自動詞と他動詞。

えらいかたいタイトルだけんどな。
いまだによーわからんのよ。
自分の意志で動作したら自動詞?目的語があったら他動詞?
自動詞の使役?へ?受身?へ?


・私は生まれた。        自動詞?他動詞?
・私は生まれさせられた。   自動詞の受身?他動詞?
・神は私を生まれさせた。  自動詞?他動詞?
・神は私を生まれられられされされれれ

国語って苦手なんよ(ーー;)
[PR]

by hiruu | 2005-06-02 00:45 | 日記 | Comments(9)

Commented by やまただ at 2005-06-02 07:09 x
私にも分かりませんね~
でも日本の英語教育ってこのたぐいのことやらせてますね~
Commented by あや at 2005-06-02 08:46 x
たぶんですけど...

聞いたときにそれだけで納得できるのが自動詞(自分だけで成立する)で
「え、何を?」って聞き返したくなるのが他動詞(他:目的語が必要)かと。

英語の場合は、これを知ってるとどの文型を使わなきゃならないかわかるんですね。(前置詞などがないと説明が加えられないのが自動詞で、直接目的語をもてるのが他動詞)。文法用語は知らなくても全然OKだけど、動詞の性質として覚えておくと便利ですよー。

あ、けど一つの単語で自動詞にも他動詞にもなるやつとか、結構あるんですよね。ややこしい...

予想としては、生まれるは自動詞で、生むが他動詞な気がする。
 「生まれたよ!」 「あぁ、よかったね」
 「生むよ!」 「...へ?何を??」
って感じしません?
Commented by へー at 2005-06-02 09:19 x
自動詞で生きたいです。

「生むよ!」ってなんかいいです。
Commented by hiruu at 2005-06-03 00:03
あやさん。コメントありがと(^^)英語表現に関してはあやさんにいっぱい聞いてみたいといつも思ってるよ。
「あぁ、よかったね」 「へ?何を?」←この受け応えって最高だねぇ(^^)

‘私は○年×月に生まれました。’と言うと、さも自動詞のような感じがするけど、I was born. だと受身になってるから、このborn自体は自動詞なんだろか?

えらそうなこと書いてても、私がどんだけ英語落第点とりまくりだったか、この事実は へー が知ってるはずだ。ね、へー(^^)

あの頃は私も自動詞で生きてたような気がする。
英語は嫌いやから勉強せん!なんてね。
若かったんだな。
Commented by あや at 2005-06-03 00:46 x
英語ではなんと「産む」という意味の動詞、bear が基本なんですね。つまり母の側からの視点。で、生まれた子どもの側から表現したいときは、be+(bearの過去分詞)bornになるのです。bear自体は他動詞の意味・用法の方が多いみたい。

こういうのってわりと英語に多くて、「びっくりしたー!!」なんてのも“(誰かを)ビックリさせる”という意味の surprise を使って I was surprised. と受身で表現するんですよね。感情の表現に多いかな、このパターン。(喜ばせる:please、怖がらせる:scare、感動させる:move)

「生まれる」にしてもそうだけど、自分一人の力では成立しないことの場合受身になることが多い気がする。生まれるのも、心を動かされるのも、ね。で、英語では「他に影響を与える」という意味の単語が基本で、「他から影響される」という意味の単語はなく、だから受身形で表わすんじゃないかな。

ちなみに受身になれるということは、もと(能動形)の動詞に目的語が存在してた証拠なので、絶対他動詞なのです。

言語の分析とか大好きなので思わず長くなっちゃいましたけど、ちゃんと調べたわけじゃないから間違ってたらごめんなさいね。
Commented by あや at 2005-06-03 00:56 x
あ、ところで日本語の場合は、自然に起こる現象か人の意思・力が関わってるかで区別しますよね、確か。(開く・開ける、消える・消す、出る・出す etc.)
けど生むと生まれるの区別ってこれでいいのかなぁ...?生まれるって自然発生する現象か???う~ん......
(「生む」はお母さんがすごい頑張って産んでる気がしますけどね)
Commented by hiruu at 2005-06-03 01:09
あやさん。わあい、あやさん早速にありがとう。
うーん、やっぱ言葉っておもしろいけどむずかしいね。

I was surprised.(やーん、やめてよ~~ビックリしたじゃないー!)って感じかな(^^)

生まれる。って、あらためて考えて見ると、感動を含んでいる言葉だなって思った。
‘bearが他動詞の意味・用法の方が多い’ってとこ、なんかホッとしました。
言葉の成り立ちとか考え出すと、眠れなくなりそうになるね(^^)
昔、bearが熊ちゃんのbearと同じ発音だったのをなんでやねん、スペルが同じでも音ぐらい違っとけ!と不満に思ったことがありました(笑)。
でもなんで同じなんやろ。


またいろいろ教えてね♪
Commented by wahou at 2005-06-03 04:18 x
そうか、生まれるってそういういみね。

なんか、英語のものの考え方って、英会話の先生がよく、こちら側から三田場合です。徒、説明してくれるんだけど、英語って、立場をきちんとしていますよね。
日本語はあの人の立場も私の立場も一緒になるときがあって、話を推測していく技が必要になるときが。
言葉から、国民性がきたんね。
Commented by hiruu at 2005-06-04 00:40
あやさん。昨夜は私が書いてるときにあやさんが来てたんだね(^^)
コメントの順がへんになっちゃったけど、生まれるって、‘自然発生する現象’なのかもしれない、と思う。自然発生=神の意志 ってことになるんだろうけど、赤ちゃんが生まれるときって、もちろんお母ちゃんが産むぞー!って自分の意志で頑張ってるから‘生む’ なんだろな。
でも赤ちゃんは自分の意志で生まれてくるわけじゃないから、神の意志、つまり天からの授かり物ってことになるんだろうねぇ、、、。

この苦の世界に、いやだ、いやだ、と泣きながら生まれさせられてるんかな。オギャーオギャー!って(^^;)

wahouさん。そうなのか、こちら側とあちら側の視点。なるほど。
言葉は国民性からきたものかと思ってたけど、そう考えると言葉が先かなってなりますね。鶏と卵の場合と似てるかも。
うーん、‘話を推測していく技’か。私達って、むずかしい国に生まれてきたもんだ(笑)。