中崎町へ(追記しました)

先日、大阪の中崎町というところに行ってきました。

目的は mixiで知り合った仲間内で立ち上げられたプロジェクトを見に行くためです。

発端はある一人の女性の「またお芝居をやりたい」のつぶやきだったと伺っております。


“わなびー”と名付けられたこの企画、内容はお芝居と音楽です。

昨年の春に第一回目が実行に移され今回は第2回目となります。プロジェクトといいつつ期限があるのかないのか、むしろ期限など無い方がいいと私は思います。

というのは、

演者みなさんの頭上から気”が出ていたこと。そしてなぜか一人の方は若返っていたからです。

これは時分の花がまことの花になる過程か?なーんてね、思っちゃったわけです。

それに、20年ぶりにお芝居をやった!なんて方もいらっしゃって、素敵、私もこんなんじゃいけない!と思ったのであります。


今、タンバリンのシャンシャンの音がよみがえってきているので、続きはもうちょっと後から書きます。

----------------------

あっちにいっても何もない。あっちって、どっち?  ← 訂正しました ↓

「どこへ行ってもどこでもないし、あっちはどっちや」

頭上に圧し掛かる太陽で息苦しい暑さの中を ほげぇ~としながら歩いていると、さっきのお芝居のセリフが頭の中を横切るのです。

広大な宇宙にあっちもへったくれもあれへんのかもしれへん。と妄想を抱きながら、しかし!

人はなんでも基準点Oを設けなければ物事を考えることができないのだ、と地図をぐるぐる回す自分がそこにいるのです。


今日は、北海道からこのプロジェクト参加のためにはるばるやってきた友人のために、プロジェクトに関してな~んの手伝いもしなかった私は、大阪での案内をかって出たのです。
方向音痴を自称している私ですが、この近辺は短期の仕事で以前勤めたことのある地域でありまして、そこそこの自信があったんです。


それが!


ない、ない、地図に描かれた目的地が無い!この地図はでたらめかよぉ~。と叫びたくなりながら、

でたらめもキャラメルも芝居にすれば演技だ!

とまたさっきのお芝居のセリフが頭をかすめる。ああ、ああ、リアルすぎるんだよぉ~とわけがわかんなくなっていると北海道の友人が、

 「ひるちゃん、ぐるぅ~~とまわってほとんど一周してるよ?」

と言う。

そんなはずはない、、、と反論したものの、大阪お姉ちゃんが数人通りかかったので聞いてみたら、北海道の勝ちであった。


------------------------本日ここまで。ポロロ~ン(ギターの調律音 ええ音やったー)



時間が前後してしまいますが、当日わたしが感じたことを かいつまんでですが、素直に書いてみたいと思います。もし失礼があったらお許しを。


中崎町は梅田から徒歩圏というわりに、どういうわけか開発からはずれてしまった場所であります。そのせいか今だに昭和風情が色強く残っています。この辺のことは以前ブログに書きましたので興味のある方は一度見てみてください。
これと
これと
これも


中崎町はこれまでにも数回訪れましたが、タイムスリップはいつも薄暗い高架下の落書きが目印でした。この日はひとつ手前の高架下をくぐってしまったようで、見慣れない道をきょろきょろしながら会場である コモンカフェ を探しました。

あれ、行きすぎてしまったかな?と思った時 「ひるさん、こっちこっち」と呼び止められました。お店が地下にあるために、このくそ暑いのに外にずっと立って案内をされているのでしょう。

爽やかなカーリーヘアー、涼しげな女性、私には見覚えがありません。

「えーと、どなたでしたっけ?」

「うら○○しですよ~」

昨年お会いした時はボーイッシュな方でしたので おお、イメチェンやー!こっちの方がええなぁ~ と思いました。
ひさびさの再開、とっても嬉しかったです(^^)♪


さて、会場の方ですが、私が到着したのは開演の15分程前だったと思います。階段を下りて狭い入口をはいるとすでに満席状態でした。

このとき感じた素直な印象。防空壕ってこんなんやったのかもしれんなー。


流れる汗をハンカチ忘れた私は日除けのカーディガンでこっそりと拭い、着席しました。


まだ暑さの余韻と息切れが残っていましたが、一瞬暗くなったステージから浮かび上がってきた役者さんたち。その表情を見たとたん、一瞬にして引き込まれてしまいました。
いま思うと、人を惹きつける力、というのか、そういう見えないものが働いていたのだなと、思います。


