ジョーブラックによろしく。

Web友からもらったビデオを見た。映像はひさしぶり♪
昨日はかなり涼しい晩だったので、お菓子を食べながら見た。
座椅子をテレビの直前に移動させ(字幕が見えないので)、深夜にひとりで堪能した。
あらすじ書いちゃうとこれから見る人に申し訳ないので、かいつまんで感想を書きます。

まずほんの少ししか出てこない老婆の言葉から。
「現世にいちゃだめ、早く旅立たないと」
「楽園で過ごす休暇と同じ。肌は日焼けでただれず褐色になり、眠ってても蚊に刺されない」
「でも現世に長居すると肌はただれ蚊に刺される」
「現世でも孤独は同じよ」
(意訳:あの世では歳をとらないのでいつまでも若いままでいられる。現世でも体が若くて元気な時は病気にもかからない。でもいずれみんな年をとってしまうのよ。恋人がいたって人は所詮ひとりぼっち。)


この老婆の言葉がこの映画のテーマだったんじゃないかと思う。
‘生老病死’
なんだ、お釈迦さんといっしょやん、と一瞬思ったが、ここでは‘人間いかに生きるか’、ではなく‘いかに死ぬか’ってことが問題提起されてるんじゃないだろか。
(あ、これって問題発言かもしれない)

女に愛情をもった結果、執着心が芽生えてしまったジョー。
このジョーと対照的なのが恋人スーザンの父役バリッシュ。娘への愛情は保ちつづけるが、築き上げた富も名誉もさらりと捨てることが出来る人だ。

エンディングではしつこい程花火が打ち上げられるんだけど、この花火の華々しさがどういう意味を持つのか、後になってようやくわかった。
深読みするとちょっと怖い映画かも。


しかしスーザン役のクレア・フォラーニの美しかったこと。不思議な瞳をしている人だと思った。女性の背中ってあんなに綺麗なものなんだと思った。
ブラッドピットも素敵だったけど私はアンソニーポプキンスに惚れた。
ソファに並んでいっしょにコーヒ飲みながらお話したいと思った。
[PR]

by hiruu | 2005-07-25 01:40 | 日記 | Comments(7)

Commented by at 2005-07-25 08:37 x
深夜に1人で映画を観るのは、いいよね。
でも、いろんなこと考えさせられる映画だったんだね
難しいテーマだねぇ。。
Commented by へー at 2005-07-25 13:02 x
最近とんと映画をみませんねぇ。
深く考えるより、その場限り笑っておしまいの
TVや、ビデオばっかり見てます。
たまにはいい映画をみないとね。
Commented by Agatha at 2005-07-25 21:03 x
先週NHK衛生放映を録画していたので、やっぱり昨日見たのよ。
なかなかよかった。静かにゆっくりとした映画だった。
あまり深くも考えなかったけれど、お父さんの死を受け止め方がよかった。
クレア・フォラーニと言う女優さん初めて見た。美しい目だったね。
ブラッド・ピットもよかった。何となく想像がついたけれど、終わりがよかった。全部が布石になっているね。
Commented by wahou at 2005-07-25 23:38 x
満ち足りていたか?
と、言うところが好きです。

きっと、なくなるときそう思えるんでしょうね。

Commented by hiruu at 2005-07-26 18:10
由さん。うん、私はこういった映像自体ひさびさだった。深く考えながら見るのも楽しいし、綺麗な俳優さんみてうっとりするのもいいし、映像の中の風景見るのも楽しい。映画っていいね(^^)

へー。なんかいま急に、高校のとき竹宮恵子原作のアニメ見に行ったの思い出したよ。あれ?漫画貸してくれたのへーだっけ?○モのやつ。

Agathaさん。同じのを時を同じくして見てたのですね~。今度お茶のときの話題にしましょう♪
そうそう、へーが明石の美味しい店をブログに書いてました。

wahouさん。満ち足りていたか。問われると私だったら「はい」と言うかな今は。年取ったらどう変わるかわかんないけど、そんなふうに言えますように。。。
Commented by 和坊主 at 2005-07-28 12:53 x

アンソニー・ホプキンスかぁ~
羊たちの沈黙シリーズでのレクター教授のイメージが
強過ぎるなぁ~
Commented by hiruu at 2005-07-28 22:43
和坊主さん。羊たちの沈黙、オカルト映画でしたよね。テレビの宣伝で見たことあります。ずいぶん前だからきっと若かりし頃のアンソニーだったのかな。←きゃ、アンソニーだなんていっちゃった(*^^*)