら、向かい側に座っていた女子高生がついと立ってドアを閉めてくれました。

「すみません」と言おうとしたら‘めんちきられた’のでやめました。高校生は関西も東北も同じです。


高校生ばかりが大勢乗っているわりに、みんな疲れているのか車内はけっこう静かで、どこかしら空気がよどんでいるようでした。私も早朝から歩き回っていたのでさすがに疲れを感じぼんやりしていると、電車が動き出しました。

海側を背にして座っていたのですが、右前方に月山、左前方に鳥海と、2つの山の対峙する姿が目に入りました。西日をうけて少しオレンジ色になった山が、それでも夕方の空を背景にして輪郭はおぼろで、空と山の区分は細い線でしか判らずどこまでも一体化していきそうでした。
これがあの小説に描かれていた『生と死の対峙』かと、そんなことを考えてほげーとしていると写真を撮るのを忘れました。


この日、夕方からの目的は羽越本線に乗って行けるところまで行くこと。日本海を見ること。そしてうまくいけば日本海に沈む夕日が見れるかも、と考えていました。
酒田の旅館には19時頃到着の予定でしたから、あんまりゆっくりはできないのです。といって仮にゆっくりできたとしても、下車駅によっては戻りの電車が翌朝までない場合もあり、行って折り返してちょうど良いのです。私は電車に乗って車窓風景を眺めるのが好きなので、それで満足なのです。


計画段階では象潟まで行けるかと考えたのですが、戻りが遅くなりそうなので×。
だったら酒田から一番近い吹浦はどうだ。吹浦で下りるのならせっかくなので十六羅漢に行きたい。でも十六羅漢から吹浦駅までは歩いて1時間以上かかるらしく、「無理無理」とバスの中でおしゃべりしたおじさんが言っていたのであきらめる。
女鹿はどうだ、ここの駅舎は無人で、、、戻りの電車がない!(女鹿駅は、朝7時台に2本、夕方2本しか電車が停まりません。もろ通学用)。

結局、小砂川という駅で下車することにしました。小砂川駅は駅舎から海が近く、日本海を一目みて走って戻れば酒田行きの電車に間に合うだろうと思ったからです。戻りの電車までたった15分しかないのですが。



吹浦を過ぎた当たりからだんだん暗くなり、小砂川到着時には日没完了。まっ暗な中を下って狭い国道を渡ると海が見れそうでした。

そこは低い崖の上で、真下に暗い海水が波を打っていて、両脇にゴツゴツした黒い岩場が迫っていました。そして私の立っているすぐ横に人の家の玄関がありました。
なんやら人の家の敷地みたいだな、と思いましたが暗かったのでよくわかりません。

本当に海見たか?と問われれば、辺りはもう真っ暗だったのでどうかわからないのですが、『我逝くもののごとく』森敦 著 に描かれていたあの風景だ!と一瞬にして思ったので、もしかしたらイメージトレーニングで認識していたのかもしれません。

電車が来る直前に撮った小砂川駅舎です。思ったとおり真っ黒けだったので明るさ調整して載せてます。
b0032167_3524651.jpg


つづく~酒田
[PR]

by hiruu | 2010-04-09 03:48 | 日記 | Comments(15)