ネスカフェとブレンディ。

今日、ディスカウントショップジャパンへ行ったらネスカフェゴールドブレンドが安かった。
おお、これは買わなと思ったが、よく見たらやっぱりブレンディの方が安い。
結局いつも通りブレンディを買った。
主婦にとってたかが2百円といえどその差は大きいのだ。

喫茶店で1杯450円の珈琲を平気で飲む主婦だけど。
[PR]

by hiruu | 2005-11-30 20:41 | 日記 | Comments(13)

夜更かし。

いきなり夜更かし。
月末は○×委員会宛てに報告書を書かなあかん。
ちょっとしか書かんかったらもっと書けと送り返してくる。

めんどくさ
[PR]

by hiruu | 2005-11-30 02:39 | 日記 | Comments(2)

睡眠時間。

最近、眠い。
寝てばっかしいる。

深夜2時3時が当たりまえの夜更かし人間だったが、ここのところお布団の中が気持ちいいので早めに布団に入ってしまう。

昼寝をしても夜ちゃんと眠れる。

夕方まで寝てても夜ちゃんと眠れる。

すごいな。
[PR]

by hiruu | 2005-11-28 23:22 | 日記 | Comments(7)

みゅーじっくばとん。

Web友のTさんからまわってきました。
『バトン』って最近はやってるようですが、正直いってその趣旨がいまいちよくわかりません、、、だからいっぺん参加してみることにしました。

◆恋愛曲

スピッツ「猫になりたい」
   ♪シチリアの浜辺の絵葉書とよく似てた~
のところがとても好きです。

スピッツ「ガーベラ」
耳元で吹かれているような心地のよい曲。


◆カッコつける曲

手を出して失敗する... (カラオケで)

「オリビアを聴きながら」
   ♪お気に入りの歌~
途中で英語がでてくるので、あっしまった、といつも思ってしまう。


◆バカになれる曲

山本ジョージ「みちのく一人旅」
   ♪ここで一緒に死ねたらいいと~
体全身に力を入れて歌う。


◆趣味の曲

私もTさんと同じで映画音楽が好きです。
「ひまわり」「パピヨンのテーマ」「虹のかなたへ」「クライムエブリマウンテン」


◆カラオケで盛り上がる曲

「ゲゲゲの喜太郎」
   ♪げ、げ、げげげのげ~
私は歌いませんが、友人がいつも歌います。


◆聞かせる曲

きろろ「冬の歌」
   ♪こんな遠い街にも~ 白い粉雪が降って~ ウィンターソォォーンg


◆彼氏(彼女)に歌ってほしい曲

その昔、全然関心のなかった男の人が、布施明の「そっとおやすみ」をとっても上手に歌って、それから2日間程その人に惚れていた、ということがありました。


◆最後に・・・好きなアーティスト

ここ数年はずっとスピッツです。その前はチューリップの財津一夫が好きでした。今ちょっとだけすきまスイッチが気になってますが、その度にやっぱりスピッツの方が素晴らしいと思ってしまいます。
最後に、爺趣味なので藤山一郎とか ♪丘を越ーぇぇぇて~
[PR]

by hiruu | 2005-11-27 01:55 | 日記 | Comments(8)

現状。

私の仕事デスクは炬燵デスク。
b0032167_046633.jpg

今のところ布団があるのはリビングの炬燵のみ。早く仕事デスクにも布団をはさもう。
[PR]

by hiruu | 2005-11-24 00:46 | 日記 | Comments(11)

出れない。

最近さむいので、炬燵から出(ら)れません。
だから、パソもちょこっとしかでけません。
[PR]

by hiruu | 2005-11-22 23:27 | 日記 | Comments(10)

芋けーき。

柳生シリーズが終わったのでまた食い物に戻ります。
こちらは炊飯器で作ったサツマイモケーキです。
Web友達のyesterdayさんに分量を教えてもらって作りました。

yesterdayさんのブログ写真はとっても美味しそうだったのに、私が作るとこうなってしまう、、、。

【材料】
(3合炊き炊飯器)
バター  70g
砂糖   100g
卵    2個
薄力粉  100g
ベーキングパウダー 小さじ1

卵をシャカシャカとして粉と砂糖と重曹を入れ、あっ!バターは溶かすんだっけ?クリーム状に練るんだっけ?とわかんないので間をとって少しやわらかくして半練りで入れました。
さっと灰汁を抜いたサツマイモに粉をふって生地に混ぜ、あとは普通にご飯を炊く要領で炊飯器のスイッチを入れました。
炊き上がりのピーという音で蓋を開けてみるとまだできていなかった。もいっかいスイッチ入れて待ってみたけどやはり生のまま。よく見ると我が家の炊飯器にはクックタイマーというものがついていた。20分にセットしてもう一度。もうちょっとかな?とさらに5分。その結果が↓です。

b0032167_21585276.jpg

生姜をいれた熱い甘酒といっしょに。


ペーキングパウダーがなかったのでかわりに重曹を使いました。
重曹を使うと色が黒ずんでしまいます。
[PR]

by hiruu | 2005-11-17 22:02 | | Comments(9)

柳生の里4(跡地)