ここから箇条書きにしますがすいません。小学生みたいな感想かもしれません。

・役になりきってしまうって、すごいなぁ。
お芝居の後、役者さんのお一人と少しお話をして、その後わたしの隣に座ってらしたがいつのまにか違う人が座っているような気になって、ゆぅさんに聞いてみたらやっぱり同じ人だった、というエピソード。
・自分と違う他人になるっていうことは、何か今まで知らなかったものを知ることになるのかもしれないなぁ。
・役者さんと目が合わないのはそのせいなのかなぁ。どこか違う世界を見てはるような気がする。
・寄席の雰囲気やん、これ! そのまんまテレビ出れるやん!と笑いを誘う演出があったけど、あのときも目は合わなかったな。
・○ご○んさん、えらいめんこいなぁ(←普段つかわない形容詞ですが、似た音の言葉○○○ を何度も聴いたので影響受けたかも)。ほっぺたにヒアルロンサンなんて入れてないかな?それかリフトアップのエステにでも通いはったかな?と探りをいれたくなるぐらいめんこかったです。
・心をぐっととらえるセリフを言うときは、役者さんの目が恐いぐらいに真剣になってる。
・脚本って文学なんだ。





さて、ティータイム。。。

お菓子作りの上手な方が、手作りお菓子をたっくさん提供してくださってて、口の卑しい私は目をぎらぎらさせていた。でもなんのお手伝いもしてないので遠慮して、みんなの最後に頂きに参ろうと思っていた。その時、

「ひるちゃん あのほうじ茶のゼリーね 人数分あるかどうかわからへんから はよとっときよ!」

と、○っちゃんに言われた。



うま~~~~~♪ ほうじ茶の香りがぷーんと香り、凝縮された香ばしさが舌にのっかる。私も手作りクッキーなんぞを持ってこようかと思っていたが、よかった・・・買ったもので。
それと、あのチーズケーキ。ゆったりした肘掛椅子に座って、好きな小説を読みながら食べてみたい。



【うめはらなかせ】
ブログをみたら‘うはめら’となっているがウメハラさんとナカセさんなのか、だったらウハメラとは何か。いまだによくわからない。

・昨年はじめて聴いたときに魅了された。なんべんでも聴きたい!と思った。人の体って楽器なんだと思った。
・ものすごい楽しみにしてたら、最初だけちょっと元気がなかった。
・でもすぐに、艶のある声が帯のようになって届いてきた。よかった、と思った。
・サウンドオブミュージックが、なぜか脳裏をよぎった。どこか似ているところがあるのかもしれない。
・うちにもギターが3つほどあるけど、ギターってあんなに綺麗な音だったかなー。ギターそのものも、ピカピカ光ってとっても綺麗でした。大事にしてはるんやろな。


それと、夫婦じゃないと言ってはったが、お互いを尊重し合っているような、素晴らしい関係を築いてはるんだなーって、そんなオーラが心を捕らえました。素敵です。



【チャーリーママファミリーバンド】
・ママさんとトモエチンさんは姉妹だと思った。違うと聞いても、先祖でどこかつながっているのだと思う。
・歌声に若さを感じた。綺麗にハモるところがあって、素敵でした。
・ギター2台とキーボード、それとタンバリンで模したドラム。たったそれだけの楽器でこれだけ人をウキウキさせてくれる。バンドっていいなと思った。
・ふと見ると、タンバリンを叩くバチが、お好み焼きをひっくり返すときのアレに見え、気になって後で覗きに行ったら違うかった。
・恥じらいもなく若い男の子の顔を見つめてしまうのは熟年のサガか。
・チャーリーさんはタッキーとかいう芸能人に似ている。でも私の好みはもう一人の人かもしれない。なんてことを考えながら聴いていた。


