<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

草ぬき

今日、庭の草抜きをしました(初の試み)。

アロエが株を増やして家の壁を登りそうな勢いだったので、見るたびに鬱陶しい庭やなぁと思っていたのです。

今日はたまたま大きなショベルが側にあったのでガッシガッシと足で踏んで、テコの作用ではびこった雑草の根と巨大化したアロエを掘り起こし、全てを茶色い土にかえてやりました。

土を掘ってると小さな玉ネギのようなのが5、6個でてきたので、いっしょくたにして向こう側の保安林の方へぽいっと投げやっておいたのですが、後で聞いたらそれはスイセンの球根だったそうです。

いずれ向こう側に黄色か白の花が咲くんだろうと思います。



最近は他にもお掃除やら部屋の模様替えやら何かと忙しい毎日を過ごしております。
春というこの季節は、何かしないではいられないくらい、そわそわと体が動いてしまいます。

だから、お菓子つくりもやめられません。

先日つくったデコポンマーマレードでクッキーを焼きました。
b0032167_035653.jpg


焼く前はこんなです。
b0032167_042014.jpg

[PR]

by hiruu | 2007-04-27 00:08 |

メイタカレイ

下のスレッドに書いた自治会会長のお爺ちゃん。もう夜も暗くなる頃にお魚をもってきてくれました。

「私が絞めたの。どうぞ唐揚げにでもして食べて」

とおっしゃるので2匹をお刺身に、3匹を煮付けにして頂きました。

昨夜お友達がピチピチ跳ねているのを持ってきてくれたらしく、まだまだ新鮮そのもの。とっても美味しかったです。


「今朝はお留守でしたね」

とおっしゃるので、(は!昼まで寝てた)

とは言えず、これからは早起きしなくちゃと肝に命じた私でした、、、。
b0032167_23265425.jpg

[PR]

by hiruu | 2007-04-21 23:26 |

最近の充実と爺フェチ。

欅の若葉が明るく感じられる今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

私、今年度は地域自治会のお仕事をさせて頂くことになりました。役は書記。
それともうひとつ、自治会に所属する小地域でのお仕事も。

うちは一見して一戸建て風なのですが、よく見ると微妙に外壁と外壁が繋がっております。
たしかテラスハウスとかタウンハウスとかいう名で分譲されていましたが、つまりは長屋なわけですな。
この小地域、というかたった34世帯ある長屋の、管理組合のお仕事も同時に引き受けさせて頂くことになりました。役は理事長。


兼任は大変なので、地域自治会の方は私が、管理組合の方はパパが、という分担にしているのですが、毎夜遅く帰ってくるパパに任せることはできず、結局は私が両方ともするはめになってしまいました。


3月末頃からもーいそがしくて、いそがしくて、何が忙しいかというと理由はいろいろあるのですが、その一つがパソコン使えるのが私しかいないこと。

議事録やら市へ提出する書類やら、その他今年度の業務に関するいろいろな手続きなど、書記の業務であっても理事長がする必要のない業務であっても、文書作成は全てさせて頂いております。
文字打ちは趣味なのでよろしいのですが、お硬い文章を考えるのがかなりしんどくって、短期間にこれだけやると人間までお硬くなってしまいそうです。まあどっちかっていうと軟派なところのある私なので、この機会に硬質な人間になってもいいなと有難く感じております。




さて、忙しい理由の二つ目ですが、地域が高齢化しているということ。
当然いっしょにお仕事をさせて頂く役員さんの、ほとんどが高齢者になるわけです。

も~お爺ちゃんやお婆ちゃんがいっぱいで大喜びしているのですが、夜間外出が難しい方、足腰が利かない方、耳が遠い方、といろいろいらっしゃいます。
それでも ‘少しでも地域のお手伝いをしたい’ という気持ちでどなたも参加してくださってます。
全ての人がこのようであると、良好な地域社会が、そして明るい未来がひらけるのでしょう。私も頑張らなきゃ、とつい思ってしまいます。このご縁を大切にしたいと思います。



電話やインタフォンがひっきりなしの今日この頃ですが、窓から覗くといつもお爺ちゃんの頭が門のところに見えるのでウキウキして走ってしまいます。


我家に一番頻繁に来られるのは地域自治会の会長さんなのですが、やはりお耳がお達者でありません。それに、私の声自体があまりとおる方でないので、会長さんにしても非常に聞き取りにくいと思うのです。
言葉にしても世代の差があるので、どうも上手くかみ合わないことが多いように思います。

