事故

本日、私にしてはめったに起こらないこと、また決して起こしてはいけないことを私の不注意で起こしてしまいました。


私の家の側には見通しの悪い道路があります。道幅はかなり広いのですが、急な上り坂で、結構な角度のカーブになっています。

今日は、雨があがったので買い物に行こうと思い、車で家を出たのですが、何を考えていたのか方向が逆なのに気づきました。

Uターンをしようと思い、カーブのところから30メートル程行き過ぎたところに車を一旦停止させ、後方を確認、右に指示器を出し、さらに振返ってアクセルを踏みかけたところバイクのライトが視界に入ってきました。

ああ、バイクが来たなと、そのまま見ていたら、だんだん横になって滑っていきました。

私の車に驚いたという事実が、転倒していくその形状から見ても、充分伺って取ることができました。


「大丈夫ですか、怪我は?」

「膝を打ったようですが、打ち身が残るでしょうが、まあ大丈夫です」

その方はそうおっしゃいましたが、これは私に非があると思いました。

私も昔はバイクでよく転倒しました。たとえズボンの膝が破れていなくても、だいたいの察しがつきます。たぶん、4、5日は痛いだろうなと。もし膝の靭帯でも切っていたら、完治に1ヶ月はかかり、しばらく膝の屈伸はできません。

しばらくの間、その方の側に立って様子を伺っていましたが、その方は何をおっしゃるでもなく黙っていました。


「バイクの方は潰れていませんか、レバーは、ペダルは、ハンドルは、エンジンはかかりますか」
私はなぜかこんなことを喋り出していました。


「エンジンはかかります、他は、今ちょっとわかりませんが」

さらに、その方はこんなことを言いました。

「これが車との接触なら、事故ということで処理ができるんだけど。こっちの不注意もあるし、たまたま悪条件が重なったかな。」


確かに、雨上がりで路面は滑りやすい状態でした。
でも、私に非があることは事実。

バイクは125ccのスクーターでしたが、擦ったところが何箇所かあるくらいで、私の見た感じでは走行にどうということはなさそうでした。


また、私はこんなことを喋っていました。
「バイク、真っ直ぐ走るでしょうか、ハンドルが取られたりしないでしょうか、」
「さあ、、」

「ここにしばらく居ますから、少し走ってみて、具合悪かったら戻ってきてください」

なぜ私はこんなことを言うのでしょう。具合が悪かったら修理代を弁償するつもりなのか、できれば許してもらいたいのか、正直半分半分の気持ちがあったのか。
それとも、許してもらいたい気持ちが100%だったか。つまり、どこも具合が悪くなく、そのまま走り去って欲しかったのではないか。


その方は、またさっきと同じことを言いました。


「これが接触していたら、事故ということで処理ができるんだけど、正直言ってどうすればいいのか、わからない」

「私もどうしたら良いか判りません。でも、私のせいでこういう結果になったことは事実ですから、、、どうすればいいんでしょう」

「そういうお気持ちがあるのなら、それで、、、(・・・・・)」


その方は、決して何の請求も自分から申し出ることをしませんでした。ただ、迷っていらっしゃいました。それと、私の申し出を待っているような、少しですが、そんな風にも見て取れました。


もしここで私が ごめんなさい、許してください と言ってたら、きっとあきらめて去っていかれたのだと思います。


「今少しのお金しか持っていませんが、ほんと1万円のお金も持ってないのですが、あるだけを私のお詫びの気持ちとして、受け取って戴けますか」

これはなんとなく、自分でも卑怯な気がしました。やはりどこか逃げています。
ちゃんと治療代、修理代を出すつもりなら、こんなふうに言わないと思います。


実際、財布の中には千円札が数枚しかないことを知っていました。また、私の家はすぐそこにありました。


その方は、転倒直後に私がかけつけてから、終始笑みをつくろうと表情を作っていらっしゃるような方でしたが、そしてその表情のままで、5枚の千円札を受け取ってくれましたが、少し納得がいかないような、それとも私に少し悪いような気持ちがあったのでしょうか、去ってゆくバイクの後姿を見送りながら、最後まで私にはわかりませんでした。

