続きです。

前回の分で第一章を終了させるつもりでしたが‘アサガオの種’の行方を楽しみにしている方がいらっしゃるようなので結果を記すことにしました。
-------------------------------------------

「Les Confessions 2」        sasisuseso-


ある朝、子供は重い鉢(物質的+精神的重み)をかかえて登校していきました。もちろん、心配した私は事前に学校へ電話をかけ、先生にアサガオの花を咲かせられなかったことを話しておきました。

「よろしいんですのよ。種を採るだけのことですから。」

先生は確かにそうおっしゃいました。今思えば先生だって解ってらっしゃらなかったのではないかと思います。

その日の夕方、子供は紙にくるんだ小さいものを持って家に帰ってきました。包みを開けると黒い種が入っていました。私は「お友達に分けてもらったん?」と聞きましたが、子供はキョトンとした顔をしていました。

どなたか教えてください。
アサガオは 花が咲かなくても種ができるんですか!




さて、インターネットをはじめてもう随分たちますが、私はその間に多くの友達を得ることができました。通常ならば出会うことのなかった人達と、こうしてWebを通じてお話しできるということ。これは私にとって多大なる幸福であるといえます。

だって、私が多少なりとも植物に関心を持つことができたのは、さらにその名前だって覚えることができたのも、こうしたWeb友たちのおかげなのですから。

覚えた名前と現実の植物が一致を果たした最初は「アガバンサス」でした。これはいつも絵手紙を書いてくださる友のおかげでした。
淡い色彩で描かれた紫色の花、その絵を見た後に外出した私は、なんとご近所に今見たと全く同じ植物が存在していることを知ったのです。

そこの奥様に「これは、アガバンサスですよね。 綺麗ですよね!」と言うと

「ええ、そうなんですよ。」

季節がいつだったか全く忘れましたが、私はそのときの和やかな光景がいまだに忘れられません。

他にも、現実には目にしておりませんが、ある方から頂いたお写真で「スミダノハナビ」という風流なアジサイの一種があることを知りました。またある方からは、けっして珍しいものではない、ごく身近な植物の存在を教えてもらったりしています。おかげさまで植物界の生の営み、ちょっとキザな言い方をすれば小宇宙の美質に発見や感動を持てたりと、このようにいつも勉強させて頂いている次第なのです。




母が亡くなる1年程前のことだったと思います。母が、隣町の知り合いの所に連れて行って欲しいと言うので、車に乗せて連れて行ってやりました。
用事は短い時間で済むということだったので、私はそこのお家の門のところに立って、母の出てくるのを待っていました。

手持ち無沙汰なような気がしてキョロキョロ辺りを見回していたところ、足元に白いプランターが整然と並べられてあるのに気がつきました。そして私は見たのです。プランター内に小さな水色の花がいっぱい咲いているのを。これは、つい最近Web友が見せてくれた植物だ。
たしか、これは・・・。
そこでピンとひらめいた私は、母を送って玄関から出てきたここのお家のおばさんに向かって、さも得意そうに、

「これはキュウリグサですよね!」

ああ、私はその時のおばさんの怪訝な表情がいまだに忘れられないのです。



(次回は前々回の‘ユリの茎’にどんな花が咲いたかお見せいたします、、、。)
[PR]

by hiruu | 2009-09-10 23:47 | 日記 | Comments(18)

Commented by 風~♪ at 2009-09-11 01:51 x
お嬢さんのアサガオは、全く花が咲かないうちに枯れてしまったんですよね。。?
だとすれば、種はできないと思われます。
たとえば1つでも咲いてそのあと枯れたのなら種は
出来ると思いますが。。。。

紙にくるまれていた種は先生が分けてくれたものでしょうかね。。。

ひるさん、心がほっこりしました。こちらこそありがとう。
なんだかとっても嬉しいです。
Commented by lan at 2009-09-11 07:54 x
私が学校で育てた朝顔は、校庭の片隅にみんなと一緒に並んだ鉢で、同じに水をやっていたのですが一番発育が悪かったのです。
もちろん花付きも悪かった。
そういうのもあります。

真夏のカンカン照りでの水遣りもアカンとわかっているのですが、午前中忙しくてやり損なってしまった時には何度もやりましたが大丈夫でした。
これはうちのベランダが東向きで午後の日差しがささないからだと思います。
鉢の置き場所にもよりますね。
ヨレヨレになられると水をやらざるをえませんから水やり後の鉢を日陰によけてやるとか、水を張ったバケツにつけてやるのもいいですよ。

植物の名前はひとつでは無いです。
ヘクソカヅラとヤイトバナとかルリマツリとプルンパーゴとか。
コリアンダーがシェンツァイでパクチーでカメムシソウだったり。
キュウリグサってあったっけ?あるような気もします。

あー、ひるさん、おもしろかったよぅ♪
まだまだ楽しんで生きていけそうな・・・ね♪
Commented by のりちゃん at 2009-09-11 08:38 x
ひるさんがキュウリグサと間違ったのは、多分、勿忘草(わすれなぐさ)だと思います。
微妙な色合いと、大きさ以外はそっくりですから。

