卵の混沌

陰陽の先に
 ↑ 猿夫さんの記事にトラックバックをつけました。

---------------------------------------------------------------------

イザナギとイザナミは混沌を掻き混ぜて天地をつくったという。
はて、混沌とはどんなもんかな?
と卵をお箸で掻き混ぜながら考えてみた。

ボオルの中はぬるぬる白身がどんより黄身をこっちにくんなと言わんばかりに弾きながら、それでも混ざり合っていこうとしている。
明らかに質感の異なったもの同士が無理やりに混ぜられて、決して溶解はしないながらも均衡化しようとしているのだ。

ここで、せっかく白身と黄身に分かれていたものを私はまた混沌に戻そうとしているのだ、なんて考えてみる。

いやまてよ、このまま混ぜ続ければ、また別の何某かが生成されるのかもしれない、
と妄想は飛躍する。


生クリームを泡立て続けたら、脂肪とたんぱく質に分離するよな。
そして脂肪に塩を入れたら美味しいバターのできあがり。

んじゃ、生タマゴを泡立て続けたら、また分離しないのかな。とアホな頭で考えてみる。


しかし、卵はなんぼ掻き混ぜても分離はしないのだ。これは、大気中の窒素や酸素や二酸化炭素やアルゴンの異物が取り込まれてしまうからで、このような ‘気’ を仲立ちにしてくっ付き合っちゃうのだ。もう離れないのだ。焼くしかないのだ。とアホなりにWikiで検索しながら考えてみる。



でも、生クリームはなんで分離するんだろう?
脂肪が多いと気を取り込まないのだろうか?

そういえば、卵ボオルに微量の油分が入っていると、卵は絶対に泡立たない。卵の場合は油が仲立ちを妨げるのだ。
反対に生クリームに水一滴でも混入すると、クリームは泡立たない。この場合は水分が仲立ちを妨げるのだ。
油と水。相反するもの。場合によってはどちらも必要なのかもしれない。



頭が悪いのでこれ以上考えるのはやめるけれど、
泡立て卵でつくった卵焼きはブワブワして食えたものじゃない。
卵は分離している状態が ‘目で確認できる程’ の掻き混ぜ加減で焼くのが一番好ましいのだ。

卵だってどうせ焼かれるなら好ましい状態で焼かれたいかもしれないし。

-----------------------

父が体調を崩し、先月末から施設にお世話になっている。どこが悪いというわけではない。きっと老化による筋肉の衰えに夏の暑さが拍車をかけたのだと思う。ここ最近、父は自分一人で何もできなくなっていた。

施設では、せめて一人で立っていられるようになるまで、せめてスプーンが持てて自力で食事ができるようになるまでと、短くても1ヶ月は預かってくれるそうだ。

いや、父の体調云々というよりも、そんな父を私ひとりが介護していて、その私の形相を見た施設職員さんがこれではいかん、と考えて配慮してくれたのが本当のところかもしれない。


以前、友人のWさんが
『気が付いたら首を絞めていた、なんてことがないように、あんまり一人で頑張ったらいかんよ』

と言ってくれたのを思い出して、今回の施設での面談のときに冗談ぽく陽気に話したところ、職員さん達の眼差しが真剣だったのを思い出した。

その時は、おいおいちょっと待ってくれよと言いたかったが、やはりそういうことは起こるものらしい。

そのときの私の中に‘目で確認できる程’の何かがほの見えていたのかもしれない。

--------------------------------------------

おかげ様で、父不在のここしばらくの間、すっかり疲れもとれてホゲーとできている。
これは私自身が均衡化したのか分離したのか、それとも程よい混ざり加減になっているのか、自分でもよくわからないんだけど。


思えば父と母の混沌から私は生まれたのだなあ。


混沌なんだなぁ、とまた考えてみる。


父よ親不孝な娘を許してくれ。
来週は好物の桜餅持って行くからね。
[PR]

by hiruu | 2010-08-08 21:51 | 日記 | Comments(14)

Commented at 2010-08-09 06:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by のりちゃん at 2010-08-09 08:13 x
まったく親不孝ではないと思います。
そこで親不孝だと考えてしまうひるさんだから、看護婦さんも心配されてるのだと思うのですよ……。

親に対する感謝も敬意も忘れてはいけないものだとは思いますが、自分に対する感謝や敬意を忘れず、ときにはちょっと自分勝手かなと思うぐらいの態度になってみてもよいのでは?

