伽耶院(建物)

お寺といえば最初に本堂や塔に目がいくものかもしれませんが、最初に立ち入ってみたのがこんな建物でした(私の履物と私が見えますでしょうか)。
b0032167_2028366.jpg



最初この建物の前に立ったとき、中年の男の人達が出たり入ったりしていました。どう見ても寺院関係の人とは思えず、トイレが中にあって参拝の人が借りているんだろうと思い、それなら勝手に入って見学してもかまわないだろうと、玄関から右手の縁側をぐるっとまわって奥へ入ってみました。

縁側の奥にはおトイレなんぞどこにもなくて、ガラクタの置いてある行き止まりになっていました。さきほど私より先に入って奥へいった男の人も、どこへ行ったものやらいなくなっていました。おかしいなと思いながらも気にしないことにして、二間続きの広い和室を覗いてみたりしました。

和室は昼間だというのに蛍光灯が点いていて、小型冷蔵庫があったり座布団が散らかっていたりと、今しがたまで誰か居たような気配がありました。

勝手に入ってきたけどほんとにここにいていいのかな、と少し心配になり、玄関に戻るとまたひとり男の人が入ってきました。

一瞬立ち止まってにこやかにこちらを見たので、おもわず 「こんにちは」 と言うと 「こんにちは」 と挨拶が返ってきました。やはり寺院関係の人だったようです。べつに変な顔もされなかったので勝手に見学に入ってもよかったんだなと思い、もうしばらくここにいることにしました。



ここで見つけたちょっと素敵な空間が下の写真です。白い紐は洗濯でも干すのでしょうか。
b0032167_20404227.jpg


この建物のちょうど裏側、道を隔てたところに細い川が流れています。夏には蛍が乱舞するそうで、そして川向こうは層のある断崖(柱状節理といわれるそうです)になっています。

綺麗な水と静けさのなか、木枠に嵌められたガラス窓に昭和チックを感じながらしばらく座っていましたが、この建物が乗っかっている場所に少し興味を覚えました。

普通こういった建物は縁側の下から基礎が覗けるものですが、床下を覗こうとしてもほとんど隙間がなく何も見ることができません。いったいどうやって建っているんだか、岩盤の上にただ乗っかっているようで、地震でもきたらぐらぐらするんじゃあ、と思いました。

昔、温泉旅館の遊技場にビックリハウスなんてのがありましたが、それはそれでおもしろいかもしれません。

b0032167_2165141.jpg

ほげっ。
[PR]

by hiruu | 2006-10-14 21:28 | 日記 | Comments(20)

Commented by やまただ at 2006-10-15 06:51 x
ここの縁側でお昼寝してみたいです・・・
Commented at 2006-10-15 15:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by agatha-kobe at 2006-10-15 21:35
お寺でなくてもこういう廊下がありましたね。懐かしいです。
欄間の飾りを夏用、冬用と変えたり、障子や襖が季節によって変えられたり、季節を上手に家の中に取り入れたたてもののようです。
こういう雰囲気のお家がありましたね。凄く気持ちがいいと感じています。
Commented by とむ at 2006-10-15 23:47 x
あらー、素適な眺めじゃないですか。
こんなところでのんびりすごしてみたいものです。
伽耶院というのは三木市にあるんですね。
Commented by 和坊主 at 2006-10-16 03:09 x
先日は三木市を越え
口吉川まで」芝刈りに行ってました
・・・で
そのおじさんは何方?やったん
Commented by coeurdefleur at 2006-10-16 06:27
お、黒くなっています。
違うお家に来ちゃったのかと思った(笑)