ただ、わかっていたのは私は少し卑怯だということ。




事故を起こしたという事実を決して忘れないために、肝に銘じておくために、この文章を書きました。結果、自己分析をすることになってしまいました。
今、自己嫌悪の気持ちでいっぱいです。
[PR]

by hiruu | 2008-01-29 19:40 | 日記 | Comments(32)

Commented by TOKIO at 2008-01-30 18:28 x
ひるさん、ひるさんって凄く正直。
自己嫌悪?そんな時は、誰だってそうなるものです。
詳しくは判りませんが、この場合は、ひるさんだけが悪いのではありませんよ。
大事故にならずに、よかったと思いましょうよ。
それでいいんですよ。僕はそう思います!
Commented by 風~♪ at 2008-01-30 21:10 x
ひるさん、大変でしたね。
題名を読んだ時からドキドキしてしまいました。

とりあえず大きな命に関わるような事故でなくてホッとしました。
ひるさんのとった行動はきちっと誠意のあるものだったと
思いますよ。
自己嫌悪。。。わかります。私もそうなると思うので。。。。
少しづつ立ち直ってね。
Commented by RYO at 2008-01-30 22:20 x
相手に大きいケガがなくてよかったです。

でもね、あまり思いつめないでね。

そうなったら、運転も怖くなるから。

少しづつ、立ち直ってください。
Commented by kasama at 2008-01-31 02:10 x
ビックリしました。事故はバイクの方でしたか。ひるさんにも、相手の方にも大きな怪我がなくて何よりです。

私もライダーの端くれなので、日記に書かれてあるような場面には何度か出くわしたことがあります。幸い大事には至りませんでしたが、運転が上手なワケではなくて、単に運が良かっただけだと思います。

日記を読んで気が引き締まる思いです。私もクルマやバイクに乗るときは、常に危険と隣り合わせであることを肝に銘じておきます。
Commented by のりちゃん at 2008-01-31 08:39 x
事故に遭ったことがあります。
和歌山県の田舎道。中央分離帯はありませんでしたが、二台十分すれ違える太さ。見通しもよく快適に走ってました。
すると、前方から真ん中をかなりのスピードで走ってくる車発見。
「危ないよ」
と言って、左ギリギリに停めました。相手も気づいてよけようとしたようですが、結局ミラー接触。双方ともけがはありませんでしたが、相手の方は、
「病院へ行く途中で急いでいた」
と言い訳をしました。幸い主人はごっついので、逃げたり逆上されることもなく、警察を呼びましたが、警察への説明は、
「家に帰る途中で普通に走っていた」
結局この事件はもめにもめたんですけど(責任の比率で)、相手方は最後まで、「普通のスピードで走っていた」と保険会社に説明したらしいです。
この方も私たちが、
「病院へ行くから急いでいたと言ってましたよね?」
と直接問い詰めれば、ちゃんと白状したような気もしますが、保険会社を通しての審問だったため、結局、私たちにも責任があるということになりました(ま、車同士の事故ってそんなもんみたいですけどね)。

そんなもんだと思います。
Commented by のりちゃん at 2008-01-31 08:39 x
すいません。続きです。
転んだ人を、(自分がぶつかったのではないからと)見て見ぬふりせず、すぐかけつけたひるさんは、立派だと思います。
そして、事実、この場合、警察に届けたとしても、ひるさんに責任は問われないと思います。
もし、どうしても自己嫌悪ならば、今の気持ちのままで、
「もし、あの方が『後遺症が出ました。賠償をお願いします』と言ってきたらどう答えるだろう?」
と考えてみては?
それで少しは整理がつくと思います。
Commented by hiruu at 2008-01-31 17:57
TOKIOさん。おひさしぶりです。そう、ほんと大事故にならずに良かった。もし対向車が来ていたらと思うと、、、。
どちらが悪い、悪くない、の問題は法で解決されますが、心の問題はそれでは済みませんもんね。。。
Commented by hiruu at 2008-01-31 17:59
風さん。ありがとうございます。このこと、忘れないように、肝に銘じておきます。
Commented by hiruu at 2008-01-31 18:03
RYO君。そうなんです、ちょっと運転がこわくなっております。
最近は運転中にあれこれ考え事をしてしまいます。日常の猥雑から少しでも気をそらそうと、今日はめずらしく音楽をかけて運転してみました。←なんか変ですね。
Commented by hiruu at 2008-01-31 18:10
kasamaさん。タイトルに「事故」なんて書いてしまったせいで、みなさんに心配かけてしまったみたいです。すみません!
そうだった、kasamaさんもライダーでした!
今回は私の方にも落ち度がありましたが、仮に100%落ち度がなかったとしても、相手のある事故は防ぐことはできません。運といってしまえばそれまでですが、どうぞお気をつけてください。
Commented by hiruu at 2008-01-31 18:22
のりちゃん。以下に一部引用してますが、もし私だったら、やはり同じことを言ったかもしれません。

