風土と音楽。

チャーチャチャチャーチャチャチャーチャチャチャーチャチャチャーチャチャチャーチャーチャーチャ-チャー♪

タータータタタタタタータター タターターターバイアーン♪


いつの頃からかこの音楽に心惹かれていた。
これがどちらもロシアの民謡だということを知ったのはずいぶん後になってからだ。
あのフラットの多い音階(たぶん)とマイナー調の和音(たぶん)、そしてあの軽快なリズムは子供心にも何かを感じさせてくれたのだと思う。

どこか哀しい調べ。その哀しさを昇華する人間の強さ。それが透徹した気となり私の鼻の穴から頭のてっぺんへ抜けた。
決して寒くはない。ただ、すっかり洗い落とされた綺麗な大気の中にいた。

あの国の音楽を聴くと、私はいつも、どこか自分を律することができたような、そんな気持ちになった。


さてここで問題。
1、チャーの音楽の曲名は?
2、ターの音楽の曲名は?
[PR]

by hiruu | 2005-02-27 22:46 | 日記 | Comments(11)

Commented by 蓮井 at 2005-02-27 22:53 x
トラバありがとうございます!
ロシア民謡は一曲の中で長調から単調へ転調するので、どれもこれも物悲しさがありますよね。
曲名わからーん。カチューシャ? ポーリュシカ・ポーレ? トロイカ?
ぼくもトラバしよ♪
Commented by hiruu at 2005-02-27 23:05
わ、コメントも寅場もついてる!
どういたしまして、こちらこそ!さきほどはご迷惑を、、、おかけしました(^^;)

曲名ね、答えは明日のお楽しみ♪
Commented by 和坊主 at 2005-02-28 16:34 x
わからん!
ロシア民謡というより
フォークダンスのメロディーばかりが
頭の中を巡ります
Commented by hiruu at 2005-03-01 23:23
こたえ
1、コロブチカ(行商人)
2、トロイカ
でした。。。

私もちょっと心配になって、今検索してみたのです。1はカチューシャのつもりだったけどコロブチカだった(^^;)
Commented by hiruu at 2005-03-01 23:34
ここいいかも。
露西亜館http://www.medianetjapan.com/10/travel/vladimir/russian_house/
Commented by こじろう at 2005-03-02 16:21 x
すごい!がらっと雰囲気変わりましたね!
Commented by wahou at 2005-03-02 22:20 x
hiruさん
全然分からなかった。
しかも転ぶ地下って初めて聴く曲でしたわ。
とろいかもわかえわからない。とろいかもわたし。
Commented by at 2005-03-02 22:58 x
あれ〜〜表紙がすごい!ロシア民謡のかかるジャズ喫茶に迷い込んだみたい(^^)
私も全然わからなかったです。
トロイカのバイア〜ンっていうリズム表現が素晴らしいよ、ひるちゃん。
これ
タータータ タタタタ タ〜ンタタ タタータン ター バイア〜ン
って書くとわかったかも(^^? でも音がないと難しいもんだね〜。
Commented by hiruu at 2005-03-02 23:20
設定を見てみると新しいスキンがあったので、たまにこういうのもいいかな~と思ってね(^^)
この絵のことスキン”っていうんですね。イラストとか絵っていえばいいのに、こう思うのは私だけかな。

真ん中のおじさん、999の機械伯爵を連想しましたが、こじろうさん知ってるかな?

wahouさん、おもろい絵でしょ~。wahouさんの変換もおもろいで~♪

由さん、なるほどね。このほうがよくわかるね!
私も1日経ってから見直したらわかんなかったよ。へへへ。


Commented by 蓮井 at 2005-03-02 23:40 x
アンドロメダ行きの定期券が欲しいけれど、四畳半惑星に沈没していく人生です。
ってか、すごいスキンですねー! 元ネタはなんなんだろか。
やっと一騒動終わって、好きなことをする春の計画をたてようとしてるとこです♪ 今日はさっそくお寿司に。
Commented by hiruu at 2005-03-02 23:59
もうじき啓蟄だべさ。
四畳半星にでてくるぞーでてくるぞー。

お寿司はエビフライ巻きが好きよ(*^^*)