狂心の渠(遺構)

酒船石のある竹林を下ったら、たぶんこの遺構があるんだと思う。
b0032167_2346195.jpg


車をその辺りにほおっておいて、万葉資料館の前をタタタと横切りここへ来たら、なんとここでも拝観料が。財布をもたずに走ってきたので いっぺん車に戻るか、と思ったけど垣根越しに覗いたら十分に見えた。金は払わずこちらから。

なんで狂心の渠(たぶれこころのみぞ)というのかは、造られた当時からすでに意味不明の造ブツだったからのようです。

私だったらこの亀さん型にお湯いれてお風呂入ったなと思う。斉明天皇だって水浴びぐらいしとってほしい。
[PR]

by hiruu | 2006-09-23 23:49 | 日記