中崎町4(終)

No1からNo4まで書いてきましたが、読み返してみると古い町風景のことを何も書いていないな、といま反省しています。掲載した写真もほんの狭い領域の一部分であって、これじゃ何も伝わらないなと思います。

私がこの町で好ましい人情を感じたのはもちろんですが、他にも建物のことをもっと紹介したかったです。でも人の家をパチパチ勝手に撮影するわけにもいかず、また写真がないと上手く説明できない文章下手でありますので、これはもう是非行って見てきてください!としか言えません。

長屋の一階部分をくり抜いて道路になっているところとか、○○苑 てな名前で旅館か?と思ったのが集合アパートだったり、アパート内の廊下だと思ったら上に屋根がなかったり、ここは内か?外か?と、不思議な建築物もたくさんありました。


なんてことを書きながら、最後にもう一件いったミュージック・アート・ギャラリー&Cafeを紹介して終わります。
ここは比較的広い通りにあったので、わりと目立つ看板を掲げていました。
ピアノの音が微かに聞こえたように思って立ち去りがたくしていると足元を金魚が泳いでいた、というお店です。

「創徳庵」
b0032167_1232451.jpg

入り口のところ、溝の上にガラス板を渡してあるのがわかりますか?
そこに赤い金魚が泳いでいたのです。
[PR]

by hiruu | 2006-05-27 01:25 | 日記