「ほっ」と。キャンペーン

『この森で、天使はバスを降りた』  リー・デヴィッド・ズロトフ監督 アメリカ

刑務所を出所したばかりの女パーシーと、かつてベトナム戦争に志願兵として赴き、生死不明の男ジョニーBが主となってお話しは進みます。

やむをえない事情で重い罪を背負ってしまったパーシーとジョニーBなのですが、筋書きをぐだぐだ書くのは本意ではないので、私の心に残る場面だけをまとめておこうと思います。


まずはこの場面。
パーシーはジョニーBの存在を信じ、森の中へと探しに行きます。

森には草木の葉のすれ合いや、風と光、川の流れがあります。
パーシーは子供のような冒険心と信じる心をもって目には見えない相手、ジョニーBに話しかけます。

「どこにいるの  隠れてないで 出ておいで

  ねえ、ジョニーBと 呼んでいい?」

ここの場面はまるで森の精霊に話しかけているようでした。

軽やかな足取りで森の奥深く入っていくパーシー。そして立ち止まって木々の間を覗くと、向こう側に滝が音を立てて落ちていたりするのです。
この辺り、ウワァ~と私を感じさせてくれました。



では次の場面。
パーシーは出所してから何の産業もないさびれた村に行き、そこで一人暮らしの老婦人に世話になります。この老婦人は長年食堂経営をしながら気丈に生きてきた人なのですが、ふとしたことで腰を痛めてしまいます。それでしかたなくパーシーが店を切り盛りすることになります。
しかしろくに料理なんてしたことのないパーシーです。実に大雑把な料理をお客さんに出してしまうのです。

さて焦がしたパンを出されたお客さん、最初はギョッとした表情をするのですが、文句を言うわけでもなくだまって食べ始めます。


ストーリー展開にはたいしてなんでもないような場面なのですが、こういったところから老婦人に対する村人たちの思いが伝わってきます。

夫を亡くし、一人息子は生死不明。年をとって体が不自由になりつつも食堂経営を頑張っている老婦人。食堂は常連客も多く、毎日のように繁盛している。老婦人に対する敬愛とか、一軒の食堂を大事に考える気持ちですね。

そして、村人たちは刑務所を出所したばかりのパーシーに猜疑心を持ちながらも、決して拒否はしていないというところ、これは常に心の一部分が開いているということで、とても心温まるものを感じるのです。



最後にこの場面。
歩き疲れたパーシーが腰をおろし、歌を口ずさみはじめました。パーシーの歌にひかれて背後から近づくジョニーB。パーシーはその存在に気づくのですが、振り向くことはしません。

目で見なくても存在を感じることができたら、それでいいのです。
ジョニーBはそっとパーシーの頭にその大きな掌で触れる、とここでこの場面はおしまい。
なにかが通い合う瞬間というか、あたたかいものを感じて涙が出た場面です。



ではまとめ。
何度も登場する川の強い流れや滝の映像。
日本の古事記などでは禊、払いの描写がよくありますが、やはりかぶります。
日本では罪や穢れの払いだとしたら、こちらは宗教が違うので償い、なのでしょうね。

さて、パーシーの償いは村の人達に何を与えることになったのか。結末はとてもさわやかなものでした。




前回見た映画と違ってこちらは人の善の部分が満載された作品です。人を敬う気持ちとか、優しさとか、心配とか、いたわりとかが、場面場面ににじみ出ている作品でした。もう一度見たいです。

この映画はWeb友 たけさん のお薦めです。
たけさんのおかげでとても良い作品にめぐり合うことができました。それと実は私、恥ずかしながらツタヤデビュー!DVDなんぞ借りたこともない私が、どきどきしながら‘ツタヤ’に足を踏み入れることになったのもたけさんの後押しがあったからです。

この場を借りて、あらためてお礼を申し上げます。
たけさん ありがとう!
[PR]

by hiruu | 2012-06-06 00:03 | 本・詩・文 | Comments(2)

映画を2本

久しぶりに映画を観ました。友人お薦めの2本です。
感じたことを書き留めておきたいと思います。

--------------------------------------------------------

『未来を生きる君たちへ』  監督 スサンネ・ビア   デンマーク・スウェーデン合作


 タイトルだけ見ると‘教育’を意図した青少年向けの映画かと思います。また青少年向け映画といえば、未来に明るい希望を感じさせる結末になることが多いと思います。
しかしこの映画に表現されているのは、善人として生きていくことがどれだけ難しいか、ということでした。
  

