発熱。

ここ10日ばかり体がだる~かった。
きっと夏ばてなんだろうと思ってた。それにお仕事が夏休みに入って昼まで寝てたりなんかするもんだから、きっと生活リズムが乱れてるんだと思ってた。

そしたら首の右側にビー球ぐらいのグリがたくさん出来て、これってやばいんじゃー?と思ったんだけど、触るとコロコロとよく動いて根っこのあるようなグリじゃないので、これはきっと肩が凝ってんだな~と思ってた。そーいえば粗大ゴミ捨てたり、日頃やらない大掛かりな掃除をしたりしたもんな。体の節々もなんとなく痛かったので、弓のお稽古に行って体を存分に伸ばしたらだいぶ楽になった。

お腹を虫にかまれて2箇所に小さいプツがあった。たいして痒くないなーと思ってたのに、コップ半分のビールを飲んだとたんに痒い痒い!見ると小さいプツプツがお腹いっぱいに拡がっていた。蕁麻疹だったみたい。

昨夜もやっぱりだる~かったけど、たまには気分転換だって必要だしな、と思って仕事関係の人との飲み会に繁華街へお出かけした。
そしたら大分気分もよくなり、体の痛みもずいぶん楽になった。

今日は、昼すぎまでうだうだして、ヒジキと大豆を炊いて、カボチャを炊いて、できたてを実家へ持っていき、それからコーナンと関西スーパーへお買い物に行った。
帰ってきて自分家のご飯を作り、ああ、やっぱりだるいな~と何気に熱をはかったら、38度弱あった。
といってそこまでしんどくないんだけどなー?今もこうしてPCやってるし。

発熱しててもしんどさを感じないってとこが、やぱいんかなーと思ったり。

とりあえず早く寝ます。
[PR]

by hiruu | 2005-07-31 21:15 | 日記 | Comments(13)

美容院。

髪を切りました。
あと15センチで腰、というぐらいのロン毛だったのを15センチ程切り落としました。だから肩より少し下ぐらい。

美容院は半年に1回ぐらいしか行かないので、今回は1年ぐらい行ってないんじゃ!と思ったら、“2月にいらしてますよ~”とお兄ちゃんに言われた。なんだ、まだそんなんか、と思ったけど数えてみたらやっぱり半年だった。

美容院に行くといつもする会話。
美容師さん 「いらっしゃいませ。ご指名はありますか?」
わたし    「カミソリじゃなくてハサミで切ってくださる方をお願いします」
美容師さん 「はい、わかりました。どのくらいお切りになりますか?」
わたし    「うしろでひとつにくくれるぐらい」
美容師さん 「レイヤーは入れてもよろしいですか」
わたし    「チクチクするから入れないでください」

ということで、いつも ただまっすぐ切るだけ だったのだ。
でも今日は、コダワリをもってる美容師さんだったので、
“少しだけ段を入れますよ~”
“あー、もうちょっと入れますよ~”
と、けっこうイメージチェンジをしてくれた。

頭がずいぶん軽くなってすっきりしたんだけど
明日爆発してないか心配。

それと、暑いので冬の壁紙に変えました。
b0032167_19567.jpg

[PR]

by hiruu | 2005-07-29 01:09 | 日記 | Comments(4)

粗大ゴミの日。

明日は粗大ゴミの日。
また朝起きれなかったらいけないので、今夜捨てに行く。
捨てるもの。
・敷布団2枚(ボロボロ。1枚は猫のおしっこがかかっている)。
・アコーディオンカーテン(食堂と台所の間仕切りについてた。閉めたことがない)。

最近がんばってます。
[PR]

by hiruu | 2005-07-26 18:21 | 日記 | Comments(3)

ジョーブラックによろしく。

Web友からもらったビデオを見た。映像はひさしぶり♪
昨日はかなり涼しい晩だったので、お菓子を食べながら見た。
座椅子をテレビの直前に移動させ(字幕が見えないので)、深夜にひとりで堪能した。
あらすじ書いちゃうとこれから見る人に申し訳ないので、かいつまんで感想を書きます。

まずほんの少ししか出てこない老婆の言葉から。
「現世にいちゃだめ、早く旅立たないと」
「楽園で過ごす休暇と同じ。肌は日焼けでただれず褐色になり、眠ってても蚊に刺されない」
「でも現世に長居すると肌はただれ蚊に刺される」
「現世でも孤独は同じよ」
(意訳:あの世では歳をとらないのでいつまでも若いままでいられる。現世でも体が若くて元気な時は病気にもかからない。でもいずれみんな年をとってしまうのよ。恋人がいたって人は所詮ひとりぼっち。)


この老婆の言葉がこの映画のテーマだったんじゃないかと思う。
‘生老病死’
なんだ、お釈迦さんといっしょやん、と一瞬思ったが、ここでは‘人間いかに生きるか’、ではなく‘いかに死ぬか’ってことが問題提起されてるんじゃないだろか。
(あ、これって問題発言かもしれない)

女に愛情をもった結果、執着心が芽生えてしまったジョー。
このジョーと対照的なのが恋人スーザンの父役バリッシュ。娘への愛情は保ちつづけるが、築き上げた富も名誉もさらりと捨てることが出来る人だ。

エンディングではしつこい程花火が打ち上げられるんだけど、この花火の華々しさがどういう意味を持つのか、後になってようやくわかった。
深読みするとちょっと怖い映画かも。


しかしスーザン役のクレア・フォラーニの美しかったこと。不思議な瞳をしている人だと思った。女性の背中ってあんなに綺麗なものなんだと思った。
ブラッドピットも素敵だったけど私はアンソニーポプキンスに惚れた。
ソファに並んでいっしょにコーヒ飲みながらお話したいと思った。
[PR]

by hiruu | 2005-07-25 01:40 | 日記 | Comments(7)

ろーるきゃきゃ

夏の夜、勝手口を叩く音が聞こえたら
それはくいな(水鶏)じゃなくて
私です。

なーんちゃって。

昨夜クソ暑いのにロールキャベツを作ったのです。
ほんとは魚焼くつもりだったんだけどまだカチカチに凍ってるし、買ったばかりのひき肉を冷凍して翌日また解凍するんもあれだし、そんでもってキャベツが丸ごとあったので。
暑い夏の日の熱い煮込み料理。
もうさ~いこ~~ \(-"-;)/

だから、おすそ分け。
昨日の残りもんですが。
b0032167_20405413.jpg

油の反射がゴールドの輝き!