柳生石舟斎の息子宗矩さんが建てた陣屋の跡です。
礎石と井戸が残ってますが、何もないといえば何もないです。
私はこういう殺風景な場所が結構好きで、綺麗に刈られた芝の上に腰を下ろし、あまり人もこないのでしょうか、それとも石垣で囲まれた土台の上に嬉しそうに上がる人なんていないのでしょうか、そこに生えているシメジ茸のようなキノコを指でいじくりながら、ほげーとしました。
b0032167_0481011.jpg

写真右側、緑木のすぐ前にある円形の石垣が井戸です。井戸の直径はかなり大きく、頑丈な金網で蓋がされていました。
中を覗くと丈高い草がたくさん生えてて底は見えませんでしたが、ここで様々な想像が私を楽しませてくれました。

この辺が台所だったんかな、だったらあの辺が食事室かな。
ぬれ縁がここと、あそこと、あっちにもあったかな。
ここからどっちの方角を臨めたんだろう。
ご飯を食べながらあっちの山が見えたかな。
ここで筋肉質の男が水を汲み上げたんだろうか。
白ふんいっちょで行水なんてしてたかも。
b0032167_0582759.jpg

ここはぽっこりした丘の上に位置しています。
私は急な階段を上ってここへ来ましたが、狭い車道が丘の向こう側へ廻っていて、そちらからだと段差もなく自転車で上がって来ることもできます。



下の写真は芳徳禅寺から見下ろした陣屋跡です。始め芳徳寺の庭に立ったとき、下方に見えているのが陣屋跡だとは気づかずに撮りました。
そういえば、芳徳寺は石舟斎さんが祭られているのでした。
b0032167_13334.jpg

史跡公園として整備されるまで、跡地には小学校が建っていたそうです。
[PR]

by hiruu | 2005-11-16 01:44 | 日記 | Comments(4)

柳生の里3(天乃石立神社)

Web友 のりちゃんに教えてもらった天乃石立神社。茶畑沿いの細道を歩いていると、つい先ほどまで音を立てていた風が止んでいました。


たたなづく青垣 山隠る柳生の里
b0032167_22505297.jpg


明るい日向から突然闇の境界へ入るようでした。
b0032167_2322082.jpg


境界を越えたとたん、思わず 「おお」 と声をあげてしまいました。
明度とコントラストを思い切りあげてなんとか見れるようにしましたが、これでは石の巨大さは判別できないですね。
b0032167_23265495.jpg


ここが岩戸の入り口。説明はのりちゃんにお願いしようと思います。
b0032167_2327890.jpg


私が立ってみました(身長162cm)。
b0032167_23353596.jpg


これより少し奥に入ると一刀石があります。スパッと斬ったようなこの石は、柳生石舟斎が天狗を切ったつもりが実は石だった、という謂れがあるそうです。
b0032167_23423370.jpg


ここから上を見上げてみたのですが、別にこれといって高い山が接しているわけでなく、それに急な崖が迫っているわけでもないのです。
3メートル程上の低い丘上には数個の巨石が見られましたが、地面は柔かな土に覆われ、ここの地盤が巨石で成されているとはどうも考えにくい。
やはり “天から岩が落ちてきた” のでしょうか。

では手を合わせて来た道を戻ります。
b0032167_23505855.jpg

[PR]

by hiruu | 2005-11-14 00:00 | 日記 | Comments(9)

柳生の里2(芳徳禅寺)

久々に日帰り旅をしてきました。
同行者が15歳年長の不整脈持ちだったので、案じて車で行きました。

柳生の里はどこも柿の実がいっぱいです。道を歩いているとどこぞの民家が育てているのか勝手に生っているのかわからないくらいで、だったら勝手に頂戴しませうと2つばかり。
b0032167_016376.jpg


そして茶粥を食べて(砂糖があったら絶対入れていたと思います)、
b0032167_024066.jpg

食堂の駐車場に車をほおっておいて、芳徳寺(臨済宗)へ。
この禅寺は柳生十兵衛のお父さんである宗矩さんが、さらにそのお父さんの石舟斎を弔うために建てられました。
小さい山の頂きに建っているので敷地はたいして広くないのですが、こじんまりとしているわりにはどこか強さのようなものを感じました。禅寺とはそういうものかもしれません。
こちらは本堂から門の方向を撮っております。

b0032167_0384841.jpg


そして本堂。
b0032167_0394138.jpg
この中には宗矩さんと沢庵さんの木造が安置されています。お顔をみると、お二人とも「バガボンド」に描かれているのとそっくりでした。


本堂の横手に回ったとたん、私はこのお寺が大好きになりました。
b0032167_0453248.jpg


b0032167_0455964.jpg


門の方向からだと本堂の周囲は塀に囲まれているように見えたのですが、裏手に塀はありませんでした。庭からそのまま山道へ抜けています。

b0032167_0463748.jpg


庭を抜けて坂を少しくだると柳生家のお墓があります。
宗矩さんと十兵衛さんのお墓の背後にまわってしばらくの間ほげーとしました。
b0032167_164179.jpg


それから来た道を戻り、もちろん庭から本堂へ入りました。
b0032167_115396.jpg


これは藩札と新陰流の袋竹刀です。
b0032167_1185686.jpg
竹刀は4枚の写真を下手につなぎ合わせていますので実際はもっと長いか短いかするかもしれません。
b0032167_119866.jpg


そして、全てを捨ててずっとここに居たいなんていけないことを考えながら禅寺をあとにしました。
b0032167_1204443.jpg

[PR]

by hiruu | 2005-11-12 01:27 | 日記 | Comments(10)