 子供であっても大人であっても、‘人を憎む’という感情を持ってしまった以上、それを抑制することは難しいことです。憎しみを断ち切る努力はしても、そこにはどこか無理をしている自分がいます。それはただ、自分の感情をごまかしているだけにすぎないのかもしれません。このことを諦念として受け止めつつも、人は人として生きていかなければならないのでしょう。


 憎しみが自分の心の内だけで留まっていればまだよいのですが、この憎しみが外に出てしまうと争いとなります。また連鎖してしまうと戦争に繋がってしまうのでしょうか。この映画にはそこまで描かれていませんでしたが、なんとなく方向性を指し示していたように思えます。

 ずいぶん前に芥川の作品で生存苦を扱ったものを読みましたが、どこか似ていると感じました。また、手塚治虫の『アドルフに告ぐ』が脳裏をよぎったりしました。


結末には未来にわずかな光を見出そうとする前向きな方向性が示されていたようですが、それは救いでもなんでもありませんでした。
ただ、辛い生が前途に延々と広がっているようでした。
重く、息苦しく、逃れられないものを受け入れた後の寂しさというか、そんなものを感じました。




各場面で感じたこと。----------------------------


■小さい虫が登場する場面がいくつかありました。
悪党Bigmanの足に這う虫、少年の悪戯のシーンで床を這っていた虫。エピローグの巣を張る蜘蛛の映像。
この虫のシーンは生の営みを暗示しているのでしょうか。それとも不吉なものを象徴しているのでしょうか。これは一度見ただけではよくわかりませんでした。


■会話から(どの場面だったのか忘れました)。

おそらくこれが、この映画の重要なテーマなのだと思います。

自分と相手の間には、必ず見えない壁がある。その壁が取り払われるのは相手が死ぬ時だけで、その時にふと気づくものがあるという。壁が取り払われるのはほんの一瞬で、そしてすぐまた壁ができ通常の生の営みが続いていく。
というような話しでした。

このほんの一瞬の間に気づくものって何なのでしょうか。相手に対する許しなのでしょうか。


■冒頭のナイチンゲールの話。宗教観。
「村から追い出したのに、鳥は戻ってきて鳴いてくれた。その鳴き声を聴いて皇帝は涙を流し、その涙で鳥の心は満たされた」
のような内容だったと思います。これは追い出した神。排除してしまった信仰?そしてその神からの愛、なのでしょうか。
そういえば、親と子の愛情について父親が葛藤する場面が多く表現されていました。

---------------------------------------------------------------------------------------------

次回は『この森で、天使はバスを降りた』  監督 リー・デヴィッド・ズロトフ   アメリカ映画
について書こうと思います。
[PR]

by hiruu | 2012-05-20 22:49 | 本・詩・文 | Comments(1)

おばあちゃんの作品2

今日は義母の歌と書を掲載します。

自作の歌なので、実は掲載にあたって少し躊躇がありました。前回は無断で掲載、なんて意気込んでいましたが、やはりちょっと後ろめたさを感じます。
そしてなにより、あらためて読んでみるとどこか寂しさがただよっているような、そんな気がしたからです。

義母は息子が2人。弟の方が私の旦那であります。神戸の震災後、しばらく兄夫婦と同居していましたが、いろいろ気遣いもあったのか、故郷のケアーハウスを 私たちには何の相談もなく、自分で申し込んでさっさと引っ越してしまいました。
今のところ健康優老人とのお墨付きをもらっておりますが、先日いっしょにお墓参りをした時、足に不安を感じてきたのか 「こんなん買ってん」 と購入したばかりの手押し車を見せてくれました。

b0032167_2231288.jpg

b0032167_2233884.jpg

b0032167_224673.jpg

b0032167_2241956.jpg

b0032167_2244197.jpg

b0032167_2245158.jpg

b0032167_2252393.jpg


まだしばらくは元気でいてね。
[PR]

by hiruu | 2012-03-24 22:10 | 本・詩・文 | Comments(8)

秋の俳句

こんにちは。
急に冷え込んだかと思えば今日はまたあっちいですねぇ。
みなさま体調の方はいかがでしょうか~?