【歌声喫茶】
ゆぅさん(よしさんじゃないよ)の伴奏で歌う現代の歌。私は芸能情報に疎いのでほとんど知らないが、アーカーベーなら知っている。
曲は聴いたことがなかったのであらかじめyoutubeで検索していたが、やはり現代リズムは心に残らない。
ゆぅさんがゆっくりした伴奏を心がけてくれていたおかげでなんとか歌えたが、音符のすぐ下に書いてある歌詞が同時に視覚に入ってこない。時々ドレミで歌った。老眼を呪った。

家に帰ってからあらためて歌詞を読んで、「花が散っても枝を広げて待っている」みたいなことが書いてあって、ええ詩やなと思った。


最後の曲ふるさとは、存分に熱唱した。ベアトリーチェさんの声とハモらせてやろうと頑張ったが届いただろうか。
[PR]

by hiruu | 2011-06-26 18:19 | 日記 | Comments(15)

Commented by wahou at 2011-06-27 00:18 x
ひるちゃん

おつかれさま。
由さんとのデイト。

たのしそうでしたね。。

今度は私とお願いね。

それとワナビー成功の様子。
よかった。。。
Commented by こごみ at 2011-06-27 00:18 x
ひるさん、ありがとうございました。

>演者みなさんの頭上から気”が出ていたこと。

そうでしたか。うわあああ。なんか嬉しいなあ。
(あえて若返りの方には触れずにおこう^^;)

「どこへ行ってもどこでもないし、あっちはどっちや」
Commented by at 2011-06-27 23:26 x
ひるちゃん、これはすごい感想文だ。
この感覚は、こごみんもわかるだろうなと思う。

もしもこれがまことの花になったら
と考えるだけでドキドキする。

>でたらめもキャラメルも芝居にすれば演技だ!

これは名ゼリフだよね。
題材は不変だし
脚本も素晴らしかったよね。

ぐるりと1周してしまった訳がわかりました。
あのホテル、出入り口が二つあって
おそらく入った方と反対の方から出てしまったと思われます。

Commented by やっちゃん at 2011-06-28 09:43 x
夕方別の用事が入ってしまって、どうしても抜けなくてはならなくて、、ひるちゃんともほとんどしゃべれなかったけれど、地元民同士だから、また機会があるさ~と思っていました。

私もばたばたとてんぱっていたような、、
でも、そういう機会なかなかないから、またよいかな、、と。

大阪案内がんばったんだね~(*^_^*)???
Commented by hiruu at 2011-06-28 23:18
wahouさん。おひさしぶりでやんす。ほんと、しばらくご無沙汰でした。
ワナビー2、昨年より会場はせまいけどワナビー自体が大きくなっているのでますます会場はせまかった。演じる方全てがキラキラとしていて、わたしはそれを汗ぎらぎらで見たのですが、あまり暑いとは思いませんでした。それだけ集中して見れたのだと思います。

涼しくなったらデートしよーねーー♪
Commented by hiruu at 2011-06-28 23:19
こごみさん。先日はお疲れ様でした。それと、すばらしいものをありがとう!

で、ひあるろんさんいれてない?
Commented by hiruu at 2011-06-28 23:31
由さん。おほめのことばをありがとぉ。書いてるうちにあれもこれもと出てきて、とんでしまったはずの記憶がよみがえってきました。やっぱり頭の整理は書くことだなと思いました。
ちょっとね、世阿弥の花伝書の一説を思い出したの。たしか花は4つぐらいあったと思うんだけど、思い出せなくて、、、(--;
まことの花は老いてこそにじみ出る最後の花。

ホテルに出入り口が2つ?うーん、、、。
Commented by hiruu at 2011-06-28 23:35
やっちゃん。ほうじ茶のゼリーおいしかったねー!さいごに遠慮の塊がのこっていたのでもう一個食べた~。