キュウリグサは野生でもよく見かけますが、勿忘草はヨーロッパ原産だからか、まだ野では見かけたことがありません。

子どものころ、転校するとき、クラスの友達に勿忘草を配りたくて(花言葉が、「私のことを忘れないで」なんです。キザですよね(笑))、育てたことがありましたが、ものの見事にアブラムシにやられました(-"-)
ほんま、植物を育てるのは、そのころから苦手です(^^ゞ
Commented by at 2009-09-11 16:01 x
ひるちゃんがユリと間違えた茎には
たぶん黄色い花が咲いたと思うんだけど、、、、違うかな?
どんな花が咲いたのかな、楽しみです♪

Commented by Ojin at 2009-09-11 23:38 x
車関係の・・・登録がOjinなんですよね・・・自爆
まあ50越して、ローダウンとかしている変なおやぢですけどね。
↓への、返信ってことでw
植物は奥が深いですね・・・俺の脳には、もう植物を覚えるキャパは残ってない気がします。w
そういえば、植物園とかいっていないな・・・今度いってみるかな
Commented by kasama at 2009-09-12 02:02 x
へぇ~お花の咲かなかったアサガオからタネが取れましたか。
何かぁ~素敵な話ですね。ほのぼのとした気分になれました(*^-^)

ユリの茎?(前回の写真)と同じ草を道端で見つけました。
どんな花が咲くのでしょうね。楽しみです。
Commented by wahou at 2009-09-12 14:06 x
すごく楽しみ・・・・


はやくみたい!!
Commented by らん at 2009-09-12 17:28 x
先生は最初からプールするつもりだったのでしょう。
何かの入れ物に集めて、実を潰して小さな種を取り出し、子供の数に切り分けた紙の上に置いて畳んでくれた・・・と。

だから、先生は枯れたって(種が採れない子が何人いようが)構わないと、鼻っから頓着してなかったので、先の返事になったのでは?
Commented by hiruu at 2009-09-14 22:26
風さん。そうですよね~花が咲いてないんだもん、種できませんよねー。
娘にとって、植物の生育過程を学習できなかったことは残念でしたけど、違った見方をすればそれなりに何かを得ることができたかな?なんて思います。環境の難しさとかいろいろと、、、ね。
Commented by hiruu at 2009-09-14 22:32
lanちゃん。種そのものがあかんかった、ってことやね。アサガオも牛も同じやね(^^;)

うちの庭は真南で、、朝から日没までずっと日が当たって暑い、熱いの。おまけにコンクリートのテラスの上に直接鉢を置いたもんだから、アサガオにとったら灼熱地獄やったと思います。
水を張ったバケツっての、これいいかもね!

>植物の名前はひとつでは無いです。
lanちゃんって詳し~~~。尊敬しちゃいます。
Commented by hiruu at 2009-09-14 22:40
のりちゃん。勿忘草か、、、今検索してみましたが、思い出すのはあなたに~あなたにぃ~♪って歌。
わたしにとって、色と大きさが似ていれば花はみんな同じなのかもしれません、、、。
今父が結構良い状態なので、このまま維持してくれたらなーと思います。そしたらまたいっしょにどっか行きましょう(^^)
Commented by hiruu at 2009-09-14 22:42
由さん。肉眼でみたらなんとなくオレンジっぽかったんです。でも固く閉じていて、それが蕾なのか、もともとそういうものなのか、よくわからなかったの。それからたんぽぽの綿毛みたいなのになった。
Commented by hiruu at 2009-09-14 22:47
Ojinさん。六甲高山植物園なんて、ほげーっとできてなかなかいい所ですよ。芦有とばしていってみたら~(^0^)
Commented by hiruu at 2009-09-14 22:49
kasamaさん。>へぇ~お花の咲かなかったアサガオからタネが取れましたか。何かぁ~素敵な話ですね。

ええ、素敵な話です。‘にわとりが先か、卵が先か’ってことですよね。
もぉ~~、kasamaさん のっちゃぁいやぁ(笑)。
Commented by hiruu at 2009-09-14 22:52
wahouさん。写真撮ったらピンボケだらけ、、、。何回やりなおしてもピンボケ。もうshowさんに頼もうかと思ったよ。
Commented by hiruu at 2009-09-14 22:54
らんさん。たぶんそうだったんだろうと思います。たくさんできたら来年度のためにも取っておくと。
生徒全員が枯らしちゃったらどうなったんかな~~~。
Commented by gauche3 at 2009-09-15 17:51
草花の名前、僕もまるで覚えられません(>_<)
さすがにメジャー級のものは分かりますが・・(笑)

「アサガオの種」の話、しみじみと読ませて頂きました。
そう言えば、ウチの子も育てていたような気がするな・・
はて・・ヒマワリだったような気もするな・・(-_-;)
Commented by hiruu at 2009-09-16 23:39
猿夫さん。猿夫さんも植物おんちなんですか。わーいお友達!
日本名ならまだしも、カタカナの名前なんてあっち向いてこっち向いたらもう忘れてますよね~(^^;)

長いの読んでくださってありがとうございました。あさがおも、ひまわりも、どっちも同じ植物さ。