「街角メモリーズ」

大阪は中崎町、再び行ってまいりました。
目的は とむさん の個展を見るためです。
前回は5月末のまだ日の高いうちに訪問しましたが、今回は仕事の関係もあって夕暮れ時間となりました。

梅田から芸術劇場方向に歩くと人ごみは思ったほどでなく、MBSやロフトの青いネオンの道まで来るとすっかり自由な心持でふわふわしてきました。
ほんとなら全くの方向音痴で街風景など楽しむ余裕なんてないのですが、仕事を含めすでに何度目かの大阪ということもあり、すっかり落ち着いてしまったのだと思います。

この辺りは高層建物に囲まれた狭い道が入りくんでいます。それでも圧迫感はなく、むしろ大きなものに守られているような気さえします。芸術劇場の立派な建物を何度も振り返り、そしてMBSビル一階の落ち着いた喫茶室を茶色のガラス越しに外から眺めていると、すっかり悦にひたった気分になってしまいました。

さて新御堂筋を渡り、そして高架をくぐると中崎町に入ります。

現実の世界から □□ο~ の世界へ。
ドラえもんのどこでもドアーはこの現実の世界にもあるんですよね。それは透明で目には見えないんですが、なんとなく、ああここに何かがあるみたいだぞとわかるんです。すぐそこで気づくこともありますが、後になってからもしかしてあれかな、とわかることもあります。
ドアーは信号機であったり、渡り廊下であったり、在る時間帯の光の入り具合が必要な校舎の階段だったりします。

ここ中崎へのドアーは、高架下の落書きと数台の違法駐車だったのかもしれません。なぜかというと、いまとても、昨日のあの小さい景色が懐かしいからです。

そして中崎へ来たという確認は郵便局の赤いポストが目印になっています。それがどうしたわけか、昨日は側の猫はん堂はすぐに見つかったのに、郵便局には全く気づかなかったんですよね。あとで郵便局が気になって少し探してみたのですが、結局確認せずじまいでした。
前回とは違う方向から来たせいなのか、安心できる地図を手に持っていたせいなのかよくわかりませんが、それでもR-Cafeさんには迷わずに着くことができました。




店内にはとむさんの優しい絵が飾られ、外のお花畑は夜になっていました。
b0032167_031926.jpg

b0032167_23473725.jpg

私が□□ο~としたのはいうまでもありません。

※□□ο~には何がはいるでしょうか。




とむさんの個展は本日19:30までです。。。
詳細はとむさんのホームページ「情緒草」 http://www.geocities.jp/jouchogusa/
場所はR-Cafeさんhttp://rcafe.littlestar.jp/



こちらはR-Cafeさんの階段
b0032167_0352165.jpg

[PR]

by hiruu | 2006-09-30 00:12 | 日記