>双方ともけがはありませんでしたが、相手の方は、
>「病院へ行く途中で急いでいた」
>と言い訳をしました。幸い主人はごっついので、逃げたり逆上されるこ>ともなく、警察を呼びましたが、警察への説明は、
>「家に帰る途中で普通に走っていた」
>結局この事件はもめにもめたんですけど(責任の比率で)、相手方は>最後まで、「普通のスピードで走っていた」と保険会社に説明したらしい>です。

『気は急いていたけど、スピードは出していなかった』ということでしょうかね。なんとでも言え!って(^^;)
Commented by hiruu at 2008-01-31 18:32
のりちゃん。続きです。
ジコル瞬間って、まるでコマ送りの映像が見えているような気がしません?
そんだけ集中してるんだろなー冷静になってるんだろなー、と思いますが、あれって不思議ですよね。
旦那にこのことを話したら、やはりのりちゃんと同じことを言ってました。‘警察に届けたところで私の責任はない’と。そして、相手の方も、警察への届けは無意味だということをよくご存知のようでした。

>「もし、あの方が『後遺症が出ました。賠償をお願いします』と言ってき>たらどう答えるだろう?」
>と考えてみては?

うひゃー、こりゃきつい(^^;)またまた懺悔の文章を書かなければいけません!
私が、すぐそこに家があるのに、住所、名前はもちろん、自分の電話番号を教えることすらしなかったのは、きっとこのことがあったからだと思います。
尾を引くことが恐かった。恨まれることが恐かった。だから相手の出方を待っていた。仮に賠償を求めてきたら、きっと警察へ連絡していたんだと思います。
こんなことを言うと何もおっしゃらなかった相手の方に対して大変失礼ですね。

Commented by lan at 2008-02-01 00:36 x
気にしないでいいと思います。
バイクの前方不注意です。
子どもが出てくるか、イノシシが飛び出してくるかわからへん、そんなリスクを背負って運転ってするものだと思います。
横滑りしたのは運転が未熟。
その方もそういった自身の落ち度も重々承知しているご様子に思いますが。

以前、車相手でバイク事故に遭った事があります。
原因は車のわき見運転でした。
相手の方とは全く接触もなく保険屋さんとだけ話をしました。
一番欲しかったのはご本人からの「ゴメンなさい」の一言でしたが、それが無し。
未だに嫌なもんです。
人って謝られると許しちゃうもんです。


Commented by シバ at 2008-02-01 01:08 x
ひさしぶりです。大変だったね。大事故にならずなによりでしたね。
会社で交通安全管理者をやってたときに同じケースの事故処理をしたことがあります。ぼくの会社が車で相手がバイクだったんですが。
バイクの方は若い兄ちゃんで、ひざをすりむく程度の傷だったんですが、
こちらは看板車ということもあり、警察を呼んで現場検証をしました。
結果はバイクのスピードが出すぎていて判断が遅れ転倒、前方不注意をとられていましたが、こちら側も事故を起こす要因を作ったとのことで過失をとられました。相手が結構ごねて保険会社ともめた結果でした。
ひるさんの相手の方、いい人だったと思いますよ。
あまり思いつめないようにね。相手の方もわかって下さってると思いますよ。元気出してね。