さて、前回の記事 ‘秋のハナクソ’ を読んでくださった方々から俳句を頂いております。
コメント欄に投稿くださった方、また直接メールをくださった方といらっしゃいます。
せっかくですのでここにまとめて掲載させて頂こうと思います。



   『ハナクソや奥にへばりて天高し』

   『鼻の穴に 指突っ込めば 秋が来た』

   『ハナクソのしめりけ指に名残り夏』

   『ハナクソに白毛混じって 秋の風』

   『これが壱 抜いた鼻毛の 背比べ』

   『塩辛の 干物をつまむ 指の先』


            。。。ありがとうございます。。。


まだまだ作品募集中でございます。
(早く秋らしい秋が来ることを願って、よろしくお願いいたします。)
[PR]

by hiruu | 2010-10-01 12:17 | 本・詩・文 | Comments(7)

最近感動したこと

今年は朝日新聞創刊130年だそうです。先月25日の折り込みに御礼のチラシが入っていました。
御礼文は『平素は格別のご愛顧を・・・・・・信頼される新聞でありたいと決意を新たに・・・・・』といったよくあるもので、批判的なことばかり書いて信頼とは? とちょっと突っ込みたくなったのですが、これはまあいいとして、裏面に創刊第一号の記事が印刷されていまして、これがちょっと読んでみるとなかなか味わいの深いものだったのです。

一旦は廃品回収用の箱にほうり込んだのですが、今日になって箱の中をあさり、改めて読み返してみました。捨て切れなかったのは何故なのかな。ここに感想めいたことも含め、覚書きを残しておこうと思います。



見出しは【官令】【大阪府録事】【雑報】と3つありました。旧字体で擦れていましたが、なんとか読み取れたところを記します。


【官令】
‘官吏’とか‘月報’とか‘転任’の字が見てとれます。
それに‘大隈重信’や‘伊藤博文’の名前が記されています。

社会科が苦手な私にとって、明治といえば明治維新、大日本帝国憲法、ぐらいの語彙しか知りません。そして、大隈重信も伊藤博文も歴史上の人物、という認識です。それでも、

   ああ、 そっかー  そーゆー時代やったもんなー


と自分なりに納得。

ここで気付いたことがひとつ(捨て切れなかった理由その1)。

学校の教科書ではこういったことを歴史上の出来事、としてお勉強します。でも新聞記事で読むと、事実の出来事、として把握するわけです。たとえ130年も昔の記事であっても、媒体が教科書でなく新聞であるというだけで、とてもリアルに感じられる。
社会科が苦手な私にとって教科書はどこかファンタジーだっただけに、不思議な感覚でした。



【大阪府録事】
「従来医師出張診察所設置の儀情願・・・’‘聞届鑑札下付致し・・・衛生掛をして・・・管内該業の者ゑ・・・・・出張所取扱の順序出張診察の時間などを詳記し来る二月十五日限り當府衛生掛へ可届出事」

病院をつくれーとの運動があったか、病院を開業するには書届けが必要、と書かれているようです。ああ、近代化だなと。現代は、病院はあっても医者がいません。


【雑報】
ここには「御歌始」とあって、天皇皇后の御歌が掲載されていました。

  『あら玉の年もかはりぬ けふよりは 民のこころやいとゞひらけん』
  『日のみはた たかくかゝげて国民の あふぐやとしの ひかり成るらん』

願い、良き時代へとの希望。ちっとも捻ったところがなくて、正月の空に、春の日差しがあるようで、何度も読み返してしまいました。


次に、地方税の課税のことが書かれていましたが、これを

「甲乙の差なき様 余程御注意厚きよし」

と書かれてあります。‘御注意厚きよし’こういう言葉で書かれていると、心が伝わってくるように感じます。


他にも、どこどこの工場が近々新築落成で、すでに物資の調達が始まっているとのこと。これを

「江戸堀南通三丁目の當府勧工場は近々新築落成の由なるがもはや該場へ物産寄集めの事務は来二月中旬より取掛らるるよし」

‘物産寄せ集めの事務’と。そのまんまって感じの表現です。


駐車場の新設予定のことを

「・・・構内の南手に馬車貴馬の為に馬場を新築あると聞けり」

往来を馬が走ってた時代なんですよね。


「府下に水上警察と・・・四大川を巡廻する船は是迄一艘にてありしが今度四艘を欧化し五艘にて水上を巡廻せらるゝ事になるに付き昨今船大工職の者へ入札を申渡されたり」

物資や人の運搬に川を利用していたのでしょう。事故や事件もあったのでしょうね。
四大川って? 淀川資料館のサイトを調べてみると、淀川、大川、土佐掘川、東横掘川、道頓堀川、木津川、と6つ出てきましたから、まあその辺のことと思います。

造幣局が貨幣製造を開始したのは、明治4年だそうです。銅やらスズやら、貨幣材料も運ばれていたのでしょう。
人の運搬に巡航船が使われ出したのは明治36年。明治39年に全盛を迎えましたが、市電の発達とともに衰退し、大正初め頃に姿を消したそうです。