また近いうちにあそぼう♪

Commented by ベアトリーチェ at 2011-06-30 10:41 x
ひるさん

改めてこごみんのパワーを思い出していました。
3人ともに輝いてましたよね。

誰やったか俳優さんが言うてはりました。
違う自分になるのじゃなくて、自分の中に役と同じ人格を発見するんですって。ふ~~~んと感心したものでした。
個々の役者さんで違うんでしょうけどね。

ほうじ茶のゼリー、私もよばれました。
小豆も入っていて美味しかったです。

うめなか最初は舞い上がってしまって、声がでませんでした。
なんか雑なことですみませんでした。

そうそう、サウンドオブミュージック、歌ってるんです。
ドレミの歌と私のお気に入りなんですよ。
また、ご縁があって聴いていただければ、嬉しいです。
Commented by hiruu at 2011-06-30 16:52
ベアトリーチェさん。こんにちは(^^)/
ここ2日間いいお天気ですね。洗濯の大物は片付いたけど暑さでまいってしまいそう(--;) そちらはいかがですか。京都はこちら神戸より暑いのでしょうね、、、んなこと言ってられないですね(^^;)


>誰やったか俳優さんが言うてはりました。
>違う自分になるのじゃなくて、自分の中に役と同じ人格を発見するんですって。
>ふ~~~んと感心したものでした。

私も、誰かから聞いたことがあるのですよ。そのときはっと気付かされるものがありましたが、どうも明確じゃなく思い出せないでいました。きっとベアトリーチェさんが書いてくださったこと、そういうことだったんだと思います。ありがとう!

普通に生活していても、対する人間ってのがいて、他にもいろんな関係の中にいろんなしがらみがあって、そんな中で生きていると本当の自分ってものは出せない。それが人間なのかなと。
人生そのものが演技だってことはシェイクスピアだったかなぁぁ、やっぱりよく覚えていない、、、(^^;)
Commented by hiruu at 2011-06-30 16:52
ベアトリーチェさん。追記です。
独学でヴァイオリンを嗜んでいる友達に、「くらいむえぶりまうんてんをひいてみろ~」と言ったことがあります。練習してたようだけどどーなったかな?これとドレミの歌がわたし大好きです。

どれみふぁそらティど そ ど ! またお聴かせください♪
Commented by kasama at 2011-06-30 23:56 x
コメントできない話題だなぁ~と思って流し読みしていたら、中崎町の記事が目に入りました。画展『街角メモリーズ』の写真がアップされていたので、Rcafeのことを思い出しました。今月で閉店されるのですね。残念です。
Commented by konta at 2011-07-01 02:30 x
hiruuさん
こんばんわ。ヤスオをさせていただいたkontaです。

なんか~この感想文すごい嬉しいです。

短期間の練習だったけど、みんなお芝居できるのが楽しくて、すごいがんばった。。。。えっと・・セリフをなかなか覚えなくて、ともりん、こごみんをハラハラさせてたんですけどね・・えへへへ・・

本番だけ、まともに出来た気がする!えらいぞ私!!

てことで、またあそんでやってくださいね。
Commented by hiruu at 2011-07-03 16:28
kasamaさん。おひさしぶりです。
トムさんの個展、もうあれからずいぶんと経つんですよねぇ。当日はもう暑くって、中崎探索どころじゃなくRcafeさんまで足をのばせなかったのですよ。閉店されるなんて、残念ですね。あの店内の雰囲気、いまでもしっかり覚えています。
Commented by hiruu at 2011-07-03 16:44
kontaさん。いらっしゃい(^^)/ ここではお初でしたよね。先日は素敵な時間をありがとう♪
あれだけのセリフを覚えるなんて、すごいこと・・・・・と思います。
演じることの楽しさって、たぶん私には解らない別世界なんだと思います。少し覗いてみたいけど、あんだけのセリフをおぼえなあかんのね。
また次回も、どうぞよろしです。