雷丘へ

夏の終わり頃奈良へいったとき、雷丘という交差点に目が留まり、そこにあった小さな丘に心が惹かれました。

近いうちにもう一度ここへ来てこの丘を駆け上がってみたい。私はこのとき子供じみた衝動に駆られました。それがつい10日ばかり前に実現することになったんです。

同行者はネットを通じてお友達になったのりちゃんです。この日の行程は秋の紅葉を兼ねてまず近鉄桜井から多武峰(とうのみね)の談山神社へ行き、そこから約5キロ程の道のりを飛鳥に抜け、石舞台を横目に最終目的地であるこの雷丘(いかづちのおか)へ上る。そして橿原神宮前駅周辺で適当な店を探して日本酒を飲むというものでした。


まずは談山神社。紅葉には少し早かったですが、緑混合も日本の風情ですね。
b0032167_0581336.jpg


この神社の祭神は藤原鎌足さんです。宝物としては鎌足公へ鎌を献上しにやって来た狐の話など、縁起が描かれた絵巻物がありました。
この日はたまたま神像の公開日であったため、幸運にもお姿を拝見することができました。
b0032167_14086.jpg
角張ったお顔してはったんですね。

鎌足さんの横には可愛いあうんちゃんが。
b0032167_144376.jpg


美しい棚田風景を眺めながらチャキチャキ歩く。

柔らかい光の中を冬野川の流れに沿って歩いていると、水と緑の豊穣を感じます。
b0032167_1123621.jpg



暮れ方の光の感じが心に入ってきました。記憶に留めておきたいと思いました。
b0032167_1163271.jpg
うらの苫屋の秋の夕暮れ、、、は海辺風景だと思ってますが、別にこんな感じでもいいかと思います。



さて目的の雷丘(いかづちのおか)。
交差点から見たときはたいした丘陵ではないと思ったのですが
b0032167_0384629.jpg


間際に立ってみるとなかなかの斜面でした。横手に迂回すると上りやすいように段差が設けられているようでしたが、私はここを駆け上るのが目的でしたので妥協はできないのです。
木の根っこが手の届きそうなところにあったので、駆け上ることはできなくともよじ登ることはできました。
b0032167_040742.jpg



b0032167_1264338.jpg

丘に顔を出したとき、目の前の枯草は子供のときの遊びを思い出させてくれました。そして丸い土の向こう側には夕日と飛鳥の風景がありました。

この丘には神話があります。これは私ごときが説明するまでもなく、のりちゃんにお願いしたいと思います。→http://www.norichan.jp/minwa/hero/ikazuchi.htm




最後に、橿原神宮駅前の居酒屋で酔っ払ってしまったことを報告しておきます。
のりちゃんありがとう。楽しかったね(^^)
[PR]

by hiruu | 2006-11-23 02:11 | 日記 | Comments(26)

Commented by のりちゃん at 2006-11-23 08:50 x
ほんっとに楽しかった(#^.^#)
雷丘からの風景は、絶景とはいえないながらも、感慨深いものがありましたね。

あ、ちなみに、狐が鎌を献上したのは、鎌足公に、じゃなくて、推古天皇に、でした。
で、それは、鎌足公誕生を知らせる瑞兆であった、と。

それにしても、ひるさんの写真、絶妙な具合で光りが入ってて、すっごく綺麗(#^.^#)
Commented by とむ at 2006-11-23 09:23 x
素晴らしい写真がならんでいますね。
奈良の風景は、神話を感じさせるような感じです。
あうんちゃんがかわいいですね。
Commented by wahou at 2006-11-23 09:35 x
ひるさん

