ユリの茎

「それはユリだから、抜いちゃだめですよ」

掃除のとき、ご近所の奥さんに言われてしまいました。


植物がよくわからない私は、花さえ咲いていなければ、なんでも草抜きのつもりで手にかけてしまいます。
でもご近所の奥さんの一言で、この時とても恥ずかしい思いをしたので、ユリだけは花を見ないでも判るようになりました。そう思っていました。



ここ数年、ユリの花が目に付きます。
地域の緑地帯はもちろんのこと、家の郵便受けと敷石の間のちょっとしか土のないようなところにも、植えた覚えもないのに長い茎が伸びています。

父宅の庭にもユリの白い花が点在しています。もちろん植えた覚えはありません。
何でも伸びるにまかせている庭ですが、その中の数本が真っ直ぐに、力強く、人の背丈ぐらいまでに成長しています。ほんとにユリの成長力はすごいと思います。いったいどこまで伸びるのかと、とても楽しみにしています。


ちょうど友人との間でユリが話題に出たこともあって、この立派な茎をその人に見せてあげたいと思いました。
そして先日これを写真に撮ってみたのですが、なんとなく気になって、もう一度庭に出てみました。

眼鏡をはずし、顔を近づけ、よく見てみたところ、葉のつき方はユリと同じなのですが、


何かが違っていました。



これ↓
b0032167_23484423.jpg


父宅の庭↓
b0032167_23511994.jpg


ついでにお隣りさんちの庭↓
b0032167_23523987.jpg

[PR]

by hiruu | 2009-09-04 23:53 | 日記