伽耶院(変わったもの)

通りがかりになんの気無しにちょっと立ち寄ったお寺、それが後になってこんなにいろいろ検索することになろうとは私自身思ってもいませんでした。

寺の縁起をちょいと調べると建立者の法道仙人さんとはどのようなお人であったのか、とか宗派の修験宗って何?とか気になることがたくさん出てきました。

お寺の縁起は大化元年だそうであまりにも古すぎます。
だから、私のような歴史に疎いものが何を調べたところで勝手な妄想をほげほげするだけです。

したがって、あの断層の影になった蛍の川に毘沙門天さんがヌボーと登場し、飛び交う蛍の赤い光を背後にして

「ココニテラタチャー!」

(ここにお寺を建てなさい) なんて言いはったんだな、と想像するだけで調べものは中断することにしました。


さて、不明のお寺は縁起のみでなくいろんな面で変わったところがあるようです。

まず拝観料。
b0032167_22545550.jpg
修験宗でいうところの修験道とは!ああ、労働を伴う苦行なんか、と少し解ったように思いました。

大自然は神じゃ!その顕現は仏じゃ!ここは修行の場じゃ!

毎年体育の日には各地から山伏が集り、全山に法螺の音が鳴り響くそうです。


次にこんなん。もう腰が重くってさ。
b0032167_2381798.jpg


このすぐ側にあるのが臼稲荷社。こちらは水田の水留めに使っていた石臼を白衣の老人に化けた狐が取り除いたところ、干上がった田に水が行き渡ったという謂れがあるそうで、以後石臼を奉納するようになったそうです。
b0032167_1184824.jpg

この微妙な積まれ具合、、、ぴゅっと飛び出して木にくい込んだのかもしれません。ゲゲゲの鬼太郎でもいるんじゃ。


そして極めつけはステップを踏む陽気なおじさん。
b0032167_1193911.jpg

下のスレッドではカメラのシャッターをお願いしました。
そして、このおじさんの左にあるのが重文の本堂。そして背後にあるのが同じく重文で鎮守の神様をお祀りしてある三坂社です。
[PR]

by hiruu | 2006-10-19 01:48 | 日記 | Comments(12)

Commented by eeko2525 at 2006-10-19 09:28
おはようございま~す(●^▽^●)♪
★hiruuさんは~珍しいもん探しの名人?音字場所に行っても私なら見逃してしまいそうな所に目を・・・流石です~m(__)m
スキップの男性はお寺の方ではなさそうだけど~観光で??
Commented by RYO at 2006-10-19 18:23 x
水木先生でも呼んで来て妖怪センサーしてもらいますか(藁)?
ま、冗談はともかく…
樹に石がのめり込んでいる画像は、どうみても日本不思議大賞でしょう(藁)。どうやったら、のけられるのだろうかと思案してみる。
あぁ~俺のブログでもまだ北海道篇が終わらないぃ~~頭カキカキ(藁)。
Commented by シバ at 2006-10-19 23:14 x
リモコン下駄ならぬリモコン臼?
この木への臼のめりこみ方、すごいですね。いったいどうやって?
根元においてあった臼を長年にわたって木の根っこがもちあげたとか?
Commented by kasama at 2006-10-19 23:38 x
w(゜ー゜;)wワオッ!! どれもビックリ写真ですね。
入山料が『草引き10本』とは面白いですね。ひるさんは、この入山料を支払いましたかヽ(^ー^)ノ フッ・・・(笑)
Commented by hiruu at 2006-10-21 00:42
eekoさん。こんばんは(^^)このお寺には他にもめずらしいものがたくさんあるみたいです。私も帰ってきてから調べてみて初めて知ったことがありました。ちゃんと調べてから行くべきなのか、それともふらっと立ち寄って、後からもういっかい訪問する楽しみを持つ方がいいのか、どっちなんでしょうね?まあどっちでも楽しいからいいですよね♪
Commented by hiruu at 2006-10-21 00:45
RYO君。ほんと、木に結わえつけた針金がめり込んだかわいそうなのはよく山で見かけますが、こういうのってあまりないですよね。それに、木がすこしも傷んでいないってのも不思議です。誰かが引っこ抜いたり乗っかったりした後がないもんね(^^;)
Commented by hiruu at 2006-10-21 00:48
シパさん。シャッシャッシャッシャッ!と音たててめり込んでいったのでしょうかね?(笑)。できれば夢のある方を採りたい(^^)
Commented by hiruu at 2006-10-21 00:51
kasamaさん。フッフッフッ、草引きね。実はしようと思って足元みたんだけど、苔のようなのがちょろっとあったぐらいで‘草’というのは生えてなかったんですよ(^^;)きっと訪れるみなさんが引っこ抜いてなくなっちゃったんでしょうね。
Commented by gauche3 at 2006-10-21 23:47
粋な入山料ですね~。
それにしても、なんとも不思議な空間を醸し出しているお寺ですね。
実は住職がワンコとか・・
僕的にはかなり好きなんですが・・(^^ゞ
Commented by hiruu at 2006-10-22 00:52
猿夫さん。たしかに、味のあるお寺です(^^)
住職があのワンコだったらおもろいやろなぁぁ~。
私的にもそういうのかなり好きですよ・・(^^*
Commented by しるえっと at 2006-10-22 01:02 x
ナイスシャッターは素敵です
自分も神社とか昔から縁のある場所は好きです
いったいどれだけの人が訪れたんだろうかなんて
瞑想にふけったりします
でもなんだかんだ癒されるのは確かなんですよね
Commented by hiruu at 2006-10-22 18:50
しるえっとさん。なんか変だな。しるえっと君。うーん。
たくさんの人が訪れて、長い年月にわたって大事にされてきたんだなと、ここにはそんな雰囲気がありました。
木にくい込んだ臼にしても、簡単に足を引っ掛けられる位置にあるのに乗られたり引っ張られたりしていないんですよね。この地域の子供達は、「そんなことしたら罰があたるぞ」なんて言われて育ったのかしらね。私もそんな瞑想にふけったりしましたよ(^^)