酒船石と遺構

石舞台から山間の道を少し走ったところに 「酒船石」 の立て看板を見つけました。車を道端に停めてもらい、そこにパパと婆を残して自分だけ見に行きました。

林道を駆け下りると小さな果樹園がありました。採取しやすいように低木に育てられているのでしょうか。実っているのが蜜柑か柿かよくわからないまま歩みを遅めていると、こんもりした竹林がありました。

竹林に入って1歩進むともう酒船石は在るんです。
b0032167_1795865.jpg


以前柳生の天乃石立神社に行ったときもそうでしたが、薄い仕切りを越えたところに違った世界があるようで、あのときは横に茶畑がありましたが、ここはよくわからない果樹園でした。


b0032167_17153832.jpg


石を上から見下ろしたところです。全体を一枚に収めることはできませんでしたが、溝の先の丸いところには‘ちくりんの酒’もしくは‘よくわからない果実酒’と銘のある酒が溜まっておりました(←冗談です)。

b0032167_17172150.jpg


この竹林を下ったところにあの亀型石の遺構があるはずなんですが、ここはいったん車に戻り万葉資料館の方へ移動することにしました。

次回は狂心の渠(たぶれこころのみぞ)へ
[PR]

by hiruu | 2006-09-16 17:57 | 日記 | Comments(10)

Commented by シバ at 2006-09-16 18:19 x
(^O^)(^O^)(^O^)ひるさんのコメントにはまいりました!
ちくりんの酒、こっそり飲みに行ってやろうと思ったらウソですかぁ?
まあ居ながらにして古代飛鳥めぐりした気分になったし、この3連休はごろ寝させていただきます(^O^)
Commented by eeko2525 at 2006-09-16 22:41
こんばんわ~(●^▽^●)♪
古代の遺跡巡り・・・ちょっと違う世界へ足を踏み入れ・・・夢見る夢子・・・そんな時間も良いですねぇ~♪
お勤めの方達には台風がチョット気になる三連休でしょうが、年中連休の私メは~~今日も大したことせず終わりましたぁ~(-_-;)
台風少しコース外れたのでしょうか??
Commented by 和坊主 at 2006-09-18 23:56 x
hiruuさんお久しぶり!
「酒船石」へは小学生の頃に歴史好きな叔父に
連れていかれたことがあります
石舞台も景色が今とは随分違ってて
その時の記念写真を見ると
こんなことしていいの?ってくらい自由でした
布引の山道も今は殆ど川沿いは金網が張られてますが
昔は何処からでも川原へ下りれました
いたずらっ子が川に落ちたからと
世間様へ補償を求めるような事もなく
その頃はのんびりしてましたよね
Commented by へー at 2006-09-20 15:16 x
「三つ目がとおる」を思い出しちゃった。

この辺は、ちょっと怖いね。
いろんな意味で。
Commented by hiruu at 2006-09-22 00:08
みなさま返事がおそくなってしまい、ほんとすみません!
シバさん。ちくりんの酒、いつかどこかで飲みましょうよね。年内にもっぺんいかが(笑)。
Commented by hiruu at 2006-09-22 00:11
eekoさん。台風コース外れてよかったですよね。でもまともに被害受けた方はお気の毒さまでした、、、。
古代の遺跡巡りはロマンチックだけど、愛媛の和菓子巡りも魅力的だな(^^)
Commented by hiruu at 2006-09-22 00:13
和坊主さん。石舞台、昔は上の乗っかれたんですよね。その頃に行きたかったです。。。
布引の道は私が子供のときすでに金網が張られていたように思うんですが、どっからでも下りれたんですか!それは知らなかったです。
Commented by hiruu at 2006-09-22 00:14
へー。三つ目がとおる、手塚治虫さんだったよね。
この辺りは怨霊がたくさんいるんだろうね。。。私には見えないけど(^^;)
Commented by こじろう at 2006-09-22 22:07 x
すごいなぁ。きれいですね。癒されそう~~
僕は先週一休寺にいってました。明石は散歩すると来ないからフラストレーションがたまるたまる・・・
Commented by hiruu at 2006-09-23 23:32
こじろうさん。おひさしぶりー!一休寺へ行かれたんですね♪あの辺りはほんと、一休寺しかないでしょ(笑)。こじんまりしたいいお寺ですよね。
私は今日明石の県立道場にいたんですよ(^^)