食育ということと風土。

日米クリスマス事情+α
ニューヨークで勉強を続けているネットフレンドが、ブログにこんなことを書いていた。

『冬の日本は久しぶりです。
日本は街の空気にしても食卓の献立にしても季節を感じられるところがいいなぁと思います。・・・・・・・・(中略)・・・・・・・・筍で春を感じ、西瓜で夏だなぁと思い、柿や栗でおぉもう秋かと思い、冬至に南瓜を食べて冬に備え、みたいなのってすごく好き。
アメリカって食卓で季節を感じることってないのではないかしら?
せいぜい特別な日にはターキー(七面鳥)、とか。なんか情緒がなくて淋しいです。
アメリカの教育に必要なのは食育と道徳。
そしたらもうちょっと心穏やかな礼儀正しい人が育つんではないだろうか、と地下鉄にて思ふ。


私はこの“食育”という言葉にしばらく感じ入ってしまいました。それで今日の日記はこれ!と(^^)

日本という風土に生まれたことの幸せ。
春のやわらかさ、夏の躍動感、秋の落ち着きともの悲しさ、冬の厳しさ。こんな簡易な言葉じゃとても表現できない風土というもの。
太陽や風によってつくりあげられる、温度、湿度、植物の様々な色彩、地中の虫や小動物の動き。また環境に左右されやすい人の感情、というもの。

もちろんどこの国にもそれぞれの風土があって、長い年月の間に育まれた素晴らしいものがあるんだろうけど、独自の風土によって人間性の違いが見られるというのはおおいに認めたいと思う。

“食育”この言葉に、風土が作り出す季節ごとの野菜や、その野菜を使った季節料理や、また寒い日には家族で鍋を囲む、という一家団欒の、つまり人間的な交流が喚起されるんだよね。
[PR]

by hiruu | 2004-10-15 01:32 | 日記 | Comments(10)

Commented by aymkw at 2004-10-15 02:32
おぉ!トラックバックってこういうことか!!

日々の暮らしに自然と融和しているものの中に素晴らしい文化が存在していたりするんだな、なんてときに思います。毎日の食事はその一つ。
私は特に食いしん坊なのかもしれないけど、多くのアメリカ人には食を楽しもうという気迫が欠けているような気がするのですよ。

「夜はポップコーンだけ」
(↑60代半ばのおじいさんなのですが、彼はそれをヘルシーフードだと豪語するんですよ)
「食事はプレッツェルかポテトチップス、或いはピーナツバター(塗るのではなく主菜になってる)」
(↑彼女は料理して匂いが出たり調理器具が汚れるのがいやらしい)
などなど。人生の楽しみが半減しないのかしら?

最近は日本でも外食・個食が広まりつつあるのかな。
なんだか寂しい気がします。

私は食生活が偏ってくると、ちょっと心がトゲトゲしてくるというか
「野菜をいっぱい食べたい!」という欲求に耐えられなくなって
青菜買ってきてお鍋いっぱいに茹でたりします。
するとふっと心が落ち着くんだよね。

食ってやっぱり大事です。季節の美味しいものを食べましょ。
Commented by at 2004-10-15 09:34 x
今日のプログは、私がいつも心の中で感じてたことを、とても上手に書いてあって、すごく良かったよー(^^)

他にとっても気になっていることがあって
それは aymkwさんも書いておられるけど
個食、特に子どもたちのね。
どこの家族も揃って食事ができるという当り前の幸せを取り戻せるようにと願っている。
みんなが忙しすぎる世の中だよね
スローライフ、スローフード、、、心がけたいね。
Commented by hiruu at 2004-10-15 22:46
そうなんだ!トラックバックってこういうことだったんだ(^^)
あやさんの文章を引用させてもらう必要もなかったのかなって思う。掲示板のレスとの違いもこれでわかったぞ。
自分の感じたままを素直に書くことができるよ。

