善悪の彼岸

ブログは久しぶりです。
ここ最近、ちょっと忙しくしておりました。
でもちょびちょびと本は読んでおりました。

1ヶ月以上かかってやっと読み終えたのが、「善悪の彼岸」 ニーチェ著。
なんか、さんざん否定されまくった感じです(ーー;)

全体にわたって書かれていた事を羅列すると

・もんの凄い女性蔑視
・キリスト教批判
・科学の批判
・なんでも批判
・ストア主義?
・血統重視

てな感じでしょうか。

では感想を素直に書いてみようと思います。
まずひとつめですが、最初のほうにこんなことが書かれていました。
我々の感情として1.疎ましい状態の感情 2.好ましい状態の感情、さらに3.付随的な筋肉感情 というのがあるそうです。この3ですが、これは腕や脚を動かさずとも、一種の習慣によって、欲するや否や発動する感情 なんだそうです。
そこで、私思ったのですが、つまり、この3は、男性の○起を意味しているのかな?なんてね。
素直な感想ですのであしからず。

次、キリスト教の平等思想ですが、キリスト教は日本の歴史でも阻害されましたよね。えーと、キリスト教のせいで日本の身分制度がごちゃごちゃになるとかって、そんなふうに学校で習いましたが、ほんとそうだったのかな?と。
ニーチェの生きた時代のヨーロッパと、キリスト布教の時代の日本とを比較するもんじゃないかもしれませんが、ニーチェは民主主義の世の中になることを悲観してたんですよね。
今や福祉の時代ですが、社会的弱者に対する同情は、人間を没落に導くと、ニーチェは言っておりました。なるほどなと。ここのところ、素直に同感してしまいました。



私が、物事はこうあるべき、とこれまで信じてきたもの、人に対してはこうするべき、と信じてきたこと、さらに、生きるよすがにしていたものを さんざん否定されまくってあじゃじゃー、と思ってたのに、素直に同感させるところはさすが凄いと思います。


彼はワーグナーのなんちゃらが好きだったそうですが、私はタンホイザーしか知りません。
ああ、タイホイザー好きだったのに。あの歓喜の歌声が、なぜか狂った歓喜に思えてきました(ーー;)
[PR]

by hiruu | 2007-11-16 03:38 | 本・詩・文 | Comments(10)

Commented by のりちゃん at 2007-11-16 08:20 x
私、ニーチェって読んだことがないんです。
たしか誰かが、「ツァラストラ」のパロディーを書いていて、それだけは読んだような気もしますが(^^ゞその程度で。
どうも、善悪・正誤をはっきりとつけてしまうものが苦手で、キリスト教的思想はそっち系……という偏見があるんで、近寄れないんです。ほんま、偏見ですね。
「社会的弱者に対する同情」は、同情だからよくないんであって、
「背筋100の人間と、背筋60の人間がいて、5キロと3キロの荷物があれば、背筋100の人間が5キロ、背筋60の人間が3キロの荷物を持ってこそ平等」なんじゃないかと思っている私は、「強者の思いやり」はとても大切だと思っています。
読んでないので、的外れなこと言ってるかも(^^ゞ
Commented by kasama at 2007-11-16 22:36 x
お久しぶりです(^_^) もうブログには戻って来ないのかと心配していました。でも、ゲンキそうで何よりです(o^∇^o)ノ

私もニーチェさんの『善悪の彼岸』を読んだことがないので、何ともコメントし難いですが、かなり際どい内容のようですね。『社会的弱者に対する同情は、人間を没落に導く』というのは私もそうだと思います。
Commented by yyuh4 at 2007-11-16 23:45
ひるちゃん、忙しくても本を読んでるのねー。
ニーチェとはすごい~とまず思いました。
そして1ヶ月かけても読みきるのがさすがだね。

書かれている中で血統重視っていうのが一番引っかかりました。
日本も昔はそうだったね、今もそうかな。

「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」は真理だと思っています。

私は今頃「半落ち」を読んでいます。面白いね。
読み終わるのがもったいないくらい。でも今夜には読み終えそうです。
後からひるっちゃんの映画の感想も読んでみます。
Commented by hiruu at 2007-11-17 15:58
のりちゃん。わたしもニーチェは初めてでした。第一冊目がこれでしたから、影響されやすい私にとっては、あんまし読まんほうがええかもなーと。
「ツァラストラ」のパロディー?どんなんなんでしょう。検索してみたけど出てきませんでした(^^;)
わかったのは、ツァラトゥストラ=ザラスシュトラでゾロアスター教の開祖だってこと。それと初期の仏教に影響を与えていること。この辺ちょっと興味がありますね。
パロディー教えてね(^^)
Commented by hiruu at 2007-11-17 16:09
kasamaさん。おひさしぶりですね!ブログは続けますよ♪ご心配ありがとうございます(^^)
たまにでもいいから文章を書かないとね。だんだん阿呆になっていくような気がしています。
年齢的にしかたないかと自分に同情(笑)。
Commented by hiruu at 2007-11-17 16:17
yyuhさん。薄い文庫本を一ヶ月もかけて読むと、通算3回くらい再読した勘定になります。
前回読んだことをすっかり忘れ、何度も同じ箇所を読む。
ふつうはいっぺん読んだ箇所なら数行読んで気づくはずだけど、20ページぐらい読んでやっと気づく。なんか損した気分~と思いつつ頭に入ってなかったんだなと納得(^^;)
諭吉先生の「人」にはひっかかりを感じてます。。。
Commented by enzian at 2007-11-18 10:26
なぜまた‥と言ってしまいそうな人ですね、ニーチェは。(^^ヾ
ニーチェの考え方は『道徳の系譜』を読んだ方がよくわかったかも
しれませんが、やめた方がいいですね。
影響力が強いです。^^

ちなみに、ぼくはニーチェさん、苦手です。
コンプレックスが見え見えで。
Commented by hiruu at 2007-11-19 00:31
enzianさん。確かに影響力強いですよね、、、わかります。
『道徳の系譜』は、読まない方がいいんですね。
なーんて言われたらよけい読みたくなっちゃうじゃないですか(^0^)!
どうしよう~。
Commented by wsls at 2007-11-19 20:53
ソ・ソ・ソクラテスもプラトンも♪
ニ・ニ・ニーチェもサルトルも♪
みんな悩んで大きくなった~♪

ウィスキーのCMで、野坂昭如が歌ってたの覚えてます?

もっとも、最後のところは、’みんな飲んで大きくなった’と宴会で歌ってましたが(^^ゞ
Commented by hiruu at 2007-11-22 00:42
wslsさん。あ、それ覚えてまーす!もう何年ぐらい前になるのかなぁ。懐かしいですね~(^^
え?みんな飲んで大きくなった?wslsさんいける口だったんだ(^^