いいな~~、のりちゃんとなんて、最高の奈良でしたね。

私も奈良に行ってみたいです。あと、今熱田神宮に行ってみたいです。
行ったことがないのですよ。

それにしても神聖な感じが漂っていますね。
Commented by eeko2525 at 2006-11-23 14:55
こんにちわ~(●^▽^●)♪
雷丘(いかづちのおか)って読むのですか?漢字だけでは読めませんねぇ~^^;
民話や神話を追い求めてのお出掛け~なんて素敵なんでしょう~♪
私なんて、何にも考えずにただぶらぶら~~~大きな違いだわ~(-_-;)
素敵な時間をお二人と共に出来た気分です。ありがとうございました~m(__)m
Commented by 風~♪ at 2006-11-23 18:24 x
ひるさん、うらやましいです~。
こんな風な出かけ方、一度して見たいと思っています。

奈良がそんなに遠くないところに住んでいると言うのも羨ましいなぁ。。。

そういえばひるさんも日本酒党でしたね^^ 同じ同じ^^
いい一日でしたね。
Commented by RYO at 2006-11-23 21:06 x
奈良にもちょくちょく顔を出すこともあります。今年は正倉院展にはいけなかったけどね(^^;;。いかづちの丘…(変換不可能)かぁ…藤原鎌足?何かありそうやね。4枚目と7枚目の画像いい出来です。花◎!
良いとこ行ってきたね。
Commented by kasama at 2006-11-24 01:02 x
今回は奈良にお出掛けですか、紅葉もこれからが見頃ですね。
へぇ~談山神社には、鎌足公が祭られているのですね。知りませんでしたφ( ̄_ ̄;) うーん
あっ最後の写真が素敵ですね(^_^)
Commented by へー at 2006-11-24 13:09 x
奈良はいいねぇ。
古くて。
なんか、いろんなものが、
本当はいるような気がして
好きです。
神像を拝見できて、らっきーだったね。
Commented at 2006-11-24 20:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gauche3 at 2006-11-25 21:49
確かに駆け上がるというより・・よじ登るですね・・(笑)
こんな景色の中で一日過ごした後にお酒っていうのも羨ましいなぁ(^^♪
Commented by hiruu at 2006-11-26 00:57
のりちゃん。たくさんおしゃべりできた1日でしたね~♪あのお店また行きたいね(^^)
雨天順延日に予定していた20日のね、朝のテレビで談山神社が写ってたんですよ。パパがここちゃうんか、と教えてくれて、しばらくいっしょに見てました(^^)
あ、鎌足さんじゃなくて推古天皇でしたか、、、(^^;)/
Commented by hiruu at 2006-11-26 01:00
とむさん。奈良は柿の実がよく似合うなって思います。なんでかな~?いろんな季節に行ってるのにね。
あうんちゃんね、頭に角がはえてるのとはえてないのがあって、どっちかが女の子みたいです。でも私達が見る限りどっちも♂だったんですよ。
ね、のりちゃん(^^)
Commented by hiruu at 2006-11-26 01:02
wahouさん。うん、ほんとさいこーの1日でした(^^)
今熱田神宮?どこにあるのかな~??また教えてくださいね。できればお供していっしょに行きたいです♪
Commented by hiruu at 2006-11-26 01:06
eekoさん。わたしも最初は何も考えずに行くんですよ(^^)あとになってああそうだったのか、もっと勉強してからいくんだったなと思うんですが、何も知らずに行く方が素直に対象をみれていいかもしれないと最近思うようになりました。
四国も古い伝承が残ってますよね♪これも何も知らずに行って得た知識でありまして、だからこそ今になって思いでがふくらんでいるのかもしれません。愛媛もっぺんいきたいです!
Commented by hiruu at 2006-11-26 01:09
風さん。おっと、風さんも日本酒党でしたか♪うれしーなー、いつか機会会ったら飲み食いしましょうね♪私はおちょこ1杯で膿が出そうなくらいパンパンに顔が浮腫んでしまうのですが。
Commented by hiruu at 2006-11-26 01:11
RYO君。花○をありがとー!(^0^)逆光でとった下手くそ写真でもいい味がでてるかな?
いかづち”では変換不可能だけど、いかずち”だと可能でした。私はかみなり”で変換してます(^^;)
Commented by hiruu at 2006-11-26 01:16
kasamaさん。雷丘に行かれたら子供さんがきっと喜ぶだろうと思います。
何にもなくて誰もいないので、基地とか作れそうな感じでした。実を言うと私も掘ってみたかったのですが、、、。
あ、一応名所になってるから怒られるかな(^^;)
Commented by hiruu at 2006-11-26 01:18
へー。人間の目には見えないいろんなものが、ほんとはいるんだろうね。
そんなのを感じられるときっていつかくるんだろうか?と思います。
鎌足さんは男前でもなんでもなかったよ(^^)
Commented by hiruu at 2006-11-26 01:22
鍵コメさん。パソコンはちょっとした操作ミスで思わぬ結果を招きますよね(^^;)わたしの本サイトはこのページ右側の一番下、ほかのブログのところにリンク貼ってます。‘徒然のページにも来てね’のところですが、とりあえずメールしますね。
Commented by hiruu at 2006-11-26 01:27
猿夫さん。そーなんです、横に金網があったので少し安心でした。落ちても金網と柔らかい土の間に挟まるんだろなって(^^;)
Commented by シバ at 2006-11-26 23:19 x
紅葉とのどかな風景、そしてひるさんの体を張った写真楽しませていただきました。橿原神宮前ヘペレケ日記はないのでしょうか?(笑)
Commented by のりちゃん at 2006-11-28 23:09 x
ども!
そう、確かに、下調べする旅行の楽しさと、何も調べずに発見する旅行の楽しさとがあります。
ただ、下調べする旅行は、
「地元の人と話しが弾む」
という場合があるんですよ。例えば、
「この丘は雷が落ちたんですよね」
ということをポロリと言うだけで、
「そうそう、そんでな・・・」
と話しが広がることも(笑)
でも、何も知らずに行って、発見ばっかりの旅行・・ってのも楽しい(#^.^#)
なんにせよ、旅は楽しいですよね!!

