高山植物

水芭蕉が見頃だというので植物園に行きました。
b0032167_1433663.jpg


枯れて茶色くなった水芭蕉は見たことがあるのですが、白いのは初めてでした。
触ってみると結構硬いものなんですね。
地面にしっかりと突き立っておりました。

茶色くなったのはギョッとするような存在感がありましたが、白くても 植物 というよりは 生き物 という感じでした。

  ♪ひょっこり出会った山の池に白い花~ 心も明るくぱっとさいた~♪

(昭和○○年度NHK全国合唱コンクール課題曲)



風がもう強くって、強くって。
それでもどこか生温く、やっぱり春の風でした。


水芭蕉はもちろんだけど、それ以上に気になったのはこちら。

b0032167_225399.jpg


猩猩(しょうじょう)袴

高山植物って、どこか人間に近いものがあるような、そんな気がします。
[PR]

by hiruu | 2006-04-22 02:10 | 日記 | Comments(14)

Commented by enzian at 2006-04-22 21:16
この花、好きです。
猩猩袴は、そんなに高い山でなくても生えています。

「サワガニとモクズガニ」という記事を書いたときに、
サワガニを取った山(甘南備山)があったのですが、
そこにたくさん生えていたんですね。
忘れられない花のひとつです。
Commented by 風~♪ at 2006-04-22 23:27 x
ひるさん、こんばんは。
その植物園は自然がいっぱいでとってもいい所ですね。
こちらでは尾瀬の水芭蕉が有名ですがそちらもなんかいい感じですね~。
猩猩袴という花をはじめて見ました。高山植物って、かたくりもそうですが絶対そこにあるからいい花ですよね。自然が似合って。
Commented by at 2006-04-23 00:29 x
水芭蕉も背負う乗馬釜=猩猩袴(家のPCのけったいな変換。爆!!)も、かたくりも北海道にもあります。
高山植物は、可憐で、はかなげだけど、強くて、魅力があって好きです。
上のショウジョウバカマは素晴らしく目を引きますね〜。
Commented by Show at 2006-04-23 00:31 x
こんばんは

>枯れて茶色くなった水芭蕉
>茶色くなったのはギョッとするような存在感がありましたが

ふ~む・・存在感がねぇ・・それって、ひょっとしてザゼンソウとちゃう?
やっぱり、枯れたミズバショウにしとこうね。
Commented by のりちゃん at 2006-04-23 09:08 x
朝、しょうじょうばかまの写真を見て、触発され・・・、天体観測ドームに行ってきました(^^ゞ
いえ、近所に植物園がなかったのと、「自然に触れ合う」という意味では同じだな、と思ったのと、で。
天気が悪かったので、観測は出来ませんでしたが、望遠鏡で見た、山の緑が綺麗で(#^.^#)
来週は、金剛山にでも登ろうか、と計画してます(~_~)
Commented by hiruu at 2006-04-23 16:13
enzianさん。なぜか惹かれる花です。ちっちゃーいんだけど存在を誇示していました。
「サワガニとモクズガニ」、木津川の上流ですね。その光景のなかにこの猩々袴が。。。うぅーん、少年時代(^^*)
Commented by hiruu at 2006-04-23 16:17
風さん。カタクリもありましたよ♪ほんまもんのカタクリ粉ってこの花の根か茎から採るんだよね?なんて考えてました。うつむいて咲くカタクリも好きです。
Commented by hiruu at 2006-04-23 16:23
由さん。>背負う乗馬釜=猩猩袴  これってPCの変換のせいだけじゃなく入力ミスも交じってるんじゃ(笑)。

ある場所を境にふと異空間に入る。それが木々の分布状況が変化することで感じるものなのか、やはり空気自体の変化に自分の皮膚が気づいているのか、どっちなのかわかりませんが、いつもええ感じやな~と思います。
Commented by hiruu at 2006-04-23 16:29
Showさん。>ふ~む・・存在感がねぇ・・それって、ひょっとしてザゼンソウとちゃう?
ええ、ええ、ザゼンソウとちゃうことを証明してやろうと、今日は昼からずっと枯れた水芭蕉を検索しておりましたよ。しかし、
誰が枯れた水芭蕉の写真なんか撮るねん、、、(ーー;)
そこでキーワードを‘ミズバショウ’から‘とのさまカエル’に換えてやってみました。蛙の住処が写ってるとこに水芭蕉が在ればと思ったんです。
でも出ませんでした。
Commented by hiruu at 2006-04-23 16:36
のりちゃん。>朝、しょうじょうばかまの写真を見て、触発され・・・、天体観測ドームに行ってきました

のりちゃんの、脳みその中の宇宙に、心惹かれてしまう私です(笑)。

いつも生駒山を越えて奈良に入りますが、山の上から見る景色が好きで、まるで天界から俗界を見下ろしている気分になります。金剛山はもっと高いところにあるんですよね。仙人になった気分かな(^^)
Commented by へー at 2006-04-24 12:53 x
水芭蕉と言えば、
♪水芭蕉の花が咲いている。・・夢見て咲いている水のほとり♪
の唄しか思い浮かばん。
猩々って、サルのお化けだと思ってましたが、
この猩々袴ってどんな謂れがあるんでしょう?
Commented by hiruu at 2006-04-25 08:44
へー。中田喜直さんよね(^^)歌ってこんな綺麗な歌があるんだよね~。
猩々は中国の伝説上の動物らしいけど、どっかのお祭りでこのお面をかぶって踊るのがあった。誰かのブログに書いてあったのを興味もっていろいろ調べた記憶があるんだけど、もう忘れちまった。
なんだったかなぁぁぁぁ。
Commented by at 2006-04-25 23:36 x
ひるちゃん、ちゃんとsyouzyoubakamaと打っているんだけれど「背負う乗馬釜」になります^^;
そういえば翔さんのsyouは、しばらく打っていないと「背負う」になる(笑)
ちなみに最近、zibunと打つと「時文」に変換するので困っています^^;
Commented by hiruu at 2006-04-26 00:24
由さん。いま「背負う乗馬釜」をだそうと必死になっております(笑)。
syouと入力して背負うは出せるので、winの学習機能を利用して背負う 背負う 背負う 背負う 背負う、、、、、とやっても背負う乗馬釜は出せませんでした(爆)。
時分 時分 時分 時分 時分、、、、、時分。 わ!どうしよう!!