捨てられないもの。

戸棚の中を整理してたら出てきました。
幼児期にこれで遊んだ記憶があります。
お正月といえば羽根突き。元旦の寒い朝、寝起きの悪い私が早起きしては母にせがんで着物をきせてもらい、これを持って外へ飛び出していきました。
新しい年の始まりを子供ながらにも大事に考えていたのだと思います。

これがバトミントンやテニスよりずっと難しくって、そのうえちっともおもしろくないのですが、良き日本の風習を受け継ごうとしていた最期だったのかしらと懐かしく思います。

こういうのって、おそらく最近は売られていないと思います。
羽根の重しも自然の木の実を使用しているようです。
b0032167_217313.jpg


また棚の奥にしまっておくんだろうな。
b0032167_21163339.jpg

[PR]

by hiruu | 2005-08-21 21:18 | 日記