熱田神宮は、八俣の大蛇の首から出てきたという、「草薙の剣」が祀られた神社ですが、実際参拝してみると、地元に随分密着した神社みたいでした>ひるさん、wahouさん
Commented by 和坊主 at 2006-11-29 04:52 x
hiruuさんの写真はわかり易いなぁ
見たいものがしっかりしてて
見せたいものがちゃんと写せてるんです
今度一遍・・・
へべれけに!
Commented by hiruu at 2006-11-29 19:39
シバさん。レスが遅くなってすみません。実はヘベレケの意味がわからず調べておりました(笑)。
“へべれけ”とは、ひどく酒に酔って正体を失うさま だそうです。たぶんそのようなものだろなーと思ってましたが、最近何ごとにも自信が持てなくなってきてね。へへへ(^^;)
私はへべれけになる前に吐いていると思います・・・。
忘年会のシーズンですね(^^)
Commented by hiruu at 2006-11-29 19:45
のりちゃん。地元のおじいちゃんと話しましたね~~(^^)
あの柑橘のザボンらしき実を見て、
「このおっきい実は何なんでしょうか?」
「ミカンやがな」
「えー!」

懐かしいな~。からかわれるのもあと数年かな、なんて思いますが、、、(^^;)
人との触れ合いって一番良い思いでになりますよね♪
熱田神宮、わたしも調べてみますね。どんなところかなー。
Commented by hiruu at 2006-11-29 19:53
和坊主さん。お褒めいただきありがとうございます(^^)/
写真は枠内におさめなければいけないので少し残念さがありますね。この雰囲気!といったものがうまくおさまらないと、もういいや、と撮るのをやめてしまうことだってあります。自分の頭んなかに残ったらいいんやけどね(^^;)
へべれけ♪
いつか王将の餃子といいながらそのままになってしまいましたよね。食べ比べしたいんだけどな。ろくに飲めない私だけど食い意地は張ってます。