古い歌。

ここんとこ、幼児期に覚えた歌をよく思い出す。
さっきからこんな歌が頭んなかを駆け巡っている。

恋は不思議ね~
消えたはずの~
灰のなかから~
なぜにー
燃えるーー
切なき心 ・・・・・  ・・・・を超えた ふたりなのにー
恋なんて 悲しいものね
恋なんて~ なんに、なるのぉ~~


誰やーー!子供にこんな歌おしえたんはー!


灰の中から死人の腕がニョキッと出てくるトラウマに悩まされたこともあったんだ、、、。
[PR]

by hiruu | 2005-06-07 01:09 | 本・詩・文