【レシピ】
にんじん・・・荒めのみじん切り
たまねぎ・・・荒めのみじん切り
ひき肉

よく熟したトマト(腐敗一歩手前)
塩、こしょう、メース、オレガノ、コリアンダー、←というか家にあるハーブ類てきとーに全部ふる。
月桂樹の葉

参考:煮込み時にバジルの葉を入れたら美味しいです。
[PR]

by hiruu | 2005-07-21 20:57 | | Comments(7)

とうもろこしの食べ方。

Web友達の風さんからとうもろこしの絵手紙を頂いた。
風さんの絵はいつもふうわりした色彩で心にすっと入ってくる。文字も絵だ。また添えられた言葉がこれまたいい。
くそ暑い夏をすがすがしくしてくれる。

言葉、言葉、言葉と色彩の魔法。これぞ季節の便り。


で、全然関係ないけど思い出したのがとうもろこしの食べ方。
とうもろこしは、横に長くもってかじるのが一般的な食べ方ですが、これを縦に長くしてかじると美味しくないの知ってました?

横と縦じゃ細胞のつぶされ方が違うのか、はて、つぶれ方によって甘味の成分の出方が違うのか。よくわかりませんが、横に長く持ってかじったほうが絶対に甘いんです。

お試しあれ。
[PR]

by hiruu | 2005-07-18 22:50 | | Comments(7)

懐かしの玩具。

人の話に異様にうなずく人
こんな置物をご存知の方はいらっしゃいますか?
高度成長の昭和の時代、けっこうあっちこっちで見かけたものです。
私が子供のときも、私が悪さをしないようにと家の棚の上に置かれてありました。

コップの水に口先だけ浸しながら振り子のように規則的な動きを繰り返していた鳥が、急にズブッと傾くんですよ。
いつズブッといくか、何度目の屈伸でズブットいくか、私は予想をたてながらまるで一人博打でもするような心持でいつまでも手の届かない高い棚の上を眺めていたものでした。


小学校の帰り道、たまに道草をくうことがあったのですが、なぜか広い道路沿いに“○○のおもちゃ”の看板を掲げたお店がありました(当時はどういうわけか広い道路沿いにあったのです)。私は、おとなの人が遊ぶ玩具って、いったいどんなおもちゃなんだろう。きっととても難しいプラモデルとかがあるのかな、といつももの凄い興味をもって店の前に立っていたのですが、ウィンドウには家にあるのと同じ平和鳥が一組飾ってあるだけでした。
閉まっている引き戸を開ける勇気は子供の私にはなく、ただ赤と緑の水の揺らめきをだまって見つめていました。

年頃になって、この平和鳥がどうして○○のおもちゃなのかと不思議に思ったものでしたが、今になってやっと深くうなづくことができました。

当時流行のものを ただ飾ってあった、 それだけのことだったんですね。

平和でしたね、あの頃は。


敬愛する哲学サイト様へ。その内容とはまったく関係がないというのに、勝手ながらトラックバックをつけさせて頂き大変失礼いたしました。それと“平和鳥”という名称を知ったこと、久しぶりに懐かしい写真を検索し得たことを感謝します。
[PR]

by hiruu | 2005-07-14 01:57 | 日記 | Comments(7)

こたつぶとん。

なんとか乾きました。
でももっぺん干すつもり。
b0032167_1811666.jpg

[PR]

by hiruu | 2005-07-07 18:02 | 日記 | Comments(5)

降り続く雨に

先日の豪雨の日、開けっ放しの窓から降り込んだ雨で炬燵布団を濡らしてしまった。濡れた布団を部屋の隅に置いておくのもうっとおしいし、いっそのことこの機会にクリーニングに出して見ようかと思った。
そんでいくらするのか聞いてみたら、

‘正方形なら2000えん。長方形なら2500円です’



ということで、例年のごとく浴槽で足踏み洗いしてトタンの下に干したのが雨ザーザー降りの一昨日。
どうせ水を垂らすのに一日かかるし、たぶん翌日は晴れるだろうし、

ああ、たぶん翌日は晴れるだろうし、
ああ、たぶん翌日は晴れるだろうし、
もいっかい洗い直さな(ーー;)
[PR]

by hiruu | 2005-07-05 00:19 | 日記 | Comments(7)

突然の豪雨に。

わたしのコタツデスクの上がえらいことになっていた。
今日は窓を開けっ放しで外出していたんだ。

コタツデスクは窓際に。
さらにコタツトップにはパソコンが2台置いてあったんだ。

わ!つぶれてしまったんじゃ! と思ったが、
散乱したプリントと新聞の切り抜きやらなんやらの紙類が雨を全部吸ってくれて無事だった。

これを機会に
まだ片付けたくなかった炬燵布団を片付けた。

7月だもんね。
[PR]

by hiruu | 2005-07-01 23:46 | 日記 | Comments(0)