東北の旅7~羽越本線小砂川駅まで

鶴岡駅で電車に乗るとき、ドアがいつまで待っても開かないので不思議に思っていると、自分でボタンを押してドアを開くのだそうで、隣にいた女子高生がそうして乗ったので私も同じようにボタンを押して乗りました。

そして、乗ったら乗ったでまたボタンを押してドアを閉めなければいけない。そんなこととはちっとも知らず、どっかと座っていたら、向かい側に座っていた女子高生がついと立ってドアを閉めてくれました。

「すみません」と言おうとしたら‘めんちきられた’のでやめました。高校生は関西も東北も同じです。


高校生ばかりが大勢乗っているわりに、みんな疲れているのか車内はけっこう静かで、どこかしら空気がよどんでいるようでした。私も早朝から歩き回っていたのでさすがに疲れを感じぼんやりしていると、電車が動き出しました。

海側を背にして座っていたのですが、右前方に月山、左前方に鳥海と、2つの山の対峙する姿が目に入りました。西日をうけて少しオレンジ色になった山が、それでも夕方の空を背景にして輪郭はおぼろで、空と山の区分は細い線でしか判らずどこまでも一体化していきそうでした。
これがあの小説に描かれていた『生と死の対峙』かと、そんなことを考えてほげーとしていると写真を撮るのを忘れました。


この日、夕方からの目的は羽越本線に乗って行けるところまで行くこと。日本海を見ること。そしてうまくいけば日本海に沈む夕日が見れるかも、と考えていました。
酒田の旅館には19時頃到着の予定でしたから、あんまりゆっくりはできないのです。といって仮にゆっくりできたとしても、下車駅によっては戻りの電車が翌朝までない場合もあり、行って折り返してちょうど良いのです。私は電車に乗って車窓風景を眺めるのが好きなので、それで満足なのです。


計画段階では象潟まで行けるかと考えたのですが、戻りが遅くなりそうなので×。
だったら酒田から一番近い吹浦はどうだ。吹浦で下りるのならせっかくなので十六羅漢に行きたい。でも十六羅漢から吹浦駅までは歩いて1時間以上かかるらしく、「無理無理」とバスの中でおしゃべりしたおじさんが言っていたのであきらめる。
女鹿はどうだ、ここの駅舎は無人で、、、戻りの電車がない!(女鹿駅は、朝7時台に2本、夕方2本しか電車が停まりません。もろ通学用)。

結局、小砂川という駅で下車することにしました。小砂川駅は駅舎から海が近く、日本海を一目みて走って戻れば酒田行きの電車に間に合うだろうと思ったからです。戻りの電車までたった15分しかないのですが。



吹浦を過ぎた当たりからだんだん暗くなり、小砂川到着時には日没完了。まっ暗な中を下って狭い国道を渡ると海が見れそうでした。

そこは低い崖の上で、真下に暗い海水が波を打っていて、両脇にゴツゴツした黒い岩場が迫っていました。そして私の立っているすぐ横に人の家の玄関がありました。
なんやら人の家の敷地みたいだな、と思いましたが暗かったのでよくわかりません。

本当に海見たか?と問われれば、辺りはもう真っ暗だったのでどうかわからないのですが、『我逝くもののごとく』森敦 著 に描かれていたあの風景だ!と一瞬にして思ったので、もしかしたらイメージトレーニングで認識していたのかもしれません。

電車が来る直前に撮った小砂川駅舎です。思ったとおり真っ黒けだったので明るさ調整して載せてます。
b0032167_3524651.jpg


つづく~酒田
[PR]

by hiruu | 2010-04-09 03:48 | 日記 | Comments(15)

Commented by RYO at 2010-04-09 22:49 x
ローカル線では、ごく当たり前のことなんだけども、都会に住んでいる我々には自分でドアを開けるなんて、経験したことはないですからね。いい経験をしましたね。

地方によっては、この車両は男子学生用、女子学生用って暗黙のルールがあるらしいですよ。

昔は幹線といえども、客車列車がありましたが、いまじゃ電車が主流になっていて、ちょっと面白みに欠けてるなぁと思っています。

いけませんね~鉄道好きの観点から話しちゃいました。

では…
Commented by at 2010-04-09 23:22 x
もう何年前のことになるのかなぁ、、。
たしか上の息子が中1だったから10年前の夏休みに
家族で東北の青森、秋田、岩手、宮城を車でキャンプしながらまわったのね。
海側を沈む夕陽を見ながら走れると思ったのに、道路と海の間が塀で仕切られていて海が見えなくてがっかりたことを思い出しました。
ひるちゃんの旅は汽車とバスで移動だもんね。
ローカル線は本数も少ないし、不自由なことが沢山あったでしょうね。
でも汽車の窓からぼんやり風景を眺めているだけでもよかったんだろうな~と思います。
Commented by gauche3 at 2010-04-10 13:29
その昔、青春18切符を使って東京から博多まで帰った
ときのことを思い出しました^^
山陰方面のローカル線も手動だったなぁ・・