今、私もかなり不安定な生活で、何かに誘うことはできそうにないですが、お薦めの落語会でもあればまた連絡します。上手に息抜きできることを祈ってます。
Commented by gauche3 at 2010-08-09 21:16
ひるさん。
トラバしていただき、ありがとうございます^^

ときどき、気まぐれでお菓子作りや料理もするのですが
(笑)、仲立ちを妨げるものの話、知りませんでした。

父や母や祖母のことを想い出しながら、記事をしみじみ
と読ませていただきました。
みんなあっけなく亡くなってしまったので、介護の苦労
は知らず、それでもときどき、介護が必要な状態で生き
続けていたら自分はどう接しているのだろう?と考える
ことがあります。

結局、想像しても自分の心の有り様はなかなか分からな
いので・・
いつか、自分が息子や娘に介護される立場になったとき
のことを考えたりします。

> 父よ親不孝な娘を許してくれ。
> 来週は好物の桜餅持って行くからね。

こんな気持ちを抱いていてくれるだけで、それ以上は望
まないかも知れません。でも・・好物の桜餅だけは食べ
たいと思うかも知れません・・(^^ゞ

暑い日が続いていますから、お身体ご自愛ください。
ときどき、ちょっとだけ、お酒を飲むの良いですよ^^
Commented by at 2010-08-09 21:47 x
娘よ
親不孝は忘れてやるので、桜餅より、にしむら珈琲本店の
トーストを持ってきてくれ
桜餅は・・・・・・危ない
Commented by まつむx at 2010-08-09 21:59 x
実母は毎年春先、季節病のようにはげしくネガティブになるのですが
歳もあって、薬もだんだんきつくなっておりました。

鬱もはげしくなると普通の判断ができなくなり、薬ばかりがきつくなる一方、
一緒にいる父が介護しているのやら、けんかしているのやら・・・
その点私や兄が行くと「そんな姿はみられたくない」とふるまい。
80を越した父にとっても大変つらそうでした。

父親の方ががどうにかなるんじゃないかと実は危機感を感じていた我ら兄妹でしたが、
今回、それよりも先に母の体が爆発しちゃって入院となり、
実はちょっとやれやれと思っております。これで父の方に休憩の時間がとれたので。

今では素に戻った母と一緒に実家を売り払って高級老人ホームに
行くのはどうか、とか笑いとばしておりますが。。。(笑)


ひるさんもよい休憩をちょっともらったということで
気分転換で良いのではないでしょーかね???
こんな私も知らずのうちに血圧が上がって医者にイエローカードだされましたわよ
(^^;
Commented by kasama at 2010-08-09 22:37 x
先月末から、お父さまは施設に滞在されているのですか。この夏の暑さは尋常ではないので、きっと体に堪えたのだと思います。お気の毒です。

でも、ひるさんは、しばし休息が取れました。不謹慎ですが、まぁ良かったかもですね。
Commented by hiruu at 2010-08-09 23:37
鍵コメさん。ありがとうございます。そう言って頂けるとちょっと一息つけます。
そういえば、以前メールでこのお話をお伺いしたことを思い出します。たしか、遠方にいらっしゃったんですよね。とても景色の良い場所だったということ、話してくださったの覚えています。

そりゃ遠くておまけにお仕事してらっしゃったんじゃ、そうすぐには腰が動きませんよ。まだ大丈夫、まだ大丈夫だろう、まさか、まさかそんなすぐってことはないだろう、と思いながら日常の雑事はなかなか片付かず、そしてたまに片付いたらゆっくり体を休めることだってしたいもんね。

前にも書いたかもしれませんが、いまそうやって、あのときこうしていればよかった、とくよくよ思い出したりなんかするの、そうやって思い出すことそれ自体が、亡くなった方を思い出すことに繋がり、それは‘なによりの供養になっている’ということ。これは私が母を亡くしたときに友人が話してくれた言葉なんですが、いつまでも心に残っているので、そのままを差し上げますね(^^)

・・・・・いまごろ空の上で、「ほれみろ~~」とか言いながら、たまにでも思い出してくれてることを喜んでらっしゃるかも。
Commented by hiruu at 2010-08-10 00:30
のりちゃん。ありがとう。ほんと、意外と人って、見てくれているのかもしれませんね。施設の方たちだけでなく、こうしてブログでちょろっと書いただけでもみなさん心配してくれるんだもんね。ありがたいです、、、。