調べだすとおもしろくって、興味は尽きず。


「府下長堀川の鰹座橋は大破に附 近日懸替の着手になる」とか、

「今般中の芝居で面白ひ評判記が櫓連より発見」とか、

他にも昨年の西南戦争の時に立てられた陸軍病院がほったらかしにしてあるのを1坪70銭で払い下げになるとか、

どこそこで吟会が開かれて幹事が誰それで詩題は何で会費が二拾銭とか、

東京の華族の島津公は病気のため鹿児島県内で静養していたが全快して東京に戻ってくるとか、

奈良東大寺博物館が開場され、「珍器出品」と。
当時は文化財保護法はまだなくて、国宝とも言わなくて、‘珍器’  

兵庫県のだれそれさんは支那人より600トンの汽船を7万5千円で買って帆船に改造したとか、船おろしのときに船夫に渡す手拭5千を注文しに来たとか。



最後に梅の開花情報。これ実に活き活きとしてるのでそのまんま載せます。

「東高津村の梅屋舗は追々梅の蕾を綻ばすとて 茶店酒店はそろそろ小屋掛にかゝり来る二月中旬には全たく開き馥郁あたりを薫はすに至らんと閑雅人の話しなるが 実に梅は百花の魁であり舛」

「漸次梅が開けば早鶯すも初音を告る時となり 好事家打集ひ来る二月上旬の頃 難波新地蛙茶屋に数多の鶯鳥を持寄り妙音を戦かはすと聞く」

・・・・・どこそこで 「美濃産の水晶を種々の器に製し販売せり誠に奇麗で有升」
[PR]

by hiruu | 2009-02-06 01:45 | 本・詩・文 | Comments(8)

善悪の彼岸

ブログは久しぶりです。
ここ最近、ちょっと忙しくしておりました。
でもちょびちょびと本は読んでおりました。

1ヶ月以上かかってやっと読み終えたのが、「善悪の彼岸」 ニーチェ著。
なんか、さんざん否定されまくった感じです(ーー;)

全体にわたって書かれていた事を羅列すると

・もんの凄い女性蔑視
・キリスト教批判
・科学の批判
・なんでも批判
・ストア主義?
・血統重視

てな感じでしょうか。

では感想を素直に書いてみようと思います。
まずひとつめですが、最初のほうにこんなことが書かれていました。
我々の感情として1.疎ましい状態の感情 2.好ましい状態の感情、さらに3.付随的な筋肉感情 というのがあるそうです。この3ですが、これは腕や脚を動かさずとも、一種の習慣によって、欲するや否や発動する感情 なんだそうです。
そこで、私思ったのですが、つまり、この3は、男性の○起を意味しているのかな?なんてね。
素直な感想ですのであしからず。

次、キリスト教の平等思想ですが、キリスト教は日本の歴史でも阻害されましたよね。えーと、キリスト教のせいで日本の身分制度がごちゃごちゃになるとかって、そんなふうに学校で習いましたが、ほんとそうだったのかな?と。
ニーチェの生きた時代のヨーロッパと、キリスト布教の時代の日本とを比較するもんじゃないかもしれませんが、ニーチェは民主主義の世の中になることを悲観してたんですよね。
今や福祉の時代ですが、社会的弱者に対する同情は、人間を没落に導くと、ニーチェは言っておりました。なるほどなと。ここのところ、素直に同感してしまいました。



私が、物事はこうあるべき、とこれまで信じてきたもの、人に対してはこうするべき、と信じてきたこと、さらに、生きるよすがにしていたものを さんざん否定されまくってあじゃじゃー、と思ってたのに、素直に同感させるところはさすが凄いと思います。


彼はワーグナーのなんちゃらが好きだったそうですが、私はタンホイザーしか知りません。
ああ、タイホイザー好きだったのに。あの歓喜の歌声が、なぜか狂った歓喜に思えてきました(ーー;)
[PR]

by hiruu | 2007-11-16 03:38 | 本・詩・文 | Comments(10)

娘の日記

先日から子供部屋の大整理をしています。
まず片付けるのはクローゼットの中なんですが、下段には小学校のときの教科書やノートがいっぱい入っています。
いつものことながら、捨てられないのが絵や日記帳の類。
これまでに何度か捨てようと試みましたが、やはり捨てられません。
しかし今年こそは!と思い、捨てる前に家族で全てを読み返し、十分懐かしんでから処分することにしました。

うちは娘2人なんですが、文章の上手なお姉ちゃんのほうは、やはり1年生のときから上手だったようで、私に似た妹のほうは、何年生になっても文そのものがどこかおかしく、字も汚いのです。でも読んでいておもしろいのは妹の書いたものかもしれません。

ちょっとだけ紹介しますね。
--------------------

六月十七日(火)