古い日本家屋っていいですね。
縁が高くて涼しくて、室内から庭へと自然につながるような。
Commented by RYO at 2006-10-16 08:49 x
ほ~なんだか落ち着くなぁ~~
こういった家もなくなってきているし、貴重だなぁ~
うん、お茶でも飲みますか。
あの人と一緒に……
ってなぁ~~だれなんだ?一体?
Commented by シバ at 2006-10-16 23:01 x
2枚目の廊下の写真とても気に入りました。親戚のおばさんちにこんな廊下がありました。懐かしいです。ちなみに右手の小路あたりには牛舎がありました。25年前のことです。
Commented by hiruu at 2006-10-17 00:09
やまたださん。こういう木ってのはええもんですよね。わたしもいちどでいいから昼寝してみたいです。猫もいたりしてね(^^)
Commented by hiruu at 2006-10-17 00:11
鍵コメさん。さっそく池上梅園の茶室を検索してみました。ここには2つの茶室があったようですね。機会があったら連れてってくださいな(^^)
Commented by hiruu at 2006-10-17 00:14
agathaさん。昔の日本の家はけっこう贅沢でしたよね。季節ごとに取り替えた襖などをしまって置く納戸もあったし、、、。今の土地事情では田舎にでも行かないと無理なんでしょうか。ほんと日本の文化が廃れますね。
Commented by hiruu at 2006-10-17 00:17
とむさん。例の感覚に陥るには最適の空間だったと思います。もっと時間をかけてゆっくりしたかったです。紅葉の頃もいいようですよ。神戸方面におこしのときは是非!場所確認しときます(^^)
Commented by hiruu at 2006-10-17 00:19
和坊主さん。え、爺は芝刈りに?では婆は洗濯に、、、って違うやん(^^;)
いったい何しにいったのかな~?(笑)
そのおじさんはね、結局お寺の方ではなかったんですよね。このお話は明日書きますね♪
Commented by hiruu at 2006-10-17 00:22
柊さん。はい、黒くしてみました。私としてはちょっとめづらしいのです(^^;)
>室内から庭へと自然につながるような
これが日本家屋の良いところなんでしょうね。自然の受け入れ方の違い、という話を何かで読んだような(もしかして柊さんのとこだったかな?)覚えがあります。
Commented by hiruu at 2006-10-17 00:25
RYO君。こういうところは一人のほうがいいのよ(^^)
Commented by hiruu at 2006-10-17 00:29
シバさん。私の遠縁の家はトイレの横に牛がおりました。おトイレはもちろん外で汲み取り式。
いま思えば懐かしいです。ああ、あの香ばしい匂い。。。
Commented by eeko2525 at 2006-10-17 10:53
こんにちわ~(●^▽^●)♪
こう言うお家が私の田舎に行くと未だ残っています。
お友達のお家なんて、私が一人で入ると迷うのです。
だって、我が家なんて入ったら裏が筒抜けの生活だったから・・・
でも、こんなお家を管理されてる方って凄いと思いますよねぇ~~~
私は絶対出来無いからやると言われても要らないです。
偶に行くだけで良いわ~~~(;^_^A

ところで、★hiruuさんご本人が写ってるってことは~このお写真はいったい何方が??
Commented by hiruu at 2006-10-18 08:42
eekoさん。おはようございます♪めづらしく朝カキコでございます。
eekoさんの田舎にはこんなお家がたくさん残ってるのですか、いいな。お友達がいらっしゃったらちょっと探検さしてね~、なんて遊びに行ける(笑)。
裏が筒抜けのお家は風通しがたぶん良いだろうから、お掃除なんてしなくっても風が吹いたらザザザーとホコリもゴミも。そんなことないか、、、(^^;)
えーと、この写真、誰がとったかまたあとで書きますね!
Commented by kasama at 2006-10-18 23:04 x
お庭と建物がステキですね。親戚の古い家に似たような光景があります。そこも、お庭の草木と廊下がうまく調和しています。
『伽耶院』ですね。兵庫県に行く機会がありましたら、是非訪れてみたいです(^_^)
Commented by hiruu at 2006-10-19 01:53
kasamaさん。調べれば調べるほど味のあるお寺です(^^)わたしも是非もう一度訪れてみたいと思っています。
kasamaさんのご親戚のお家にもこれと似た光景があるんですね。日本人の心の風景なのかもしれませんね。。。