清荒神清澄寺

1月3日の日、宝塚にある清荒神(きよしこうじん)さんへお参りに行きました。
ここは火の神様をお祀りしている お寺 です。
だいたい日本のお寺というと境内の隅のほうに小さな社があったりします。しかしここは拝殿も本堂もどちらも同じくらいの大きさで、神か仏かいったいどっちがメインなのかさっぱりわからないところです。まあそんなことはどうでもよくて、子供の頃よくここに連れてきてもらったので、とても懐かしい場所になっているのです。
b0032167_025920.jpg


お正月の間は参道も境内も通行規制される程たくさんの人で賑わいます。

b0032167_0398.jpg


参道では多くの店が出されていて、生姜煎餅や豆板、固焼き煎餅に芭蕉煎餅、そして私の大好きな こぼれ梅 が売られています。

こぼれ梅とは味醂の製造工程で出る粕で作られたお菓子なんですが、いや、というより味醂粕そのものなんです。その白くぼろぼろこぼれる様から白梅が散った風情を合わせ、そのような名前になったようです(以前載せたもの)。
子供だった私はそんな風流な名前とは知らず、こぼれんめー、こーじんさんのこぼれんめー とよんでいました。

実は母が亡くなる数年前に、昔よく来たここが懐かしくなって、久しぶりに母といっしょにお参りに来たことがあります。あのときは電車を頻繁に乗り換えるのに辟易しつつ、車窓から見える宝塚の低い山々を眺めては、子供のときもこんなだったかなと、当時の風景をすっかり忘れてしまっていることに気づいたものでした。
母は生姜煎餅と豆板が好物だったのですが、あの時は何も買わなかったことを覚えています。

この日はこぼれ梅を買って帰りましたが、ほんと言うと生姜煎餅も欲しかったのです。でもなんとなく悲しくなりそうだったのでやめました。

あの甘い豆板ならそれほどでもなかったのかもしれませんが、生姜の香りは思い出の蘇りも強そうに思えて、結局買わずに帰ってきました。
[PR]

by hiruu | 2007-01-12 00:37 | 日記 | Comments(14)

Commented by eeko2525 at 2007-01-12 00:56
★hiruuさ~ん、こんばんわ~(●^▽^●)♪
凄い人出ですねぇ~(@_@;)
これを拝見するだけで人酔いしそうな私・・・人混みが苦手なのです~(-_-;)
でも、お母様との思い出の場所・・・思い出の生姜煎餅が買えなかったhiruuさんの気持ち解るような・・・でも、買って帰ってお母様に・・・とも思いました~^^;
Commented by 和坊主 at 2007-01-12 01:10 x
清荒神は産後の方もお参りしません?
目の前に見えそうな拝殿をぐるりと遠回り
ルミナリエはここを真似したのかなと思います
お母様との思い出の味があるっていいですね
僕はちっともありません
ただ
姉の家でよばれたカレーに
懐かしい味がしたのが
母の味だったかもしれませんね
Commented by のりちゃん at 2007-01-12 07:53 x
香りに思い出が甦ることはありますね。
私は、「はったい粉」の匂いをかぐと、幼いころ、火鉢を囲んで、祖母と一緒にお餅を焼いている風景が頭に浮かびます。
でも、その思い出は、香りに色付けされているからか、多分実際のものより優しく感じたりもするんですけれど(^^ゞ
Commented by RYO at 2007-01-12 22:36 x
なんだ~ウチの近所(と言っても離れているけどね)じゃないの。荒神さん来ていたら、来てるよ~ってメールでもくれたら、お嬢様ぁ~~って飛んでいったのに。
実は…三日は香里園、えべっさん、六甲と駆け巡っておりました(苦笑)。
清荒神といえば、あのわけのわからない骨董店がありますなぁ~あそこを冷やかすのも面白いです。
Commented by toitti at 2007-01-12 23:13 x
hiruさん
ご無沙汰です。なかなか書き込みできなくって・・・