由さんも同じこといつも感じてたんだ。
今夜は白菜いっぱい入れて豆乳鍋ってのをするんだけど、そういえば白菜ってほとんど1年中売ってるんよね(^^;)もちろん他の野菜もだけど。
昔は食ってものにもっと季節感があったんだろうな~って思うけど、やっぱり白菜は寒い冬に食べるのが一番よね。

そうそう、知り合いのアメリカ人が、“昼食はベジタリアンなんだ”とビールでポテトチップ食べてたの思い出した。
Commented by こじろう at 2004-10-17 01:26 x
食育。僕も最近気になってました。
食べることの意味を問い直そうということでしょうか?農業白書にも出ている言葉ですよ。個人的には、その前に日本という国の産業と農業のバランスを考えた方がいいのでは?なんて思ったりもしますが(汗)
Commented by hiruu at 2004-10-17 02:06
あ!こじろうだ!(←おもわず呼び捨て)
いやいや、こっちにも来てくれてありがとうね、ほんとは喜んでいるのです。
農業白書に基づいた恩師の執筆を一昨年だったか読んだことがあります。たしかインドの食糧事情について書かれていたんだったかな(←忘れてる)。そのときは本を贈ってくれた大学の先生に何か感想書いて送らなあかんと必死で読んだはずなのに。

その土地に生まれたら、その土地で育つものを食べるのが本来の姿かな?なんて思います。
流通や輸送が発達した結果、良いことばかりではなかったはず、ですよね?
Commented by こじろう at 2004-10-18 00:50 x
こじろうはハムスターでしたので、どんなとこにでも顔を出しマウス。(←オヤジ化進行中?)
地産地消が理想なんだけど、それじゃ経済のパイが小さすぎてお百姓さんは食べていけないようですね~。悲しいな。でもこちらは農業経済の人が専門の範囲です。そして、農業経済の人たちの多くはこういうのです。『資本主義が悪い!』 農業は資本主義に負けたらしい…。

今、農業は独自の新しい価値観を提唱して、新たな意味付けを行なおうとしてます。そういう意味では面白いかも。
とはいえ、最近はダイエーの騒動を見ていて、日本の農業もあんな感じかなとつぶやいてしいます。
Commented by hiruu at 2004-10-18 02:08
ああ、今夜はかなりさぶ~いですね(笑)。
農業白書の話から産業、経済、と実は私の苦手分野なのですが、、、少し前に朝日新聞beに載っていた記事を思い出しましたよ。

今バックナンバー探したらありました♪
http://www.be.asahi.com/20040904/W11/0021.html
・・・・・この人は商人だね(^^;)

ハムスター、飼ったことないんだけどどんな鳴き声?
ちゅーちゅー?
Commented by wahou at 2004-10-21 21:47 x
こじろうさん

将来は儲かる農業を目指して、日本の自給自足を目指してみない?
一緒にさ。

あんれ、身の程知らずだったら、ゆるしてね。小次郎さんのファンより。

Commented by こじろう at 2004-10-22 01:38 x
ひるさん
この記事、しっかり印刷しました。これからは機能だっていう社長さんの言葉に納得。商人ですね~、この人。
ハムスターは鋭くチュッと鳴きますよ。めったに鳴きませんけどね~。
でも、一度だけ、寝言を言うのを聞きました。

wahouさん
あ…wahouさん、ありがとうございます。僕もこじろうファンですよ!奇遇ですね(笑)
農業には産業としての側面と、原風景としての側面が有るようです。自給率を上げるには産業としての側面を強化しないとダメなんでしょうね~。
儲かる農業、もっともっと増えたらいいですね!

ちなみに…僕の研究は原風景としての側面に照明を当ててます。浮世離れしてるなぁ(汗)
Commented by hiruu at 2004-10-23 01:53
日本の原風景としての農業。
原風景を残しつつ儲かる農業。
浮世離れしていても有意義な現実。
wahouさん、こじろうさんと何かするんだったら私も入れてね(笑)。

ハムスターの寝言、じ、じ、じゅー。