榨菜(ざーさい)

先日、m師匠に榨菜の作り方を教わってきました。  (ついでにお昼ごはんもご馳走に)

以前訪問したときに味見させてもらったものがとても美味しくて、ご飯にぴったんこ。これがあったらもうおかずなんていらないなぁと、あの時は師匠作り置きのものを大きなタッパーごとかっさらってきたのでした。

後日、教えて教えてという私の催促で、わざわざ材料まで買いに行って頂き、めでたくこの日を迎えることになったのです。



さて、榨菜というと、私は刻まれてビン詰になったものしか見たことなかったのですが、カラシ菜の変種だそうです。
写真は醤油漬けにされているのでこんな色してますが、元は緑色をしてたはず。
b0032167_18115413.jpg

検索してみたのですが、土から生えている画像が見当たりませんでした。こうして見るとどこかキノコっぽいですが、茎の肥大した部分になるそうです。


これを刻んで塩抜きします。
b0032167_18253046.jpg




いくつかの工程を経て完成です。
b0032167_18255136.jpg





榨菜は中華街で醤油漬けにされたものが売られているそうです。密封パックに入っているので日持ちもOK!今回はm師匠にお願いして買ってきてもらいましたが、また今度連れて行ってもらおうと思っています。


自分一人では初めての調理ということで、今回は味の比較用にとm師匠の作ったものを分けてもらってきたのですが、その日のうちにパパがたいらげてしまって残念なことに比較ができませんでした。

で、自分の作ったものはというと


うーーーん、やっぱりどっかちがう。



作り方は披露しませんのであしからず(^^;)







お料理教えてもらいに行ったというより、お昼ご飯をご馳走になりに行ったという方がメインかな~♪
[PR]

by hiruu | 2011-05-09 18:53 |