これは議論か。

昨日いっしょにフランス料理を食べた彼女は、実に生き生きと毎日を有意義に暮らしている。辛いことも前向きに捉え、毎日を明るく暮らし、円満な家庭を築き、二人の子供さんも素直に育っている。こんな彼女を支えているもの、これがあの創価学会なんだ。彼女にとってこの団体の存在は大きいし、私も「良いものに出会えて良かったね」、と言ってあげている。
何にしろ、個人にとって心のよりどころとなるものが在る、というか有ることは、その人にとって幸せなことだと思う。
人は、自分が幸せなら他者に対しても優しく寛容になれるし、それは他者にとってもありがたいことで、このくり返しは幸福の連鎖という形でつながっていくんだろうと思う。
だから、どんな宗教であっても、その団体がどんな教理をといていても、幸福を目的としている限り、私は反対しないつもりだ。

でもね、私には今のところ必要ないんだよね。

聖教新聞を読んで欲しい”と言われたので、私はこんなふうに言ったんだ。
「私は文章を批判的に読む癖があるので、今のところ創価学会に対して何の批判も持っていない私が、新聞を読んだがために批判を持ってしまったら、せっかくのあなたの好意が無駄になる、というより、マイナスになってしまうでしょう?だから、読まないわ」

ということで、どうしても私を団体に加入させたい彼女は、“ランチに友人をひとり連れて行ってもいいか”と聞いてきたのだ。私は、おそらく二人から強く勧誘を受けることになるんだろなと思ったが、「いいよ」と答えた。

彼女のお友達は、実にはつらつとした年配の女性で、女手ひとつで子供3人を立派に育て上げた人だった。このお友達にとっても、創価学会の存在は意義のあるものだったのだろう。

でもね、私には今のところ必要ないんだよね。

それで、ランチ時の私の対応なんだけど、、、。ちょっとここで反省をしたいと思う。

私自身、二人から勧誘を受けるであろうことはわかっていたはず。それに、二人の目的もわかっていたはず。なのに私は、加入する気持ちなんてこれっぽっちもないのに、楽しげに料理を食べ、二人の話をうんうんとうなずきながら、聞き流し、時には話を合わし、時には別の方向へとそらし、二人を困惑させていたのではなかったか。
こういう私の態度は、相手にとってとても失礼なことじゃなかっただろうか。

はっちんさんのブログに、議論と言い争いは似て非なるもの”ということが書いてあった。
『議論は、相手も自分もない・・・あるけどない。
自分の意見も、相手の意見も、お互いに影響しあって変わって行く。』
これが議論だと。
私と彼女と彼女のお友達との話し合いは、決して議論ではなかった。私がはじめから加入の意思を持たなかったというよりも、相手を受け入れる入れ物を用意していなかったいじょうは、決して議論など成立しなかっただろう。

二人は私を勧誘できなくても、せめて議論をしたかったのではないだろうか。なんて思うと、とても悪いことをしたような気持ちになった。

創価学会・・・政治への介入がなければもっと評価上がるんじゃないだろか。
社会的に問題はなくても、やはり政教は分離してなくちゃと思う。
[PR]

by hiruu | 2004-11-27 02:36 | 日記 | Comments(6)

Commented by あや at 2004-11-27 03:08 x
私はクリスチャンだけど、布教活動をガンガンやるのはやっぱり抵抗あるな。私の場合は必要なときに必要な人が訪れられるように門戸が広く開かれている、そんな素敵な人達に出逢ったから自然の流れで洗礼を受けることになった気がする。
どんな宗教でも排他的(“信者でなければ救われない・幸せになれない”)なのは本質的に違うんじゃないか、と思う。
私の通う教会・聖書会の(日記にも出てきた)Kさんは、月に一回、障害のある子どものところを訪れて本を読んだりしていて、「ご家族がクリスチャンではないので厭な気持ちにさせてはいけないと思い、一切神様や聖書の話はしないのね。だけど本当にその子もお母さまも神様に愛されているのだなぁと訪れるたびに感動するのよ」と、まるでその子は天使のようだと言っていて、私はそれに感動しました。
政教分離、難しいですよね...。アメリカはキリスト教と政治が深く関わっていて、それはそれでいいのだけど、たまにちょっと違和感あったりします。
Commented by at 2004-11-27 18:37 x
ひるちゃんの言っていることわかるなぁ。
どんな人や言葉にも誠実にと思うけれど
それはとても難しいことなんだよね。