お互いに ‘たぶんそう’ という感じでコミュニケーションをとっているような、そんな気がしないでもありません。


書記の業務をさせて頂く上で、会長さんのおっしゃることは正確に記録しないといけないのですが、これで良好な地域社会が築けるのでしょうか。

と、不安がいっぱいありますが、このお爺ちゃんと、いや、地域のみなさんと仲良くやっていきたいと思います。


写真は煮詰めすぎて硬くなったマーマレードです。
b0032167_15125526.jpg


逆さにしても落ちてきません(冗)。
b0032167_15135821.jpg

[PR]

by hiruu | 2007-04-16 14:54 | 日記

娘の日記

先日から子供部屋の大整理をしています。
まず片付けるのはクローゼットの中なんですが、下段には小学校のときの教科書やノートがいっぱい入っています。
いつものことながら、捨てられないのが絵や日記帳の類。
これまでに何度か捨てようと試みましたが、やはり捨てられません。
しかし今年こそは!と思い、捨てる前に家族で全てを読み返し、十分懐かしんでから処分することにしました。

うちは娘2人なんですが、文章の上手なお姉ちゃんのほうは、やはり1年生のときから上手だったようで、私に似た妹のほうは、何年生になっても文そのものがどこかおかしく、字も汚いのです。でも読んでいておもしろいのは妹の書いたものかもしれません。

ちょっとだけ紹介しますね。
--------------------

六月十七日(火)

ざりがにのピカちゃん

 ざりがにの名まえは、ピカちゃんって名まえは、大にしくんにきめてもらいました。
 学校にきたらいつもピカちゃんを見ています。
 あめんぼうのあめちゃんは、ピカちゃんにたべられてしまいました。

--------------------

七月二日(木)

ザリガニけんきゅう

 ザリガニの名まえはさいしょぴかちゃんだったけどフリーザーになってつぎにセニ ガメくんにしてつぎにミュウになってさいごにミュウニになりました。ミュウニになりました。
 ミュウニが一ばんすきなたべものはにぼしです。いつもたべてます。
 水かえのときにミュウニのかごがすごくすごくくさくて、もうほんとにくさいね だから水かえいきたくないけどいかなくちゃ水をすうときにきたない水がくちの中にはいるから水かえしなきゃいけなかったよ。ミュウニは、おすのざりがにてす。

 だいぶつよくなったけどまだあまりつよくないです。かたほうの手は大きくてもうかたほうの手は小さいんだよ。小さいほうの手はあんまりはさめないけど もうかたほうの手はつよいからはさまれたらすごくいたいんだよ。

 ずっとまえにザリガニをくれた人に手がみをかいたりしていました。
 でもえさはちくわ、いとみみず、おたまじゃくし、にぼし、するめ、カラタチのはと、サンショウのはと、パンとごはんです。なんでにぼしがすきになったのかはしらないけど どんどんしらべていきたいです。
 ミュウニくんは、大にしくんにきめてもらいました。
 ミュウニくんてほんとに、にぼしがすきになったのは、わからないけど、それも大にしくんにききました。
 なんでかたほうが大きくてもうかたほうが小さいかって わかりました てがちぎれたからはえてきたんだって はえてきてすごくよかったよ。てがなかったらなにもできないからすごくよかったよ。
-----------------------------------------

2年生の国語ノートからでした。
次ページには真っ赤なザリガニの絵がページいっぱいに大きく描かれていました。

さて、捨てられるかなぁ。。。


写真は今年の花見弁当と弓道場です。
b0032167_4102328.jpg

b0032167_4103855.jpg

写る景色は毎年同じようでも 少しづつ違っているんですね。
[PR]

by hiruu | 2007-04-08 04:15 | 本・詩・文

夙川へ

今頃はどこの桜も満開なんでしょうか。

急に暖かくなったので炬燵の電源をぷちっと切ったのがつい先日。さすがに数日経つとまた寒いのがぶり返してきました。


桜は満開も美しいのですが、ちらほら咲き出す頃もまたいいものです。
私は先週の、まだ一輪二輪咲き出した頃に のりちゃん といっしょに夙川へ行きました。
b0032167_3511626.jpg


おだやかな風の、川沿いの道を歩いていると、とりとめのない話がはずんできます。
仕事のこと、家族のこと。
文学のこと、信仰のこと。
お昼はどこの店で食べるか、ということ。

女二人の語らい道中でございます。

川沿いを上ったり下ったり。
2往復すると同じ木の前を4度通っていることになります。
2度目に通ったときには最初の時よりも、さらに3度目は2度目の時よりも花が増えているような、そんな気がしました。その時同じ桜の木を見ていたかというとよく判らないのですが。
b0032167_43843.jpg


水が流れ 花は咲きだす。
少し疲れたので腰を下ろし、川面を見ながらこのゆっくりした変化を楽しみました。
b0032167_462826.jpg


川と海の境目にはカモの夫婦がいたり、カモメや、他にも名前の判らない鳥が喧嘩もせず遊んでいました。
b0032167_464641.jpg



ここから砂浜を少し東に歩くと砲台があります。
この砲台は黒船来航に備えて造られたものだそうですが、結局使われないまま明治維新を迎えたそうです。
b0032167_483733.jpg



今日は私の周りではどの木も満開ですが、そんな満開の日に咲き出した頃の日記を書きました。あと数日経つと散りだすのでしょうね。
花冷えという言葉を少し感じた一日でした。
[PR]

by hiruu | 2007-04-04 04:28 | 日記