伽耶院(ひとつの謎解き)

えーと、ちとあいだがあきましたが、下のステップを踏む陽気なおじさんの後ろにある小さな社、こちらは 三坂社 といいます。山の鎮守の神様の三坂大明神をお祀りしています。

他所からとってきた情報ですが、この三坂社は屋根の辺りに特徴がありまして、まず屋根は三間社流造こけら葺。それと屋根側面のすぐ下のところは懸魚(げぎょ)といわれるものが下がっております。

懸魚と聞くととても懐かしく思い出すことがあります。あれは数年前に愛媛の内子にいったときのこと。内子といえば江戸後期に和紙と木蝋で栄えた地域なんですが、今でも当時の邸宅群が残り、どの建物にもこの懸魚が施されておりました。

この内子の懸魚は、鏝(こて)で漆喰を塗り固めたもので、とても豪勢なものです。これに対して伽耶院三坂社の方は、私の目には木の細工を施したようにしか見えませんでした。

懸魚にはもともとお呪いの意味が込められていたのでしょうが、時代が下ることで ‘かっこええー’ となり、次第に家の富を競う飾りに変わっていったのでしょうね。

と、ちょっとしたところに昔の流行を想像してみたり。ほげほげ。


そして写真ではわかりませんが、軒下の部分を正面から見ると虹梁(こうりょう)といわれるアーチ形の梁、蟇股(かえるまた)といわれるヒキガエルの股ぐら形組物彫刻という特徴があります。

ま、そんなことはどうであれ、屋根の曲線がきれいだなーと思ったのでした。
b0032167_23343348.jpg


いちおう本堂も。杉が立派。
b0032167_2335539.jpg


本堂の中では‘どろぼうさんが来られるので・・・’と書かれた張り紙がしてありまして、疑ってわるいなーという感じで申し訳なさそうな監視カメラが設置されておりました。もちろん人の姿はなく、薄暗い所におもわず欲しくなってしまうようなにゃんこのおみくじとか、他にもいろんな種類のお守りとかがどっさり置かれておりました。

お寺の伽藍には他に工事中のものがありまして、あいにくと見ることができなかった行者堂に上がる階段の下に、テレビ局の撮影らしい車がとまっておりました。
なにげに眺めていると、一番下のスレッドの ‘よくわかならい建物の中で挨拶をしてくれた男の人’ が車の所に居てはりまして、ここであの男の人が寺院関係者でなかったことが判明したのです。つまり謎が少し解けたわけですね。

あのよくわからない建物内に蛍光灯がついていたり座布団が散らかっていたり、またミニ冷蔵庫があったりしたのは、おそらくテレビ局の人達の控え室として開けられていたのでしょうね。

ということは、あの男の人は、なぜあの時私に挨拶をしたのでしょうか。
おそらく、私のことを庫裏で飯炊きでもしてるおばちゃんと思ったか。冷蔵庫にジュースでも入れに来てくれたと思ったか。
たぶん、お寺の掃除や雑用などをしてるおばちゃんと勘違いしたのではないかと、思うのです。

渇!
b0032167_23562921.jpg

[PR]

by hiruu | 2006-10-25 00:38 | 日記