今年もよろしくです

清荒神さんよく山歩きのときに行きますが平日に行くのでそんなに人がいるときに入ったことがなくこの画像を見てびっくりしています

食べ物でお母さんのことを思い出されて私もついつい去年なくなった母のことを思い出しました
食べることの好きな母でした。私も母に似たのかもしれません笑
Commented by hiruu at 2007-01-12 23:42
eekoさん。すごい人でしょ(^^;)eekoさんも人ごみがお嫌いなんですね。実は私もだめなんですよ、、、特に繁華街なんて苦手です。でもお正月の三が日とか何かのお祭りのときは、人が大勢いてこそ好いものですよね、、、といってもたまにだから我慢できるのかなぁ。
仏壇にはこぼれ梅を供えました。歩きながらつっついてたので食べさしのを、、、(^^;)
Commented by hiruu at 2007-01-12 23:45
和坊主さん。火の神様はかまどの神様でもあるので火箸がたくさん奉られていました。でも産後の神様でもあるの?それは知らなかったです(^^;)
和坊主さんはお姉さまもいらっしゃるんですね。やはり味って代々続くのかもしれませんね♪
Commented by hiruu at 2007-01-12 23:49
のりちゃん。はったい粉ですか、懐かしいですね。昔いちどだけ食べたことがありますよ。少量のお湯で溶いて食べました。あんまし美味しくなかったな(笑)。
火鉢でお餅、きっと美味しく焼けるんでしょうね♪
Commented by hiruu at 2007-01-12 23:52
RYO君。あったあった、路地を少し入ったところにありました!外にだしてある骨董?は一通り見ましたが、店に入る気は失せました(^^;)
RYO君はお正月いろんなところに行ったみたいですね。来年は女の子連れていけ~~。
Commented by hiruu at 2007-01-13 00:00
toittiさん。こんばんはー!ほんとちょっとお久しぶりですね(^^)
あの辺りにお住まいなんですか?素敵なところですよね♪逆瀬川沿いの古い廃線になった道を昔あるいたことがあって、もう一度行ってみたいなと思っています。
toittiさんもお母様を。残念でしたね、、、ご冥福をお祈りします。私も昨年がちょうど喪中に当たっていました。もうすぐ2年がくるというのに母の服などそのままで、まだ何もさわれないって気持ちがあります。いずれ整理しないといけないんだけど、ね。
お互い悲しいこととか寂しいことで周りの状況が変化する年齢になったのですよね、、、。ううん、あとの言葉が続きません(^^;)
またtoittiさんのところへもあそびにいきますね♪こちらこそどうぞ今年もよろしくです!
Commented by シバ at 2007-01-13 00:15 x

想い出の薫りってぼくにもありますよ。
清荒神は高校受験の正月に願掛けに行きました。とても懐かしい場所です。親父の車で近くまで行き、そこから歩いたのですが、かなり歩いた記憶があります。
ぼくにとっては桜餅と御座候が想い出の薫りになることでしょう。
今日は週末。泡盛をロックで2杯。
最近酔うと涙腺ゆるむんですけど年かな~?(^-^)
Commented by hiruu at 2007-01-13 00:31
シパさん。そういえば写経をした紙が供えられている横に祈合格”を書いた絵馬がたくさんありました。ゆっくり読みながら歩きましたがシバさんもあんなふうに願掛けしたんですね(^^)
荒神さんの参道はけっこう長いですよね。お正月でにぎわっていなかったらとても長く感じたかもしれません。
桜餅と御座候に想い出があるんですね~。甘党ですな。それに呑んべえみたいだし。。。河島えいごの歌が聴こえてきそうですぜ。だいじょうぶ?(^^)
Commented by gauche3 at 2007-01-13 16:16
風情があって良さそうなお寺ですね。

> 参道では多くの店が出されていて、生姜煎餅や豆板、固焼き煎餅
> に芭蕉煎餅、そして私の大好きな こぼれ梅 が売られています。
読んでいたら・・ヨダレが出てきました(^^ゞ
参拝より参道のお店に目が無いもので・・

「こぼれ梅」とはネーミングが何ともいいですね。
東京には「関西スーパー」は無さそうだけど・・(笑)
Commented by hiruu at 2007-01-14 03:27
猿夫さん。奥の方に行くと小さい滝があるんですよ。境内の中に流れが引き入れられているんですけど、なんせ人が多くって気づきにくいんです。空いている時に来たらまた違った風情があるんだと思います。静かな荒神さんもきっと素敵だと思います(^^)

出店が好きなのは私もおんなじですよ♪こぼれ梅、いちど猿夫さんに食べてもらいたいです。

>東京には「関西スーパー」は無さそうだけど・・(笑)
あ、ほんとですね~~(^^;)