ひるちゃんの反省を読んで、、、
ひるちゃんは、そうすることしか出来なかったのでは?と思うから
それで良かったんだと思うの。
ひるちゃんは、議論しようと思って出かけたわけじゃないからね。
じゃ、はじめからこういう集まりには出かけない方が良かったのかな? という問題が残りそうだけれど、私はあまり気にしなくていいと思うの。

Commented by wahou at 2004-11-27 23:33 x
ひるさん
こんばんは

そういうランチだったんですか?
へ~~、創価学会ね。びっくりしました。家の近所は下手すると半分が創価学会で実は家のお教室にもたくさんの方が見えてます。

でも、だれからも勧誘されたことがありません。
選挙の時はお願いします。と、いわれますがね。

だからびっくりしました。

議論って、宗教とか、そういうときには使わないと思います。洗脳。説得ですね。



後は論争とか。けんかとか、ま、言い方はかわって来るようなきがします。
布教はやっぱり洗脳だから、議論にはならないから、もし向こうが議論っってこと場を使ったとしたら、それは詭弁と思います。

お友達だから、ひるさんはお話を聞く姿勢を見せたので、もう十分ですよ。

でも、向こうは新聞もとってくれないなんてとがっかりしたかも。それに布教できなくて、先輩に怒られているかもしれません。笑い。

会社の営業と同じですね。(^_^)

っっk、、、、、、、。。。。。。。。。。。。。。で

これは白がキーボードをふみつけていったあかしです。




Commented by hiruu at 2004-11-28 02:38
みなさんコメントありがとう!
あやさん>そうですよね、教会は、いつでもオープンだったような気がします。張り紙にちょこっとクリスマス会のことが書いてあったりして、いつでも遊びにおいで”みたいな雰囲気がありましたよね。子供の頃とてもいきたかったのを覚えています。

どんなところも、出入りが自由なのが望ましいですよね。こういうところは、団体に加入しても脱退が自由とかってのに繋がっていくんだろうなと思います。一度入ったら抜けられない、、、なんてのはだめですよね。
「自然の流れで洗礼をうける」、これが理想ですよね。

日本という国では、宗教教育ってしませんもんね。私立学校は別ですが。公立では道徳という既成されたものを教えてますけどこれには心の教育ってのにもひとつ成果が期待されませんよね。
私は、日本にも宗教教育があっていいんじゃないか?なんて考えたことがありましたけど、これが良いのか悪いのか、う~ん、なんともわかりませんです。。。
Commented by hiruu at 2004-11-28 02:38
由さん>ありがとう、そんなふうに言ってくれてうれしいな。
ランチの約束をしたときに、私は絶対加入しないよ、ということをはっきり言っておくべきだったかなと、相手になんとなく期待させてしまってたんじゃ?と思うんだ。
私に加入の意思がないとわかっても、彼女は仲良くしてくれるんだろかね。それで離れていかれると寂しいなぁ、、、。まあそうなったらそうなったでかまわないか。

wahouさん>お家の近所にそんなにたくさん会員さんがおられるんですか。しかし会員数すごいみたいですね、世界的に。選挙だって、依頼の電話なんてしなくてもまず当選するんですもんね。こういうのが、ちょっと怖いな~~って思います。強固な信念をもってる人って、違った方向から物事を見れない人が多いように思うんですよね。。。

そうか、議論って宗教普及には必要ないのかもしれませんね。なるほど、ほんと、そうかもしれない。

白ちゃん、キーボード踏みつけて行ったんですね(笑)。
猫って新聞広げててもわざわざその上に座りにきますよね。読めへんやん!って(^^)
Commented by hiruu at 2004-11-29 20:03
はっちんさん、トラックバックありがとうございました。
今はっちんさんの文を読ませて頂いて、とてもすっきりした気分です。私が言いたかったことをすっかり代弁してもらったような、今そんな気がしています。
しかし、はっちんさんって、言葉の表現がうまいなあと、つくづく思います。
富士山に喩えたあの説明なんて特にそう思いましたよ。それと、

『自分で考えることをやめたら、自分ではなくなる』

この言葉、私こんど友人に会うことになったら言ってしまうかもしれません。言葉貸してくださいね(笑)。

自分で考えることができないほど苦境に陥ったとき、人は救いを求めるんでしょうね。何かに出会って救われたその人は、自分が自分でなくなることで幸せになれて、こんな素晴らしいものがあるんなら他の人にも教えてあげよう、なんて思うのでしょうか。できればそういった心のみで普及活動をしてもらいたいですよね。