伽耶院(建物)

お寺といえば最初に本堂や塔に目がいくものかもしれませんが、最初に立ち入ってみたのがこんな建物でした(私の履物と私が見えますでしょうか)。
b0032167_2028366.jpg



最初この建物の前に立ったとき、中年の男の人達が出たり入ったりしていました。どう見ても寺院関係の人とは思えず、トイレが中にあって参拝の人が借りているんだろうと思い、それなら勝手に入って見学してもかまわないだろうと、玄関から右手の縁側をぐるっとまわって奥へ入ってみました。

縁側の奥にはおトイレなんぞどこにもなくて、ガラクタの置いてある行き止まりになっていました。さきほど私より先に入って奥へいった男の人も、どこへ行ったものやらいなくなっていました。おかしいなと思いながらも気にしないことにして、二間続きの広い和室を覗いてみたりしました。

和室は昼間だというのに蛍光灯が点いていて、小型冷蔵庫があったり座布団が散らかっていたりと、今しがたまで誰か居たような気配がありました。

勝手に入ってきたけどほんとにここにいていいのかな、と少し心配になり、玄関に戻るとまたひとり男の人が入ってきました。

一瞬立ち止まってにこやかにこちらを見たので、おもわず 「こんにちは」 と言うと 「こんにちは」 と挨拶が返ってきました。やはり寺院関係の人だったようです。べつに変な顔もされなかったので勝手に見学に入ってもよかったんだなと思い、もうしばらくここにいることにしました。



ここで見つけたちょっと素敵な空間が下の写真です。白い紐は洗濯でも干すのでしょうか。
b0032167_20404227.jpg


この建物のちょうど裏側、道を隔てたところに細い川が流れています。夏には蛍が乱舞するそうで、そして川向こうは層のある断崖(柱状節理といわれるそうです)になっています。

綺麗な水と静けさのなか、木枠に嵌められたガラス窓に昭和チックを感じながらしばらく座っていましたが、この建物が乗っかっている場所に少し興味を覚えました。

普通こういった建物は縁側の下から基礎が覗けるものですが、床下を覗こうとしてもほとんど隙間がなく何も見ることができません。いったいどうやって建っているんだか、岩盤の上にただ乗っかっているようで、地震でもきたらぐらぐらするんじゃあ、と思いました。

昔、温泉旅館の遊技場にビックリハウスなんてのがありましたが、それはそれでおもしろいかもしれません。

b0032167_2165141.jpg

ほげっ。
[PR]

by hiruu | 2006-10-14 21:28 | 日記