Commented by のりちゃん at 2008-02-01 08:03 x
>仮に賠償を求めてきたら、きっと警察へ連絡していたんだと思います。

私もそれが正解だと思います。
(交渉ごとになった場合、冷静で公平な第三者の介入は必須ですしね)

もし、飛びだしてきたのが子供だったら、バイクの方は転んでもバイクが壊れても、「前方不注意」ということで文句ひとつ言えないでしょうし。
それどころか子どもが泣いたら、
「ごめんね」
って言うはめになると思うんですよね。

結局ひるさんは、相手の方が何もおっしゃらなかったから気になってるだけだと思います(^^ゞ

次にその方に会ったら、にっこり笑って、
「この間はどうも」
って言えたら良いですね。
Commented by wahou at 2008-02-02 00:18 x
ひるさん
たいへんでしたね。
うちも長男が大晦日に交差点で事故を。相手の女の子がやはりいい人で向こうの不注意ということになったそうです。
ただ、保険の責任の割合画少し長男が負担するようです。

わたしは事故の責任賠償のことはよくわかりませんが、相手のかたもパニクっていて、ひるさんからのお金をもらったような気がします。

相手がひるさんだとしたら、「大丈夫。」
と彼と同じように立ち去っていたと思います。

でも、こんな風に思うことが大事なんだなと思いました。

長男も初めての事故だったので、かなり、落ち込んでいましたから。
ひるさんみたいに車歴何年でもそうなんだとおもうと安心しました。

心が落ち着くまで冷静にね。








Commented by gauche3 at 2008-02-02 21:04
ひるさん。
大変でしたね・・
この記事を読んでいて、自分だったらどうするだろう?って考えました。
僕はきっと、倒れた相手に声をかけたり手を貸したりはすると思うのですが、
許してもらいたいという気持ちにすら成らず、
お金も渡さず、自分を卑怯だとも思わなかったと思います。

> ただ、わかっていたのは私は少し卑怯だということ。
でも、なんでなのでしょうか・・・
この一行に、とても心が揺さ振られます。
ひるさんのような気持ちになれる人がいるから・・
人は人を、信じて生きていけるのかも知れないですね。

随分遅くなってしまいましたが、
明けましておめでとうございます(^^ゞ
Commented by show at 2008-02-02 23:25 x
オラもナ、何に対して卑怯と思ってるのか、なんど読んでもよく分かりませんでした。

ところで、これって道交法上どうなの?
まあ、オラの時代なら、バイクの前方不注意による自損事故だけんどね。今は違う?

おそらく道義的な責任を感じてのことを書いてるのかもしれないが、
でも人はそんなに偉くなくてもいいんじゃないかな~・・・。

大なり小なり冷静でない時の取った言動を、後から反省すればいろいろ出てきますよ。
まあ、反省は次の事故防止のためとして。

オラが読むと、何一つ非常識な行動は無かったと思います。
Commented by hiruu at 2008-02-03 01:58
lanさん。バイクで六甲山走っててカーブを曲がった瞬間、ひつじが群れをなして横断してたことを思い出しました(^^;)

>人って謝られると許しちゃうもんです。
たしかにそうなんですが、謝る=自分の非を認める ということになるので、それでつっこまれたら逃げることができなくなるんですよね。
それがわかってて、さらにそういった先のことまでひそかに読んでいた自分の心が、嫌いなんです。

Commented by hiruu at 2008-02-03 02:03
シバさん。車社会、これから高齢者の運転が多数を占める時代がくるので、業務で車を使うとなるとどんどんリスクが増大することだろうと思います。

>ひるさんの相手の方、いい人だったと思いますよ。
ありがとう。私もそう思います(^^)

