きのうのつづき(有線LANと無線LANについて)

私は電波だとか電磁波だとか、さっぱりわかんないんだけど。
いま字を見ていて電磁波の略が電波だったのか?なんて思ってる。そうなん?

電つながりで電気もわからん。
電つながりで電話がわからん。なんで受話器から人の声が聞こえるんやろう。
糸電話のしくみだったらわかるんだけど。

それで、こんな私が無線のことを今から書こうとしてるんだけど、ちっともわかってないことに加えて必要語彙の知識に欠けているので、これまた困った困った。

でも読んでくださる方がなんとなくでも理解してくれるなら、それと “こいつはなんてアホなんやろ” と思ってメッセージでもくださるなら、これほどありがたいことはございません。


まず私んちのパソコン環境なんですが、ういんどうずが4台です。そのうち3台がLANケーブルで繋がっています。2台は1階に、繋がっている1台は2階に。繋がっていないあと1台は2階の整理だんすの上に。
それで、この3台をどうやって繋ぐか?ということで、無線ならややこしい配線は必要なかったのですが、私はあえて有線にしました。

なぜかというと、電波とか電磁波とかの人体に及ぼす影響を考えたからです。

私の友人にこんな人がいます。
“携帯電話で話をすると耳鳴りがする。そのあと数時間は頭痛がして気分が悪くなる。”

友人は話をしている時間がわずか数分でもだめだそうで、今はイヤホン装着で事なきをえています。

無線ってどうなんでしょうね??
電磁波?住環境に高圧線があると好ましくないっていいますよね?これも電磁波?
無線でネット接続してるひとが、電子レンジでチンするとファイルのダウンロードに失敗するっていうのも、電磁波?


今世の中は電波だらけ。家の中も電波だらけ。
せめて、自分の家の中が、わずかでも少ない影響を受けるにとどまるのなら、、、。
ということで、私は有線にしました。
だって、目に見えないものは怖いです。

さて選択肢が3つ。
1階から2階へ、階段を這わすか。
玄関吹き抜けにぶらさげるか。
天井裏を這わすか。

もちろん、天井裏を這わせました。それでもコード長は20メートル。
幸い電話のジャックが2階にあったので、その穴を利用しました。LANケーブルは太いので、壁穴をふさぐ樹脂のカバーにあいた穴を通りませんでした。だから、カバーの一部を割ってむりやり通して格好良くしました。

近々、繋がっていないもう1台も繋げる予定。近々、パソがもう1台増える予定。
配線どないしょ、、、。
やっぱり無線が楽かなぁ。。。
[PR]

by hiruu | 2004-10-11 00:15 | 日記