トイレに行きたい夢。

寝る前に水分をたっぷりとっちゃうと、あまり汗をかかない私はおトイレに行きたい夢をよく見ます。夢の中で おトイレに行きたい、と思っているわけです。

ある夜の夢は、トイレを探して探してやっと見つけたと思ったらとっても汚かったりして、他にトイレはないかとまた探して探してやっと見つけたらそこもまた汚い。

またある夜の夢は小奇麗なトイレが出てくるのですが、人がいっぱい並んでいるのであきらめて他のトイレへ行くと、そこも人がいっぱい並んでいてなかなか順番が回ってこない。

最近見た夢は、だだっ広い空間にたくさんの最新式トイレがあり、順番まってる人は誰もいないんだけどなぜか案内の男がひとりいて、トイレのドアが下半分開いているので見られそうに思ってできない。


どの夢も、最後は気持ちよく用が足せるのですが、ああ気持ちよかったと思った瞬間目が覚める。

こういう場合、おねしょしちゃってる人と大丈夫な人とがいるみたいですね。

私はこれだけ頻繁に同じような夢を見て全然大丈夫なんですが、こういう夢を見ると子供の頃はおねしょしちゃってたなぁ、という人がほとんどのようです。
また、子供の頃におねしょしちゃってた人は、大人になるとこんな夢を見る前に自然と目が覚めてトイレに行くようになるみたいです。

深夜にわざわざ起きてトイレに行くのと、夢の中で用を足して快感を味わうのとを比べたら、私は後者でよかったなぁと思います。
[PR]

by hiruu | 2005-03-20 23:09 | 日記