ざりがにのピカちゃん

 ざりがにの名まえは、ピカちゃんって名まえは、大にしくんにきめてもらいました。
 学校にきたらいつもピカちゃんを見ています。
 あめんぼうのあめちゃんは、ピカちゃんにたべられてしまいました。

--------------------

七月二日(木)

ザリガニけんきゅう

 ザリガニの名まえはさいしょぴかちゃんだったけどフリーザーになってつぎにセニ ガメくんにしてつぎにミュウになってさいごにミュウニになりました。ミュウニになりました。
 ミュウニが一ばんすきなたべものはにぼしです。いつもたべてます。
 水かえのときにミュウニのかごがすごくすごくくさくて、もうほんとにくさいね だから水かえいきたくないけどいかなくちゃ水をすうときにきたない水がくちの中にはいるから水かえしなきゃいけなかったよ。ミュウニは、おすのざりがにてす。

 だいぶつよくなったけどまだあまりつよくないです。かたほうの手は大きくてもうかたほうの手は小さいんだよ。小さいほうの手はあんまりはさめないけど もうかたほうの手はつよいからはさまれたらすごくいたいんだよ。

 ずっとまえにザリガニをくれた人に手がみをかいたりしていました。
 でもえさはちくわ、いとみみず、おたまじゃくし、にぼし、するめ、カラタチのはと、サンショウのはと、パンとごはんです。なんでにぼしがすきになったのかはしらないけど どんどんしらべていきたいです。
 ミュウニくんは、大にしくんにきめてもらいました。
 ミュウニくんてほんとに、にぼしがすきになったのは、わからないけど、それも大にしくんにききました。
 なんでかたほうが大きくてもうかたほうが小さいかって わかりました てがちぎれたからはえてきたんだって はえてきてすごくよかったよ。てがなかったらなにもできないからすごくよかったよ。
-----------------------------------------

2年生の国語ノートからでした。
次ページには真っ赤なザリガニの絵がページいっぱいに大きく描かれていました。

さて、捨てられるかなぁ。。。


写真は今年の花見弁当と弓道場です。
b0032167_4102328.jpg

b0032167_4103855.jpg

写る景色は毎年同じようでも 少しづつ違っているんですね。
[PR]

by hiruu | 2007-04-08 04:15 | 本・詩・文 | Comments(18)

『月山』 森 敦 著 ― とりあえず感想を

こころに響いた作品を せっかくだから感想文でも書こうと思いながら 素晴らしい作品ゆえになかなか書けず 苦渋の末になんとか次のようなものを書きました。
気が向いたら読んでみてください。   これ
[PR]

by hiruu | 2007-01-30 01:40 | 本・詩・文 | Comments(16)

『月山』

晩御飯を作ろうと思ったら

冷蔵庫にはろくな物が入っていなかった

(魚の切り身が3切れ)

・・・・・こんな時は具沢山の味噌汁で粗末なメインディッシュをごまかします。





しかし、冷蔵庫にはろくな物が入っていなかった。

(豆腐がない、ブタニクがない、イモがない、ワカメがない、あげもない、ネギもない)

・・・・・頂きもののド太い大根が、昨年暮れから玄関に置きっぱなしだったのをおもいだしたが、




どうせばええんでろか  ※1)




      ---食事風景---


これなに?


味噌汁には、デエコ(大根)なんども、扇にも、千本にも、賽ノ目にも切って、入れてあっさけの※2)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

注 ※1) ※2) 『月山』 森 敦  文春文庫
[PR]

by hiruu | 2007-01-20 02:56 | 本・詩・文 | Comments(20)

『わが輩はぜんまい仕掛けのトリケラトプス』

友人の旦那さんが本を出版した。帯に書かれてある書評には全く興味をそそられなかったが、イラストの色彩に心が惹かれた。それに友人には日頃世話になっているので多少の義理も感じて購入することにした。

内容は小学生でも十分読めるぐらいの簡易な言葉で書かれていたが、なんと含蓄の多い文章よ、と思った。一貫したテーマはあるものの、そんなテーマをとっぱらっては様々に視点を変えて読むことができる。どうとでも深読みできて再読に充分値する。

何度か繰り返して読むと、ノスタルジックな怪獣にもたれ、一人ぼっちで紙コップ珈琲を飲む人の姿が強く印象に残ると思う。

長い社会人生活で思考が偏ってしまった中高年層に、また自己発進能力を良しとする教育課程を受けてきた若い人達に読んでもらいたい一冊です。こんな本
b0032167_19175750.jpg

[PR]

by hiruu | 2005-10-27 19:26 | 本・詩・文 | Comments(2)