Commented by hiruu at 2008-02-03 02:08
のりちゃん。相手の出方しだいで、自分の出方が変わるんです(ーー;)
わたし相手の出方をこっそり伺ってました、、、。
相手の方が謙虚だったおかげで、私もおわびの気持ちを言うことができたのです。
Commented by hiruu at 2008-02-03 02:12
wahouさん。ご長男さんも事故を、、、大事にならなくて良かったです。
若いうちに、良い体験をした、と思います。こういう体験はたま~にしておく方がいいと思うのですが、大事につながる確立を考えるとこんなこと言っちゃあいけないですね(^^;)
Commented by hiruu at 2008-02-03 02:18
猿夫さん。>人は人を、信じて生きていけるのかも知れないですね。
ずっと、そう思って生きたいです。でも、人間関係の中で疑いの気持ちが沸き起こることも頻繁にあって、そういったことを良い方へ、良い方へ、と自分なりに処理していくことが、最近とてもしんどくなってきています。
このブログ、ありがたいです。みなさんにコメント頂けて、嬉しい(^^)
Commented by hiruu at 2008-02-03 02:24
showさん。>ところで、これって道交法上どうなの?
接触もしていないし、Uターン禁止場所でもないので、私に非はないようです。
私自身、道義的な責任を感じての行動、と思いたいのですが、よーく考えると、相手の方のことよりも、‘こうしなければ自分が満足できなかった’ということかもしれません。
Commented by へー at 2008-02-04 12:44 x
難しい問題ですね。
多少なり、卑怯だと思うのは、分かります。
でも、バイクの方も、自分から、連絡先を教えてください。
とか、言い出さず、HIRUcyannの出方を待っていた点で
同じく卑怯な気がします。
まっ!動転してたのかもしれませんが・・・
私なら、連絡先を聞くし、自分の連絡先も言います。
だから、あまり、考えなくてもいいんじゃない?

Commented by hiruu at 2008-02-04 19:43
へーちゃん。ほんの数年前までは、お互い連絡先を教えあっていたもんです。それが相手への誠意であり、相手の人だってそうでした。
へーちゃんの言うとおり、誠意の相互交換が、この社会にはありましたよね。

友人が昨年軽い事故を起こしたのですが、派出所での話が終り、相手の方へ自分の連絡先を書いた紙でも渡そうかとしたところ、警察の人に‘それはよくない’とこっそり遮られたそうです。
その方も、世の中変わったなと、そう感じたそうです。
Commented by at 2008-02-08 23:23 x
おそらく私が一番最初にこの日記を読んだのに、すぐにはコメントできずに、心配しながら、おそらく最後になってしまいました。

ひるちゃん、気持ち、だいぶ落ち着いてきたぁ?

私はこれを読んで、ひるちゃんの一番弱い部分が出ているなぁと思ったんだよねぇ。。

相手の方は、何ともなくて、お金までもらってしまったことを反省したかもよ。

問題は自分の気持ちだよね。
自分の気持ちは中々自分でコントロールできないものだから
これからは、こういう気持ちにならないように気をつけて行動する
そう自己反省ができればいいよね。
あーでもひるちゃんの嫌な気持ちを蒸し返してしまったよねぇ。
上手くかけなくてごめんなさい。

Commented by hiruu at 2008-02-16 23:29
由さん。お返事おそなってごめんなさい!
心配してくれてたのにほんとごめんね(^^;)
私の一番弱い部分、、、人に気を使いすぎるところかなぁと。。。そのくせ反対に失礼なことばっかり言ってしまってたりするんだけどね。
ほんと、なかなかコントロールができません。でもこういうことは2度とおこさないように、これからも気をつけていくことにします!
Commented at 2008-04-07 19:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-04-07 19:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-04-07 19:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hiruu at 2008-04-10 23:56
eekoさん。eekoさんも事故経験があるんですね、、、。
>近くだったらしく相手方のお仲間がわんさか・・・
そのときはさぞ大変だったでしょうね。とても平常心でいられなかったと思います。言わなくてもいいことまで言ってしまったりしてね(^^;)
車にのっていると危険は付き物。私も日頃気をつけてはいますが、たまにボーと考え事をしている自分に気がつきます。いけない、いけない、と思いつつ、加齢と共にだんだん運転に自信が無くなってきているのも事実です。
まあ便利な反面、リスクも付き物なんでしょうね~。
これから高齢の運転者がどんどん増えていきますので、被害者側、加害者側、どちらになる可能性も増大することでしょう。
私もeekoさんもその予備軍として、お互い気をつけていきましょう。