のりちゃんいま忙しいのかな?しばらく会ってないなと思ってます。落語のこと、ちょっと前にのりちゃんのブログで教えてもらってから、そうだ!youtubeがあった!と早速に枝雀さんを観たのですよ。それまでは友達に焼いてもらったCDを聞くぐらいで、ちっとも落語の良さはわからなかった。youtubeはCDよりも興味深く観れたけど、やっぱり米朝さんの言うように直接寄席にいってみたいなと思ったのです。またよろしく(^^)/
Commented by hiruu at 2010-08-10 00:45
猿夫さん。いえいえ、どういたしまして。同じ妄想仲間ではありませんか(^^)

お菓子作りは道具を綺麗に洗ってから!というのが基本でありまして、、、(笑)。しかし他素材が微妙なエッセンスとなることもあるみたいです。案外人間も他所から何某かが入り込んだおかげでうまくバランスが保てる場合もあり、反対に何もなく純粋な方が良い場合もありで、それが美味いかどうかは味わう人それぞれの好みでありまして・・・あらあらまた飛躍しちゃった~~♪

>いつか、自分が息子や娘に介護される立場になったときのことを考えたりします。

そうですよね。これからはこのことを考えなくちゃいけないのかもしれません。私も娘が2人おりますが、親孝行したと娘が満足できる程度の負担を強いておいて、そして医療はすべて断って、後は金さえあれば有料老人ホームにでも入りたいのですけど先立つものは無しと。
いつか機会があれば王将の餃子つつきながら一杯やりましょー!
Commented by hiruu at 2010-08-10 00:52
mamichaさん。はっはっはっ!チョンバレでっせ~(^0^)
西村のトースト、昔と味変わってないかなー?とちょっと心配。次回は西村coffeeでブレンドコーヒ&トーストでいきましょうかね?本店は子供の頃よく父に連れてってもらったので、なんとなく懐かしくも悲しい場所でありますが、あの辺はワンコインパーキングもたくさんあるので散策を兼ねて行って見るのもいいですね。盆明けぐらいにレッツゴー?

前に、手持ちのお菓子袋に一口サイズのヨモギ餅を入れておいたところ、施設から連絡がありまして
「こーいうのは、万が一のことがあってはいけないので、持ってこないでください」と言われました。
桜餅は、窒息しないように私の目の前で食べてもらうことにします(^^;)
Commented by hiruu at 2010-08-10 01:10
まつむ×さん。なんか、まつむぅさんの所もお話きくと大変そうですね、、、。このまま薬を続けるか断つか、いずれ家族の判断で決めなくちゃいけないときがくると思いますが、お医者によっておっしゃることは様々でありまして、最終的にはやはり家族の決断となります。
父は不眠症であったのでユーロジンという薬を10数年来飲み続けておりましたが、副作用のふらつきがひどく出るようになり、私ひとりの判断でやめさせました。やめたことを別の医師に話すと、‘僕もあの薬はきついんじゃないかと思っていた’なんて言うんですよ。だったらなんでもっと早く言ってくれんのかと思ったものですが、やはり医師同士のなんちゃらがあるのでしょうね。
まつむぅさんのお母様の場合は飲まなくちゃ仕方がない薬なのかもしれませんが、、、。選択肢が2つしかないのって、決断するのが辛いです。

まつむぅさんこそ血圧、気をつけてくださいね。弓は全身の循環が良くなるのでとてもいいのですが、反対に緊張しすぎて射会でぶっ倒れる人が結構いらっしゃいますよね(^^;)
私もちょこちょこ道場いくようになってます。またお話しましょ~♪
Commented by hiruu at 2010-08-10 01:16
kasamaさん。ありがとうございます。実は、実家のクーラーが壊れてましてね。家が山の上にあるのでめったに使うこともなく、買い換えることもせずそのままで・・・。やっぱりさっさと買い換えるべきだったかなぁ~?新しいの買っていれば父の体調が悪くなるなんてことなかったかなぁ?なんて思うのですが、もし何もなければ私の夏休みも無かったのかな?
な~んてね。不謹慎なことを、、、(笑)。
Commented by シバ at 2010-08-26 23:20 x
毎日ホンマに猛暑続きやね。
体調気をつけてね!
Commented by hiruu at 2010-08-27 03:33
シバさん。先日F君に会ったよ。Jちゃんがクワガタ虫もらったの。そのとき飲み会は?の話がでた(^^)またいこうぜ~!