黒いマリア像っていうのも興味深いですね。
テレビ取材も見てみたいですが・・(笑)
淡々と色んなことが起こりますね。つづきも楽しみに
しております^^
Commented by hiruu at 2010-04-12 00:21
RYO君。電車が好きです。あのゴトトーン、ゴトトーンの揺れがなんともいいよね。寝台車が気持ちよかったの忘れられない。日本海だっけ。
食堂車なんて今もあるのかな。これは白鳥だったかな。
あああ、懐かしい。あの頃は時刻表見るのが好きだった。時刻表は交通公社のより弘済会派でした。と話は尽きず(^^;)

>地方によっては、この車両は男子学生用、女子学生用って暗黙のルールがあるらしいですよ。
それはおもしろいね。なんか、小学校のとき机の真ん中を線引きしたの思い出す。はみ出すな~って(笑)。

ところで瀬戸内マリンビューって、今も走ってる?
Commented by hiruu at 2010-04-12 00:35
猿夫さん。おお、山陰も手動だったんですか!いまもそうだったらいいな。神戸にいると、山陰方面はついつい車になってしまうんですよね。いっぺん乗ってみたいです。

青春18切符、これもいっぺん使ってみたいんですよね~。行き先なんて決めずにほげーと電車乗ってみたいです。
学生時代、周遊券で北九州一周をした経験があります。10日程で小倉から博多、唐津、平戸、長崎、五島の福江、天草、高千穂、阿蘇、別府、国東と、一人で周りました(^^)
あのときもハプニングがあって、小倉から博多へ行く普通列車の中で露出狂に遭うという奇特な経験をしたもんです。ここに書くことじゃないか、、、。
Commented by hiruu at 2010-04-12 00:47
由さん。いいねー、青森、秋田、岩手、宮城か(^^)
息子さんも社会人になっちゃった今、すばらしい思い出になったよね。由さんにとっても、息子さんたちにとってもね。

道路と海の間に塀があるのは、高波にさらわれんようにかな~。
もうすぐ会える♪
Commented by kasama at 2010-04-12 22:55 x
沈みかけている夕日が、車内をオレンジ色に染めている様子が浮かびます(^^)
電車での移動は乗り継ぎ時間が気掛かりですが、それでも、こんな情景に出会えるなら、電車の旅もいいですね。
Commented by RYO at 2010-04-14 21:34 x
はいはい、調べてみました。

ちゃんと走っていますね。

4月18日までと4月24日~6月30日までの運転となっていますね。

電車区間を走るディーゼルカーなんて…あんまり好きではないけど(^^;;

あ、東北だったら、五能線を走る<リゾートしらかみ>がお勧め。

列車によっては、津軽三味線の生演奏が聴けます。

これがまた…風景とマッチするんだなぁ~

またお酒が美味くなる~
Commented by シバ at 2010-04-15 02:42 x
毎朝満員の新快速で通勤してるので、ローカル線ののんびりが恋しく思います(^o^)
小砂川駅みて鉄道員(ぽっぽや)を思い出したのはぼくだけでしょうか?
広末涼子が走ってきそうな!(^◇^)
Commented by mamicha2 at 2010-04-16 00:04
めんちきられたってところで、うん、やっぱ関西人なんだ~と納得(笑)
眼を飛ばすが関東風?かな。
で、全く関係ないんだけど、ミンチカツは関西、メンチカツは関東。
すみません、脱線しました(笑)

海は、きっと見たと思います。独特ですからね、海風と海の匂い
本能でしっかり見たと認識したんだと思います。
Commented by hiruu at 2010-04-16 02:29
kasamaさん。レスがおそくなってすみません。
ふと空いた時間ってのが好きです。何をするかといっても何もしようがないのですが、周囲に目を向けると今まで気づかなかったものがそこにあったりしますよね。あくせくしてたらそういうのって見えてこないので楽しくて。あ、kasamaさんはこういうの得意ですよね(^^)
Commented by hiruu at 2010-04-16 02:33
RYO君。レスがおそくなってすみません。
調べてくれてありがとう。瀬戸内海を見ながらっての、なんかほっこりしていいでしょ(^^)こんなときは、お菓子と缶コーヒーでも持って乗りたいと思ってます。
五能線ね、覚えておきます!津軽も行きたいんだな~。
Commented by hiruu at 2010-04-16 02:37
シバさん。レスがおそくなってすみません。
新快速、たまに乗るけど座れたためしがありません。早めに並んでおかなきゃだめね(^^;)
酒田の町は、映画「おくりびと」の舞台になったところがありました。広末涼子さんが来てたんですよね~(^^)
Commented by hiruu at 2010-04-16 02:47
mamichaさん。こんばんはー(^0^)
‘めんちきられた’通じましたか(笑)。うん、関西ではミンチカツですね。スーパーで売られているひき肉をミンチ肉といいますが、これも関東ではメンチ肉?

海、きっと見てますよね!?
ところでmamichaさんはどちらからいらっしゃったのですか、いちどお聞きしたいと思ってました。メール送ってもいいですか(^^)
Commented by mamicha2 at 2010-04-16 07:12
えっと、私はバルカン星から・・・・・デス(笑)
メール待ってますよ~。記載はしてないですが、エキサイトの、
上は勿論、mamicha2で届きますので♪
でもそこは、トワイライトゾーンかも、ぷははは