雷と亀石

平らな道を車で走っていると、ところどころに丘といったら良いような小さな山があります。こういうのが奈良の特徴かな?と思ったりするのですが、まるで神々がすごろくのサイコロをコップに入れてそこへぽこっとかぶせたような、そんな感じなのです。


亀石へ行く途中にもかなり小ぶりですがそんな感じの丘がありました。
雷(いかずち)という名の交差点の所だったので、きっと‘いかずちの丘’なんていうんでしょうね。
昔は雷さんがよく落ちたのでしょうか。
b0032167_20175594.jpg


実を言うと、最初にここを通ったとき 車を停めて と言えずに行き過ぎてしまったのです。なんとなく後ろ髪を引かれるような気がしていましたが、亀石を見た後少し道に迷ったせいでまた同じ道を通ることができました。
ちょうど信号が赤に変わったので、フロントガラス越しでしたが写真に収めることができました。

自分ひとりだったら、たたたと丘を駆け上がって深呼吸を一回してわーっと下りてきただろうな、とまだ少し後ろ髪を引かれているのですが、なぜかここには近いうちにもう一度来るんじゃないか、なんて気もしているんです。亀石の力を受けてしまったのかもしれません。


亀石はあまりにも有名なので、きっと‘誰もこの位置から撮ったりしない写真’を載せます。

b0032167_20365677.jpg

亀さんのお尻です。
[PR]

by hiruu | 2006-09-06 20:43 | 日記